• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

New Relic CodeStreamの紹介

New Relic CodeStreamは、開発チームが自然で文脈に沿った方法でコードを議論し、レビューすることを可能にする開発者コラボレーションプラットフォームです。CodeStreamは、IDEの中で文脈に沿った議論を可能にすることで、議論を容易にするだけでなく、現在Slackチャンネルや電子メールで失われつつある制度的知識を保存します。

それだけでなく、当社のオブザーバビリティ・ソリューションは、エラーの発見から修正まで、すべてIDE内で行うことができます。

New Relic CodeStream を使用して、IDE でのエラーの発見、トラブルシューティング、トリアージを行う方法を簡単に説明しています。(2:27)

まだお持ちでない方は、 New Relic の無料アカウント にサインアップしていただくと、New Relic CodeStream を最大限に活用することができます。

プレビューリリース

CodeStreamとNewRelicの統合は、米国のデータセンターのNew Relicアカウントに限定されたプレビューリリースであり、ユーザーの使用にはプレリリースポリシーが適用されます。 (これは、他のすべてのCodeStream機能には適用されません。)

Googleドキュメントへのコメントのようにコードを議論する

コードのブロックを選択して、質問やコメントを入力するだけです。チームメイトはIDEからすぐにディスカッションに参加することができ、オプションでSlackやMicrosoft Teamsにディスカッションを共有して、チームメイトがチャットクライアントからも参加できるようにすることもできます。

An animated image showing how to use codemarks to leave a comment on a selection of code.

コードを選択して、コメント追加ボタンをクリックします。

CodeStreamは、コードに関するすべてのディスカッションをキャプチャし、コードと一緒に保存することで、会話を文書化します。さらに、コードが変更されると、ブランチをまたいでも、ディスカッションが自動的に再配置されるという魔法のような機能もあります。すべてはあなたの努力を必要としません。

PR前のコードレビューで進行中の作業に対するフィードバックが得られる

CodeStreamの軽量なフィードバックリクエストは、コミット、プッシュ、プルリクエストなどの手間をかけずに、レポの状態に関わらず、変更点を誰かに見てもらうことができます。

An animated image showing how to use feedback requests.

ファイルに変更を加えたら、 Feedback requests のセクションで、 + ボタンをクリックして、その変更に対するフィードバックを要求します。

チームメイトは、自分のIDEで、ファイルの完全な状況を確認しながら、変更内容を確認することができ、ブランチを切り替えたり、最新のものを引き出すために、現在の作業を中断する必要はありません。

An animated image showing how to leave feedback on a change.

変更に関するフィードバック要求に対応するには、コードコメントを使用します。

CodeStreamのフィードバックリクエストはとても簡単なので、開発の最後まで待つのではなく、開発プロセス全体を通して行うことができます。スプリントを開始して数日が経ち、まだコミットされていない作業があるとします。まだコミットしていない作業もあるかもしれません。進行中の作業に対するフィードバックを要求することで、コードのマージが必要になったときのために問題を保存しておくのではなく、早期に問題を特定して解決することができます。

プルリクエストの作成とレビュー

ほとんどの開発チームにとって、開発プロセスの最終段階はプルリクエストです。たとえあなたのチームがCodeStreamの feedback requests を、サイクル終了時のPRベースのコードレビューの単なる前触れではなく、その代わりとして使用することを決定したとしても、IDEの中でプルリクエストを作成し、レビューすることができます。

An animated image showing how to review a pull request

CodeStreamは、PRで変更されたすべてのファイルのdiffビューを表示します。GitHubと同じように、PRをレビューして承認します。

運用中のコードのパフォーマンスを監視

コードがマージされた後は、ソフトウェア品質の追求は終わりません。 CodeStreamをNewRelicアカウントに接続すると、New RelicのエラーからIDEにジャンプするか、CodeStreamの可観測性セクションでエラーを見つけることができます。スタックトレースをナビゲートして問題のあるコードを見つけ、チームメートと協力して問題を解決します。

An animated image showing how to see and respond to errors in your code.

New Relic CodeStream をリポジトリに接続し、コードのパフォーマンスを観察できるようになったら、観察可能性のセクションを使ってエラーを見つけ、チームと協力して解決していきましょう。

エラーとその原因の確認

CodeStreamとNew Relicを接続した後、ワークロードとエラーズインボックスを使って、IDEの問題のあるコードにジャンプします。

A screenshot of an errors inbox error with a button to see the error in the IDE.

CodeStreamをリポジトリに接続し、New Relicに接続するように構成したら、エラー受信ボックスを使用してエラーを見つけ、IDEおよびエラーを生成しているリポジトリのブランチでそのエラーにジャンプできます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。