• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

エラーインボックスによるエラートラッキング

Errors inboxは、お客様に影響を与える前に、すべてのエラーを積極的に検出し、トリアージし、対策を講じるための単一の場所です。お客様に影響を与える重大なエラーが発生した場合には、Slackなどのお好みの通信チャネルでアラートを受け取ることができます。

APM、ブラウザ(RUM)、モバイル、サーバーレス(AWS Lambda)のすべてのデータを含む、スタック全体のエラーが1つの画面に表示され、エラーをより早く解決できます。エラーはグループ化されてノイズが減り、同じエラーデータを共有して見ることができるので、チーム間のコラボレーションも容易です。

重要な理由

Errors inboxは、エラーを検出してトリアージするための統一されたエラートラッキングエクスペリエンスを提供します。

  • チームが重要視するアプリケーションやサービス全体の問題を表示し、トリアージすることで、迅速なエラー解決を実現します。
  • 詳細なエラー情報をSlackで通知するプロアクティブな通知。
  • エラープロファイルでは、エラー事象の類似性を示し、属性を分析することで根本原因を表面化します。
  • エラーをフルスタックのコンテキストで分析し、エラーを正確に解決する。
  • APM、ブラウザ、モバイル、AWS Lambda Functionsのエラーがすべて同じインボックスに取り込まれます。

始める準備はできましたか? New Relic のアカウントをお持ちであることをご確認ください 。無料でご利用いただけます。

要件

ログ管理機能へのアクセスは、ユーザータイプによって制限されます。 ユーザータイプの機能 を参照してください。

エラーインボックスの設定

エラーズ受信トレイを有効にするには、以下の手順に従ってください。その後、エラーズグループが受信箱に表示されるようになります。

  1. one.newrelic.com select Errors inbox from top nav.
  2. エラーの受信箱に初めてアクセスする場合は、左上に ワークロード を選択するプロンプトが表示されます。
  3. ワークロードが設定されていない場合は、エラーズインボックスを使用する前に、 、ワークロードを作成するよう促されます

ワークロードを選択すると、受信トレイにエラーグループが表示されます。

one.newrelic.com > More > Errors inbox

モニターエラー

エラー受信箱を設定したら、スタック内のすべてのエラーを積極的に監視できるようになります。

エラーグループ

エラーグループは、固有のエラーを構成するイベントのセットです。エラーグループは長期的に保存され、固有のエラーに関するメトリクス、アクティビティログ、ディスカッション、および基本情報が含まれます。エラーグループは、 エンティティ に関連付けられているため、あるエラー受信箱のエラーグループの状態を変更すると、そのエンティティを含む他のすべての受信箱に影響を与えます。

エラーグループの仕組み

エラーイベントは、同じフィンガープリントを共有している場合、エラーグループにグループ化されます。イベントがNew Relicに取り込まれると、イベントを一連の管理されたルールに通して、フィンガープリントを出力します。固有のフィンガープリントには、1つのエラーグループが関連付けられています。

New Relic が管理するルールは、エラーデータを正規化し、UUID、16進数の値、電子メールアドレスなど、「似たような」エラーを固有のグループにまとめる原因となる固有の値を識別し、無視します。NRアカウントID、エンティティID、エラークラス、エラーメッセージ、スタックトレース、例外はすべて、フィンガープリントに影響を与えるデータです。

発生状況

エラーの受信箱には、選択した時間枠内での各エラーグループの合計発生数が表示されます。対応するスパークラインチャートにカーソルを合わせると、選択したタイムフレーム内の1日あたりの総発生数が表示されます。

絞り込み

右上のドロップダウンを使って、グループ化されたエラーのリストを、発生回数でソートしたり、最後に見たエラーでソートしたりすることができます(最新順)。

トリアージエラー

エラーの状態

エラーの受信箱では、メイン画面またはエラーの詳細ページから直接エラーグループのトリアージを行うことができます。トリアージすることで、エラーの受信箱からノイズを取り除き、注意が必要な影響の大きいエラーに集中することができます。

3つのステータスを設定し、ステータスごとに受信箱をフィルタリングすることができます。

  • Unresolved(未解決)。これは、エラーグループのデフォルトのステータスです。
  • 解決済みエラーを解決済みに設定すると、解決済みのエラーを含むようにフィルターが更新されない限り、デフォルトの受信トレイ表示ではエラーが非表示になります。エラー グループを解決済みに設定した後に、エラー グループのフィンガープリントに一致するイベントが発生すると、ステータスが自動的に未解決にリセットされます。これは、リグレッションを特定するのに役立ちます。
  • 無視されます。無視]は、無視されたエラーを含むようにフィルターが更新されない限り、またはエラーグループの無視を停止するまで、受信トレイの表示からエラーグループを隠します。

