• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

ログ UI を使用する

ログ UI を使用して次のことを行います。

  • ログの中に興味深いパターンや重要なパターンを発見する。
  • 特定のログラインに関する詳細な情報を調べる。
  • フィルタや解析ルールを使って、ログデータを調べたり操作したりすることができます。
  • データをクエリしてカスタム ビジュアライゼーションを作成するか、それらをダッシュボードに追加します
  • 組織のログ データを整理し、データ パーティションを使用してクエリのパフォーマンスを最適化します。
  • 防止したい問題のアラート条件を設定します。

新しい機能や改善点に関する最新情報を入手するには、 ログ リリース ノートの RSS フィードを購読してください。

one.newrelic.com > All capabilities > Logs: ログを探索および管理するには、左側のナビゲーションを使用します。詳細情報を表示するには、ログ行をクリックします。

ログ UI を見つける

ログUIを見つけるには、 one.newrelic.comから、[ログ]を選択します。

ログデータを見る

ログ UI の左側のナビゲーションを、すべてのログ、属性、パターン、ライブテール ロギング、クエリを介した簡単なワークフローとして使用します。データの削除または解析、データ パーティションの作成、アラートの設定により、ログ データを管理します。 難読化式とルールを使用して、ログ内の機密データをハッシュまたはマスクします。中央のナビゲーションから特定のログとその属性に関する詳細を取得します。

ロギングデータを調べるには、以下の基本的なワークフローに従ってください。

輸出

ログのサブセットをエクスポートして共有するには、ユーザーはログ UI の専用のエクスポート機能を利用できます。この機能により、CSV または JSON 形式で最大 2000 件のログ レコードをエクスポートできます。ログ レコードは、現在のブラウザの /Downloads/ フォルダ内のマシンにローカルにダウンロードされます。

権限

ユーザー タイプ別の権限の詳細については、 「ユーザー タイプ」を参照してください。

NRQL drop rules 機能を制限し、ドロップ フィルタの作成を制限するカスタム ロールを作成できます。必要に応じて、基本ユーザーに制限を追加することもできます。ドロップ ルールの詳細については、こちらをご覧ください

ビューの保存

ログのクエリ、テーブル構成、時間範囲、属性のグループ化を保存したビューに保存しておけば、後ですぐに戻ることができます。ログ分析ビューを構成した後に保存するには。

  1. Your logs [ログ] セクションのいずれかの UI ページで、右側の Saved views [保存されたビュー] をクリックし、 Create new [新規作成]をクリックします。
  2. 現在のビューに名前を付けます。
  3. 現在のビューからどの局面を保存するかを選択します。
  4. チームメンバーのアクセス許可を選択します。

ここでは、ログ UI を使用して詳細情報を取得する方法の例をいくつか示します。

お使いの New Relic のサブスクリプションに応じて、New Relic UI のいくつかの場所からログにアクセスすることができます。これらのオプションの一部については、 ログをコンテキスト で見ることができる必要があります。

ヒント

あなたのアプリの エージェントは、 コンテキスト内の APM ログを使用して、ログ データを New Relic に直接転送します。追加のサードパーティ ソフトウェアをインストールまたは維持する必要はありません。

ログを見るには...

これを行う...

ログ UI から直接

APMのアプリから

one.newrelic.com > All capabilities > APMに移動し、アプリを選択して、次のオプションのいずれかを使用します。

  • トリアージ>ログ
  • トリアージ>エラー受信ボックス>(エラーを選択)>ログ
  • イベント>エラー>(エラーを選択)>ログを表示

分散型トレーシングから

one.newrelic.com > All capabilities > APM & services > (アプリを選択) > Distributed tracing > (トレースを選択) > Logs に 移動します。

お客様のインフラのホストから

one.newrelic.com > All capabilities > Infrastructureに移動し、ホストを選択して、 Logsを クリックします。

Kubernetesから

Kubernetes UI からクラスターを選択し、 Logs [ログ]をクリックします。

エンティティから

one.newrelic.com > All capabilities > All entities > (エンティティを選択) > Logsに移動します。

まだお持ちでない場合は、以下で無料の New Relic アカウントを作成して、今すぐデータの監視を開始してください。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.