• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

インシデントインテリジェンスを開始する

適用されるインテリジェンスの一部として、インシデントインテリジェンスは、インシデントを相互に関連付け、環境内のノイズを減らすのに役立ちます。すべてのインシデント、そのソース、および関連するイベントの概要が表示されます。

まだお持ちでない方は、 サインアップしてNew Relicアカウント を取得してください。

重要

パスウェイは非推奨となり、代わりに ワークフロー が使用されるようになりました。

それでもパスウェイにアクセスできる場合は、New Relicアカウントの担当者に連絡して、アップグレードを依頼してください。

EU/USデータセンターに関する注意

New Relicのインシデントインテリジェンスサービスは、米国でのみ実行されます。 New Relicインシデントインテリジェンスを使用することにより、New Relicがデータを米国地域に移動し、米国地域で処理する場合があることに同意するものとします。これは、データをNew Relicの米国地域のデータセンターに保存する場合でも、 EU地域のデータセンターに保存する場合でも適用されます。提案されたレスポンダー機能を使用してEUを拠点とする個人を管理することを選択した場合は、適切なデータ処理契約が締結されていることを確認する必要があります。

インシデントインテリジェンスを設定する

インシデントインテリジェンスを有効にして、問題フィードに問題が表示されるようにするには、次の手順に従います。

1.環境を構成します

環境は、1つ以上のアカウントのセットをグループ化します。これにより、相関、構成、データなどのクロスアカウントアクションを1か所で確認できます。チームの全員が環境アカウントにアクセスする必要があり、その中のデータを表示する権限が必要です。

デフォルトでは、アカウントを作成すると、そのアカウントは独自の環境に追加されます。アプライドインテリジェンスでは、環境はNewRelicのアカウント間でデータを共有するためのメカニズムです。他のNewRelic製品には適用されません。

アカウント間のコラボレーションが必要な場合は、複数のアカウントを1つのカスタム環境に追加できます。これは、クロスアカウントデータを追跡する必要がある場合にのみ行う必要があります。

デフォルトでは、アカウントが2021年11月以降に作成された場合、そのアカウントは独自の環境に配置されます。これが推奨設定です。

環境には何が保存されていますか?

A screenshot of the incident intelligence environment dropdown.

環境ドロップダウンを使用して、クロスアカウントで適用されたインテリジェンスアクティビティを確認します。

  • ワークフロー構成
  • 意思決定の構成
  • あなたの事件
  • インシデントから作成された問題

ワークフローエンリッチャークエリは、環境アカウントレベルで実行されます。

個人アカウントには何が保存されていますか?

A screenshot of the incident intelligence individual account dropdown.

個々のアカウントのドロップダウンを使用して、アカウントに関連するポリシー、条件、および宛先を確認します。

個人アカウントストア:

  • あなたの方針と条件
  • あなたの目的地

個々のアカウントをある環境から別の環境に移動する場合、構成は削除されませんが、新しい環境では使用できない場合があります。

重要

問題を表示するには、ユーザーはインシデントインテリジェンス環境への読み取りアクセスを許可されている必要があります。

インシデントの詳細を表示するには、ユーザーは、インシデントが発生したアカウントへの読み取りアクセスを許可されている必要があります。

各インシデントインテリジェンス環境のすべてのユーザーに読み取りアクセスを許可することをお勧めします。

カスタム環境を作成する

管理者は、これらの手順を実行して、チームが使用しているアカウントの新しいカスタム環境を作成します。 New Relicの管理者でない場合は、これらの手順を完了することはできません。

  1. ユーザーキーを作成します。
  2. NerdGraphエクスプローラーに移動します。 (EUデータセンターを使用している場合は、 EUNerdGraphを使用してください。
  3. アカウントのドロップダウンで、作成したユーザーAPIキーを選択します。
  4. クエリビルダーのミューテーションセクションで、 incidentIntelligenceEnvironmentをクリックし、 incidentIntelligenceEnvironmentCreateEnvironmentを選択します。
  5. クエリの実行ボタンをクリックするか、 Ctrl+Enterを押して環境アカウントを作成します。

NerdGraphエクスプローラーの使用方法の詳細については、 GraphQLAPIであるNewRelicNerdGraphの概要を参照してください。

incidentIntelligenceAccountIdパラメータは環境IDです。

associatedAccountIdsパラメーターを指定しない場合、すべてのアカウントが1つの環境にグループ化されます。

2.ソースの設定

環境を整えた後は、インシデントソースを決定します。これがデータのインプットとなります。

以下のいずれかのソースからデータを得ることができます。

3.目的地の設定

ソースの設定が完了したら、デスティネーション(課題を表示するデータ出力先)を設定します。

送信先の設定やメッセージテンプレートの設定方法については、 「通知」に関するドキュメント をご参照ください。

4.ワークフローを設定する

ワークフローの設定方法については、 ワークフローに関するドキュメントをご覧ください

Copyright © 2022 New Relic Inc.