• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

スクリプト化されたブラウザやAPIテストのための安全な認証情報の保存

合成モニタリングで安全な認証情報を使用して、パスワード、API キー、ユーザー名などの重要な情報を保存することができます。これにより、New Relic で明示的な許可を得ていない限り、スクリプトを使用したモニターユーザーがこれらの値を閲覧、更新、削除することができなくなります。

NewRelicまたはAPIを使用して安全な資格情報を設定できます。クレデンシャルは、 AWS Key Management Service(KMS)によって管理されるキーを使用して、保存時にAES-GCM256ビット暗号化を使用して安全に保存されます。

合成モニタリングのワークフローで機密情報を保護する方法については、こちらのショートビデオ(3分15秒)をご覧ください。

要件と限界

安全な認証情報を使用する前に 、以下の要件とガイドラインを確認してください。

認証情報の保護

コメントコメント

対象モニター

セキュアクレデンシャル機能は、 合成スクリプトのブラウザとAPIテストモニター でのみ利用可能です。

権限

アカウント管理者は、 ユーザーの権限を管理することにより、どのユーザーがcreateview 、またはdeleteのセキュリティで保護された資格情報を取得できるかを制御できます。

制限

最大で1,000件のセキュアな認証情報を持つことができます。

安全な認証情報の追加・更新

UIまたは合成モニタリングRESTAPIを使用して、安全なクレデンシャルを追加または更新できます。値は表示できず、キーのみが表示されることに注意してください。

スクリプト化されたブラウザまたはAPIテストモニターの安全なクレデンシャルキーをUIから追加、表示、編集、または削除するには、次の手順に従います。

  1. one.newrelic.com > Synthetic monitoring > Secure credentialsに移動します。

  2. 新しいセキュアなクレデンシャルを追加するには、 Create secure credential + ボタンを探します。すでにクレデンシャルが追加されている場合は、このボタンは右上にあります。

    • キーを作成するためのヒント:ユーザー名またはその他の意味のあるキー名を選択して、安全なクレデンシャルを識別します。英数字またはアンダースコア_文字を使用してください。キー名は大文字である必要があります。
    • 作成のヒント Value: 英数字や特殊文字を自由に組み合わせてください。最大10000文字まで入力可能です。このフィールドは、 APIを介してアクセスすることはできません。.
  3. 既存のクレデンシャルを編集するには、省略記号

    アイコンをクリックしてオプションを表示します。

  4. スクリプトを編集して、セキュアなクレデンシャルをスクリプト化されたブラウザまたは API テストに関連付けます

セキュア資格情報をスクリプトに追加すると、 セキュア資格情報 UI に、その資格情報を使用するスクリプト化されたモニターの数が表示されます。 この数は概算であり、安全な認証情報を持つモニターが実際に実行された後にのみ更新されます。

スクリプトの更新

Synthetics UI エディタ を使用して、スクリプト付きブラウザや API テストモニタを作成する場合は、以下のガイドラインに従ってください。

スクリプト

ガイドライン

形式

セキュアクレデンシャルを参照するスクリプトのどこからでも、ドット表記の予約済みのNew Relic $secure JavaScriptオブジェクトを介してアクセスされます。たとえば、 $secure.MY_SECURE_CREDENTIAL$secureのプロパティには、角かっこ表記ではアクセスできません。

既存のクレデンシャル

利用可能なセキュアな認証情報のリストを表示または選択するには、以下の手順に従います。

  • タイプ $secure.

    また

  • エディターUIのドロップダウンから選択します。

バリデーション

安全なクレデンシャルを検証するには、標準的な手順に従って、 スクリプトのテスト または API テストの作成 を行います。

セキュアクレデンシャルの値を変更すると、それを使用するすべてのモニターに自動的に反映されます。スクリプトを更新する必要はありません。

例外: スクリプトを更新したときにジョブがすでに処理されていた場合、セキュアなクレデンシャルの変更は次回ジョブが開始されるまで有効になりません。

安全な認証情報のためのセキュリティ

セキュアなクレデンシャルのセキュリティを確保するために、New Relic は合成監視データやアラートの結果に至るまでのすべてのデータからセキュアな値をスクラブします。 New Relic の従業員はセキュアなクレデンシャルの値にアクセスできないため、セキュアなクレデンシャルを表示できるようにするには、アカウントに追加する必要があります。

安全なクレデンシャルの名前はPASSWORDで、値はPass123!です。 NewRelicはPass123!をに置き換えます _SECURECREDENTIAL_

例えば、あるスクリプトには

$browser.get("https://example.com/" + $secure.PASSWORD)

スクリプトの結果は、実際にはhttps://example.com/Pass123!に移動したにもかかわらず、合成モニターがhttps://example.com/_SECURECREDENTIAL_に移動したことを示しています。これにより、安全なクレデンシャルの値が結果に表示されなくなります。

再編集された情報

現在、モニターの結果から以下の内容を再編集しています。

  • お客様のセキュアな認証情報の正確な値
  • セキュアな認証情報の任意のパーセントエンコードされた値

使用中の認証情報を保護する

スクリプトを作成するときは、安全な資格情報が外部サイトに渡されたり、表示または開示されるような方法で Web サイトに入力されたりしないようにしてください。

上記で詳しく説明した保護メカニズムは、New Relic によって保存される認証情報や監視対象の Web サイトからのテキスト内応答の開示を防ぐように設計されています。ただし、スクリプト機能を使用すると、ユーザーが悪用した場合に資格情報が漏洩する可能性がある機能をユーザーが実装できます。New Relic は、監視対象のサイトや組織の個々のユーザーのアクションを制御しません。このため、スクリプト内で安全な資格情報を使用する権限を、組織によって完全に信頼され、使用が許可されているユーザーにのみ付与する必要があります。Synthetics モニタリングで安全な認証情報の権限を更新するには、 ユーザー管理の概念 に従って 安全な認証情報の機能を制御してください。

New Relic は、安全な認証情報を使用してモニターを保存または検証するインスタンスをログに記録します。ログは NrAuditEvents経由でクエリ可能です。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.