エラー内容

特定のエラーグループをクリックすると、エラーの詳細ページが表示され、問題の詳細な状況を確認できます。このコンテキストは、エラーをトリアージして、適切なチームまたは個人に割り当てるのに役立ちます。

エラーの割り当て

エラーグループは誰にでも割り当てることができます。割り当てる」のドロップダウンメニューからユーザーを選択するだけです。また、New Relic のユーザーでなくても、任意のメールアドレスにエラーを割り当てることができます。

エラー受信箱のフィルターを更新して、自分やチームメイトに割り当てられたエラーだけを表示することができます。

重要

現在、ユーザーにエラーグループを割り当てても、通知は送信されません。エラーグループの割り当てや変更の通知は近日中に行われる予定です。

インボックスとSlackの連携

Slackに接続すると、新規および再浮上したエラー・グループが、発生から数秒以内にSlackチャンネルに送信されます。これにより、チームは新しいエラーやリグレッションを素早く特定し、スタックトレースへの直接リンクを使って素早く解決することができます。この短いビデオでは、その仕組みを紹介しています(1分24秒)。

受信箱をSlackに接続するには、次のようにします。

  1. Slack ワークスペースに New Relic app がインストールされていない場合は、まずそれを行います。

  2. 受信箱から、右上の「 受信箱の設定」 アイコン(歯車のように見える)を選択します。

  3. Slack ボタンを onoff である場合にトグルします。

  4. 利用可能なワークスペースがない場合は、

    プラスボタンをクリックすると、ワンクリックでSlackの認証が行われ、Slackが有効になります。

  5. 認証されると、通知を送るワークスペースと特定のチャンネルを選択できるようになります。

  6. Test をクリックして、メッセージが正しいチャンネルに送信されていることを確認します。

エラーインボックスをCodeStreamに接続

CodeStream の Open in IDE 統合を APM スタックトレースエラーで使用するには、環境変数を使用して、アプリケーションの コミットシャ および/または リリースタグ を、実行中のソフトウェアのバージョンに関連付けて APM エージェントに設定します。

一度設定してしまえば、 IDEで開く ボタンをクリックすることで、エラーグループからIDEの問題のあるコードに直接ジャンプすることができます。

詳しくはこちら .

Jiraへの受信箱の接続

エラーの受信箱を Jira (Cloud) に接続して、エラーのチケットを簡単に作成し、迅速なコラボレーションと解決を可能にします。Jira テンプレートを使用すると、エラーの詳細とスタックトレースや APM への直接リンクを含むチケットをすばやく作成し、すばやくアクセスして解決することができます。

チケットへのリンクは、関連するエラーグループと一緒に一定期間保存されます。その期間内に再度エラーが発生した場合、関連するチケットに簡単にアクセスすることができます。

重要

この統合はJira Cloudをサポートしています。

重要

この統合は現在、Atlassian-Jira Classic(企業が管理する)プロジェクトをサポートしています。

受信箱をJiraに接続するには、次のようにします。

  1. Jiraに接続したいエラーグループの右端にあるJira統合アイコンをクリックします。

    Jira統合アイコンをクリックすると、テンプレートに基づいてチケットを作成したり、まだテンプレートがない場合はテンプレートを作成することができます。

  2. アカウントで Jira への接続 がまだセットアップされていない場合は、ドロップダウンから Add JIRA Workspace をクリックします。すべてのフィールドに入力し、 Test connection をクリックしてから保存し、詳細が正しいことを確認します。

  3. 次に、テンプレートを設定します。テンプレートは、どのような情報を Jira に送信するかを決定します。特定のフィールドに関する詳細情報はこちら 。Errors inbox は現在 Jira との双方向通信をサポートしていませんが、将来サポートされる場合に備えてこのオプションを選択することができます。

  4. テンプレートを作成したら、 Send test notification をクリックして、Jira でチケットがどのように見えるかをプレビューします。プレビューがよければ、 Update message をクリックしてテンプレートを保存します。テスト通知は、Jira ワークスペースに Jira チケットを作成することに注意してください。

  5. これでチームは、エラーグループの右端にあるJira統合アイコンをクリックし、テンプレートを選択することで、Jiraチケットを作成できるようになります。

Jira の設定は、エラーグループまたはエンティティを所有するアカウントに関連付けられています。クロスアカウントのエラーインボックスを使用している場合、Jira 接続を複数回設定する必要があります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.