• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

コンテキストで APM ログを管理または無効にする

自動ロギングの影響

デフォルトでは、当社の APM エージェントはアプリケーション ログを重要な New Relic メタデータで自動的に装飾し、それらのログを New Relic に転送します。この機能がどのように機能するか、およびどのエージェント バージョンが有効になっているかについて詳しくは、コンテキスト内の APM ログ を参照してください。

ログの New Relic への転送をアカウント レベルで管理するオプションを提供します。これは、次の理由で役立ちます。

  • 組織のポリシーに準拠するため。
  • セキュリティとコンプライアンス上の理由から、転送するログを制御する必要があります。
  • 不要なデータ取り込みコストを回避したい。
  • システムリソースの設計では、ログ転送機能のオーバーヘッドを増やすことはできません。

APM エージェントで高度なセキュリティ モードが有効になっている場合、これによりアプリケーション ログの転送が無効になることに注意してください。

自動ロギング設定を管理するためのオプション

APM ログ設定 UI または API を使用して、アカウント全体で自動ログ転送を無効 (または再度有効) にすることができます。エージェント構成を使用して、特定のエージェントのログ収集を有効または無効にすることもできます。

複数のアカウント(たとえば、複数の子アカウントを持つ親アカウント)の更新についてサポートが必要な場合は、NewRelicアカウントの担当者にお問い合わせください。アカウント担当者がいない場合は、 support.newrelic.comでサポートを受けてください。

よくあるご質問

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.