• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

インテリジェンスを適用して事後分析を作成する

公開プレビュー

この機能はまだ開発中ですが、試してみることをお勧めします。

アプライドインテリジェンスの事後分析機能を使用すると、イベント、メトリック、およびメタデータが自動的に収集され、チームのインシデント事後分析を実行するために使用できるテンプレートが作成されます。

事後分析とは何ですか?

ご存知かもしれませんが、事後分析は、インシデントに対応して解決するときに、チームが何が機能し、何が機能しなかったかを分析するために使用する遡及的プロセスです。

New Relicプラットフォームでは、事後機能は、チームの遡及的プロセスを成功させるために使用できるツールです。

事後分析には以下が含まれます。

  • 説明を含むインシデントの記録
  • 事件のタイムライン
  • インシデントの影響
  • インシデントの根本原因
  • チームが講じた緩和策
  • 今後の再発防止のためのフォローアップアクション

インテリジェンスを適用して事後分析を構築する方法の概要については、次の短いビデオ(3:03分)をご覧ください。

なぜ事後ツールを使用するのですか?

アプライドインテリジェンスの事後分析により、インシデントに関連するデータが自動的に収集され、チームは分析とアクションアイテムに集中できるようになり、将来のインシデントへの対応が改善されます。

始める準備はできましたか? NewRelicアカウントを持っていることを確認してください。それは永遠に無料です!

事後分析を作成する

課題がクローズされたら、事後分析を作成できます。

問題を見つけるには、 one.newrelic.com > Alerts&AI > Analyzeにアクセスし、 Issues&activityをクリックします。

問題は、同じ根本的な問題に関連するインシデントのグループです。新しいインシデントが作成されると、インシデントインテリジェンスは問題を開き、他の未解決の問題を評価して、可能な相関関係を調べます。

次の手順に従って、事後分析を作成します。

ステップ1:事後ページに入る

課題フィードから、事後分析の未解決の課題を選択します。

解決済みの問題を表示するには、検索フィールドで[フィルター]ボタンをクリックし、[解決済みの問題]の状態を選択します。

問題の詳細ページで、[閉じる]をクリックし、[事後分析の作成]をクリックします。

ステップ2:タイムラインを確認、編集、コメントする

事後分析では、問題の存続期間を通じてイベントとメタデータが収集され、イベントのタイムラインが自動的に作成されます。

特定のイベントを折りたたんだり展開したりして、自分にとって重要なことに集中しやすくすることができます。

各イベントタイプには、区別しやすいように異なる色でラベルが付けられています。タグは、有用な追加のコンテキストを提供するのに役立ちます。

イベントタイプには、異常インシデント、インシデント、展開、およびユーザーアクティビティが含まれます。

課題の各イベントは、イベントカードに囲まれています。イベントのタイムラインを確認したり、イベントカードを削除したり、ユーザーイベントを追加したりできます。

手順3:(オプション)ユーザーイベントを追加する

ヒント

タイムラインにユーザーイベントとしてメモを追加するには、マウスを任意のカードの下に移動します。[カードを挿入]オプションが表示されます。

「カードを挿入」をクリックし、コンテキストを入力して保存します。

ステップ4:(オプション)イベントの推奨チャートを挿入する

どのイベントでも、推奨されるグラフを挿入してコンテキストを追加し、データの指標と傾向を表示できます。

イベントカード内で、[グラフの挿入]ボタンをクリックします。イベントに関連する推奨チャートのコレクションから選択してください。

重要

グラフは、基になる指標やイベントがアカウントで保持されるのと同じ方法で保持されます。グラフの保持を更新するには、データ保持設定を変更します。これは請求に影響します。

ステップ5:(オプション)イベントにコメントする

タイムライン上の任意のイベントについて、コメントを追加できます。

コメントを使用して同僚と共同作業したり、後で役立つコンテキストを思い出したりします。

ステップ6:イベントのメタデータを確認する

事後メタデータには、関連する問題とエンティティが含まれます。これらは自動的に事後分析に追加されます。自分に関係のない関連エンティティはすべて削除できます。

インシデントの時間枠もメタデータとして含まれています。

事後ページの上部で、インシデントの重大度レベルを選択します。重大度は、事後リストページに表示されます。

自動的にキャプチャされたものと異なる場合は、インシデントの実際の期間を反映するように開始時間と終了時間を調整できます。

ステップ7:コンテキストセクションに記入する

事後分析の場合、タイトルと「何が起こったか」の要約セクションは必須フィールドです。

メタデータセクションとイベントのタイムラインは、影響を受けるエンティティ、時期、方法に関する重要なコンテキストを提供します。

オプションで、根本原因回復アクションのセクションに記入して、より詳細な遡及的レコードを作成できます。

事後分析を表示する

1つ以上の事後分析を作成したら、後でそれらに戻ることができます。事後分析のリストについては、次の手順に従ってください。

  1. one.newrelic.com > Alerts&AI > Analyzeに移動し、 Issues&activityをクリックします。
  2. [事後分析]タブをクリックします。
  1. 個々の事後分析を選択して、詳細な事後分析レコードを確認します。

事後分析が不要になった場合は、詳細な事後分析レコードで、[事後分析の削除]をクリックします。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。