• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

ユーザー許可

New Relic ユーザー管理のコンテキストでは、 権限は New Relic で実行できる詳細なものであり、カスタム ロールに追加できるようにしています。これらの権限は、ビルド前の 標準ロールにも関連付けられています。権限の例としては、APM アプリ設定の表示、アラート条件の変更、データ保持設定の管理などがあります。

ロールにどのような権限があるかを確認するには、ユーザー管理 UI に移動し、特定のロールを表示します。この UI を見つけるには: one.newrelic.comから、右下の ユーザー メニュー をクリックし、 Administration > Access management > Rolesに移動します。

権限とは何ですか?

制限のない New Relic フル プラットフォーム ユーザー (たとえば、 管理者 グループのユーザー) は、プラットフォームのすべての機能を使用できます。New Relic で実行できることの一部は、 権限として利用できるようにしています。これらをカスタム ロールに追加または削除できます。また、これらの権限を使用して 標準ロールを区別します。表示されて選択できるようにした権限は、一般的なユーザー管理タスクに最も役立つと思われる権限です。

New Relic には、表示されて選択 できない 機能がたくさんあります。たとえば、任意のユーザーとしてアクセスでき、公開されている権限によって制限されていないさまざまな UI ページがあります。別の例として、 Organization [組織] 管理設定を 持つグループ内のユーザーは組織レベルの設定を構成できますが、その権限はカスタム ロールに追加することはできません。

ヒント

権限は、 機能と呼ばれることもあります。

権限に関する注意事項

権限に関するその他の重要な点は次のとおりです。

  • ユーザーのユーザー タイプでもアクセスが許可されている必要があります。 New Relic 機能へのユーザーのアクセスは、ユーザー タイプと割り当てられたロールの両方によって制御されます。詳細については、 「ユーザー アクセス」を参照してください。

  • 一部の権限は機能が重複します。 UI で一部の権限チェックボックスを選択すると、他のボックスが自動的にオンまたはオフになるのはこのためです。

  • 権限はデータのクエリには影響しません。 ほとんどの権限は New Relic UI および API エクスペリエンスに適用され、データのクエリには適用されません。たとえば、アクセス許可により、

    UI では、そのアカウントにアクセスできる場合は、引き続き APM データをクエリできます。一部のプロジェクトまたはユーザーに対してより明確なデータ境界が必要な場合は、データを 異なるアカウントにセグメント化できます。

ユーザー権限を制御する主な方法の詳細については、 「 ユーザー管理の概念 」を参照してください。

事前に構築された役割

事前に構築されたロールには、さまざまな権限のグループがあります。事前に構築されたロールがどのように機能するかは、どの ユーザー モデルを 使用しているかによって異なります。

権限の定義

これは、権限 UI で利用可能な権限のスクリーンショットです。これらは New Relic で実行できるすべてのサブセットにすぎず、カスタム ロールの作成に役立つと思われる特定の権限を表しています。

権限は変更される可能性があることに注意してください。このドキュメントの権限は、2023 年 4 月 3 日に最終更新されました。

特定の権限の詳細については、以下のカテゴリを選択するか、このドキュメントで探している特定の用語を検索してみてください。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.