• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

データ保持の確認と管理

データ管理ハブにある [データ保持UI] ページでは、さまざまな種類のデータを保存する期間を確認および管理できます。機密情報を保護するために、一部のデータ タイプの保持期間を短くしたい場合や、長期にわたってデータと傾向を表示および分析できるようにするために、保持期間を長くしたい場合があります。

ヒント

Data Plus オプションを使用すると、追加の 90 日間の保存期間と、より長いクエリ期間、FedRAMP および HIPAA コンプライアンス、追加のセキュリティ機能など、その他のエンタープライズ グレードの機能を利用できます。

データ保持UI では、データ保持期間を確認したり、データ保持を編集したりできます。表の列ヘッダーの説明を表示するには、ヘッダーにカーソルを合わせます。

要件

データ保持を構成できるようにするには、Pro または Enterprise エディションが必要であり、データを米国のデータ センター リージョンに置く必要があります。これらおよびその他のいくつかのアカウントの特性により、一部の New Relic 組織は保持を独自に調整することができなくなります。Pro または Enterprise 組織であり、米国のデータセンターを使用していて、保持を編集できない場合は、New Relic アカウント担当者にお問い合わせください。

Data Plus オプションでは、さらに 90 日間の保持期間が提供されることに注意してください。

保持を表示および編集するための権限関連の要件:

データ保持 UI

データ保持UI ページは、データ管理ハブにあります。

デフォルトの保持期間

New Relic のデータ保持を理解する最善の方法は、データ保持UI ページに移動することです。組織が設定を編集した可能性があり、以下に示すデフォルト設定ではない可能性があるため、これをお勧めします。

この表は、デフォルトの名前空間保持設定を示しています。

情報源

名前空間

元のデータオプションの保持(日数)

Data Plusの保持(日数)

APM

APM

8

98

APM

APMのエラー

8

98

ブラウザ

ブラウザ

8

98

ブラウザ

ブラウザイベント

8

98

ブラウザ

ブラウザのJSエラー

8

98

ブラウザ

ブラウザのページビュータイミング

8

98

カスタムイベント

カスタムイベント

30

98

ロギング

ロギング

30

98

インフラストラクチャー

インフラストラクチャプロセス(詳細

8

8

インフラストラクチャー

インフラストラクチャの統合(詳細

395 (13ヶ月)

395 (13ヶ月)

モバイル

モバイルの衝突イベントの軌跡(パンくず式)

8

8

モバイル

モバイルの例外

8

98

モバイル

モバイル総合

8

98

モバイル

モバイルエラー

8

98

モバイル

モバイルクラッシュ

90

90

モバイル

モバイルセッション

90

90

通信網

SNMP (メトリクスを参照)

395

395

通信網

フロー (クラウド & オンプレミス)

30

98

通信網

SNMP (メトリクスを参照)

395

395

通信網

Syslog

30

98

サーバーレス

ラムダ

8

98

サーバーレス

ラムダカスタム

8

98

サーバーレス

ラムダのスパン

8

98

合成モニタリング(編集不可)

合成データ(編集不可)

395 (13ヶ月)

395 (13ヶ月)

トレース

分散トレース (編集不可)

8

8

さまざまなデータ型の保持の詳細

このセクションでは、変更できない保持設定を持ついくつかのデータタイプを含む、いくつかの異なるタイプのデータについて詳しく説明します。

データ保持の編集

保持を表示および編集するには、データ管理ハブに移動し、[データ保持] をクリックして、[データ保持編集] をクリックします。そこには、データ保持の編集または Data Plus へのアップグレードのオプションが表示されます。それが表示されない場合は、要件を確認し、New Relic アカウント担当者に相談してください。

保持率を高めるためのオプション:

  • まだお持ちでない場合は、 データ プラスに切り替えてください。これにより、データ保持期間が大幅に長くなり、その他の利点が得られます。
  • データ プラスまたは元のデータ オプションの場合: データ保持を追加します。組織の 30 日間の追加データ保持には、30 日ごとに取り込まれた GB あたり 0.05 USD の費用がかかります。

リテンションの向上に関する重要なポイント:

  • データ保持UIにリストされているすべてのデータ型について、保持が全体的に増加します。特定のデータ型だけを増やすことはできません。
  • より長い保持期間を有効にすると、特定のデータ ソースの保持期間を短縮しても請求には影響しません。データの取り込みと課金を削減する方法については、「データの取り込みを管理する」を参照してください。
  • 保持期間を調整すると、有効になるまで最大 24 時間かかる場合があります。

リテンションの削減

データ ソースの保持期間を短縮しても、その種類の既存のデータはすぐには消えません。そのデータは、最大数週間表示され、クエリで返される場合があります。誤ってデータを削除しないようにするための保護手段が用意されていますが、これは、データをすばやく削除するために保持値を減らすことは適切な戦略ではないことも意味します。

データの取り込みを減らすためのオプションについては、「データの取り込みを管理する 」を参照してください。

既存のデータを削除する

テレメトリ データが New Relic データベースにレポートされ、クエリに使用できるようになると、そのデータを編集または削除することはできなくなります。これは、New Relic の速度とパフォーマンスを最適化する意図的な設計上の決定です。データの保持期間が終了すると、データは失効します。すでに報告されているデータを削除したい場合は、New Relic の担当者にお問い合わせください。

データのエクスポートとストリーミング

Data Plus を使用している組織は、好みのツールを使用してデータをエクスポートし、長期保存することができます。これに関連する機能は次のとおりです。

APIによるリテンション管理

UI で保持設定を変更するだけでなく、 NerdGraph APIを使用できます。以下に、NerdGraph リクエストの例をいくつか示します。データ保持の変更が有効になるまでに最大 24 時間かかる場合があることに注意してください。

API を使用して保持を調整する前に、保持の調整に関するルールを確認してください。

アカウントの継承

親アカウントのデータ保持設定は、子アカウントに継承されます。このコンテキストでは、New Relic 組織の最初のアカウントは親アカウントと見なされ、組織に追加された他のアカウントはそのアカウントの設定を継承します。

RSS-Atom

RSSフィードを購読します。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.