• /
  • ログイン

デプロイメントを記録して監視

アプリのデプロイは危険なイベントになる可能性があります。不適切なデプロイメントが、アプリ破損の原因である場合がよくあります。New Relicを使用すると、デプロイメントを追跡できるため、デプロイをアプリのパフォーマンスに関連付けることができます。デプロイメントを追跡すると、APMチャートに表示されるデプロイメントマーカーが作成されます。

デプロイメント追跡のオプション

New Relic REST API v2を使用すると、APMアプリケーションで新しいデプロイメントの記録、過去のデプロイメントリストの取得、過去のデプロイメントの削除が可能になります。さらに、一部のAPMエージェントには、デプロイメントを自動的に記録するエージェント独自の方法が備わっています。

APMによってモニターされているアプリケーションのデプロイメントをお客様のチームにリアルタイムで通知するために、New RelicでSlackインテグレーション、あるいは単純なwebhookを使用することが可能です。Slackは、選択されたSlackチャネルにフォーマットされて表示される一般的なJSONを投稿できるwebhook URLを提供します。

記録後に、New Relic UIでデプロイメントを表示できる場所がいくつかあります。次のUIでデプロイメントを表示できます。

ヒント

デプロイメントマーカーはブラウザアプリケーションにおいて利用できませんが、リリースバージョンにエラーをタグ付けする方法についてはブラウザリリースを参照してください。

REST APIを用いたデプロイメントの記録

New Relic REST API v2を使用してデプロイメントの記録、過去のデプロイメントリストの取得、デプロイメントの削除ができます。

  • このドキュメントの例では、コマンドラインツールのcURLを使用しています。ただし、RESTリクエストには、あらゆる方法を使用できます。デプロイメントの作成、表示、削除はAPIエクスプローラーで行うこともできます。
  • JSONは、要素名とコンテンツにダブルクォート"を使用します。シングルクォート'の使用はエラーの原因になります。

New Relicエージェントを使用したデプロイメントの記録

一部のエージェントには、デプロイメントを記録する追加メソッドが備わっています。

お客様のチームにデプロイメントを通知

REST APIを使用してデプロイメントが記録された後、オプションでwebhookのエンドポイントにデプロイメントを通知することが可能です。

webhookにおける宛先はお客様のSlackインスタンスにすることが可能です。webhookを使用してSlackチャネルのデプロイメント通知を設定するには:

  1. お客様のSlackアウカントに管理者としてログインした後、App directory > Manage > Appsの順に進みます。
  2. お客様のNew Relicアプリを検索し、Add configurationを選択します。
  3. Post to channelから、既存のSlackチャネルを選択するか新しいチャネルを追加し、Add configurationを選択します。
  4. オプションのリストからwebhookのURLをコピーします。
  5. one.newrelic.com > (アカウントドロップダウン) > アカウント設定 > インテグレーション > 通知のディプロイ > Webhookの順に移動します。
  6. Slack webhook URLをペーストし、保存します。
  7. オプション:テストメッセージを送信します。

ヒント

webhook、Slackチャネルをはじめとしたその他のオプションを使用し、 New Relicアラートのアラート通知を設定することも可能です。

EOL通知:Hipchat、Campfire

2019年09月09日の時点において、APMデプロイメントの通知におけるHipchatとCampfireとのインテグレーションは利用できなくなります。推奨事項:HipchatまたはCampfireをまだ利用している場合、代わりにwebhooks with Slack channelsをお使いください。詳しくは、New RelicのExplorers Hubの投稿をご覧ください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.