• ログイン今すぐ開始

トランザクショントレースを設定する

APMでは、トランザクショントレースによって、アプリケーションのトランザクションやデータベースコールについての、綿密な詳細を記録します。トランザクショントレースのデフォルト設定を編集することができます。

エージェント経由でトランザクショントレースを設定する

New Relicエージェントの設定ファイルや他の「ローカル」設定メソッドを使用して、トランザクショントレースの設定をカスタマイズできます。トランザクショントレースの設定オプションに関する詳細については、特定のNew Relic言語エージェントのドキュメントを参照してください:

サーバーサイドコンフィグレーションを使用してトランザクショントレースを設定する

サーバーサイドコンフィグレーションを使用してトランザクショントレースを設定する機能は、New Relicエージェントによって異なります。サーバーサイドコンフィグレーションに対応していない場合、トランザクショントレースの設定はUIで見ることができますが、編集はできません。

ご利用のNew Relicエージェントでサーバーサイドコンフィグレーション設定が利用可能な場合、one.newrelic.com > APM & services >(select an app)> Settings > Application > Server-side agent configurationで確認できます。

サーバーサイドコンフィグレーションで変更できるトランザクショントレースの設定は、お使いのNew Relicエージェントによって異なります。UIにはそれぞれの説明が含まれています。UIの設定には次の項目があります。

  • トランザクショントレーシングと閾値
  • 記録レベルと入力フィールドなどの、SQLを記録する
  • SQLとスタックトレースの閾値をログする
  • SQLクエリプランと閾値
  • HTTPコードとエラークラスなどの、エラーの収集
  • 遅いクエリのトレース
  • スレッドプロファイラー
  • クロスアプリケーショントレーシング

特定の(キー)トランザクションのトレースを設定する

他のトランザクションと区別して監視したりアラートを受け取ったりするトランザクションがある場合は、キートランザクションに設定します。これは、一般的なApdex T閾値と異なる、トランザクション固有のApdexを使う場合などに有効です。

キートランザクションのApdexを変更すると、トランザクショントレースが作成される可能性が変わります。例:

  • キートランザクションがトランザクショントレースを生成する可能性を上げる場合は、キートランザクションのApdex T値を低く設定します
  • キートランザクションがトレースされる可能性を下げる場合は、Apdex T値を高く設定します

重要

トランザクショントレース閾値を、デフォルトのApdex設定ではなく秒数で設定した場合、この秒数の閾値が、カスタムApdex設定をもつキートランザクションを含むすべてのトランザクションに、閾値として適用されます。

APMおよびインフラストラクチャデータのログを表示

また、ログとアプリケーションのデータを統合して、トラブルシューティングをより簡単かつ迅速にできます。コンテキストのログでは、エラーとトレースに関連するログメッセージをアプリケーションのUIで直接表示できます。また、Kubernetesクラスタなど、インフラストラクチャデータのコンテキストでログを表示することもできます。別のUIページに切り替える必要はありません。

カスタムトランザクションを作成する

New Relicエージェントがトランザクションとして自動的にキャプチャしないアプリケーションのアクティビティ向けに、カスタムトランザクションを作成できます。詳細については、カスタムインストゥルメンテーションを参照してください。

HTTPリクエストの属性(パラメーター)を収集する

データセキュリティ上の理由で、トランザクショントレースには潜在的に機密性が高いHTTPリクエストの属性(パラメーターとも呼ばれます)は含まれません。しかしトレースは、New Relicによってエージェント属性と呼ばれる基本的なHTTPリクエストの属性は収集します。属性収集の設定を編集するには、特定のNew Relicエージェントをご覧ください。

詳細については、カスタム属性を収集するを参照してください。

トランザクショントレースを削除する

削除したトランザクショントレースは、永久に削除されます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.