• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

問題とインシデントの管理と対応

問題のフィード

issue feed では、すべての課題の概要と、課題に関する有用な情報を見ることができます。また、個々の課題をクリックすると、分析サマリ、イベントログ、関連する課題の詳細など、より詳細な情報を得ることができます。

このスクリーンショットは、課題のステータスや相関関係などが記載された課題フィードの例です。

問題の詳細

問題ページは、最初に問題を理解し、次に解決する時間を最小限に抑えることができるように、最終的な洞察を提供します。

ここでは、問題ページのユーザーインターフェイスを順を追って説明する簡単なデモを作成しました。

課題ページ には以下のセクションがあります。

  1. 発行ペイロード:これにより、発行ペイロードの詳細が提供され、ボタンをクリックするだけでペイロードをコピーできます。
  2. 発行先:発行名の下に、通知先というカテゴリが表示され、宛先が表示されます。目的地にカーソルを合わせると、目的地の詳細なプレゼンテーションと、開かれたチケットへのリンクが表示されます。
  3. 問題の期間:問題名の上部に、問題が続いた期間が表示されます
  4. インシデント番号:インシデントアクティビティセクションの上部に、問題内のインシデントの総数が表示されます
  5. インシデントアクティビティリスト:インシデントアクティビティセクションの左側に、インシデントアクティビティリストが表示されます。このリストには、優先度、状態、インシデントの名前、作成日など、各インシデントの最も関連性の高い情報が表示されます。と期間。また、期間、ミュートされているインシデント、新しいものから古いもの、重大なものから低いものまで、リストを並べ替えることもできます。最後に、[開くのみを表示]ボタンを有効にすることで、開いているインシデントのみでフィルタリングできます。
  6. 選択したインシデントアクティビティ:インシデントアクティビティリストからインシデントをクリックすると、右側のインシデントがフルビューモードで開きます。このモードには、ソース、アラートポリシー、アラート条件、アラートタイプなどの情報が含まれます。鉛筆アイコンをクリックして、ポリシーと条件の名前を編集することもできます。
  7. インシデントグラフ:インシデントアクティビティリストからインシデントをクリックすると、インシデントチャートが全範囲で開き、劣化、違反、および回復の期間をより適切に視覚化できます。
  8. インシデントエンティティリスト:インシデントアクティビティリストからインシデントをクリックすると、インシデントのエンティティのリスト、タグとその値のリスト、インシデントペイロード、およびRunbookリンクもすべてグラフの下部に表示されます。タグの下にある[すべて表示]ボタンをクリックして、表示されているすべてのアイテムを表示することもできます。

事後分析

事後分析は、チームがインシデントに対応して解決する際に何が機能し、何が機能しなかったかを分析するために使用するレトロスペクティブ プロセスです。

New Relic プラットフォームのポストモーテム機能は、インシデントに関連するデータを自動的に収集するツールであり、チームは将来のインシデントへの対応を改善するための分析とアクション アイテムに集中できます。

事後分析には以下が含まれます。

  • 説明を含むインシデントの記録
  • 事件のタイムライン
  • インシデントの影響
  • インシデントの根本原因
  • チームが講じた緩和策
  • 今後の再発防止のためのフォローアップアクション

事後分析の詳細な作成手順やウォークスルー デモを見るには、事後分析のドキュメントページにアクセスしてください。

根本原因の分析

根本原因分析では、問題とその影響を受けるエンティティの潜在的な原因を自動的に検出します。これにより、未解決の問題が発生した理由、どのデプロイメントが原因となったか、関連するエラーログや属性などが表示されます。これにより、問題を調査し、解決までの平均時間(MTTR)を短縮することができます。

ヒント

なお、根本原因分析は他のNew Relicのデータソースや機能に依存しています。そのため、すべての問題に対して根本原因分析の情報が常に存在するとは限りません。

課題を選択すると、 根本原因分析 の情報が表示されることがあります。

根本原因分析には、主に3つのUIセクションがあります。

  • 配置イベント: 配置を設定する際に、問題発生に最も近い配置を提供します。インシデントの根本原因のうち、デプロイメントなどの変更が占める割合は高く、その情報が手元にあれば、問題の診断や解決に役立ちます。
  • エラーログ: 何百万ものログメッセージをワンクリックで探索したり、マニュアルクエリを使用して、異常なパターンや見つけにくい問題の発見に役立てることができます。
  • 調査する属性: 属性の分布をスキャンし、分布の著しい変化を見つけることで、考えられる原因を表面化します。ここでは、データベースや外部のメトリクスの変化も示します。また、 興味深い属性を照会することができます.

影響を受けるエンティティと問題マップ

エンティティにマウスオーバーすると、そのエンティティの詳細情報が表示されます。

影響を受ける事業体 のセクションでは、2つ以上の事業体が関係する問題について、課題マップを利用できます。 マップ には、影響を受けるエンティティだけでなく、それらのエンティティに直接関連するサービスやリソースも表示されます。

影響を受けたエンティティ: エンティティとは、監視できるデータを持つものを指します。具体的には、New Relic のソースからのインシデントに着目し、エンティティを抽出してサマリーを提供します。各エンティティは固有のものです。エンティティは、リストやマップで確認することができます。

課題のデータに応じて、これら4つのセクションすべてが、課題ごとにまとめて表示されることも、個別に表示されることもあります。エンティティの横にある3つのドットをクリックして、次のオプションを含むドロップダウンメニューを開くだけです。

  • ダッシュボードを見ると、アカウント内のユーザーが、エンティティに関連する作成したダッシュボードを確認して操作するのに役立ちます。さまざまなウィジェットを強化するために実行したクエリは、可能な場合は常にエンティティに自動的にマッピングされ、すばやくアクセスして検出できるようにここに表示されます。
  • エンティティビューは、アプリケーションの異常ページを開きます。これは、プロアクティブな検出用に設定されたアプリケーションでのみ使用できます。
  • デプロイメント イベント には、「デプロイメント」と「関連するデプロイメント」の 2 種類があります。 [Show all deployments] をクリックすると、すべてのデプロイメント イベントが届いたときに表示され、特定のデプロイメントをクリックすると、その APM デプロイメント ページが表示されます。 APM 配置ページ には、最近の配置と、その配置がエンドユーザやアプリサーバの Apdex スコア、応答時間、スループット、エラーに与える影響が一覧表示されます。このセクションは、New Relic が影響を受けるエンティティの下で、デプロイメントを持つアプリケーションを特定した場合にのみ表示されます。

課題のタイムライン

イシューのタイムラインを見ると、以下のような内訳になっています。

  • インシデント
  • 起こっているトレンド
  • どのインシデントがアクティブか
  • どのようなインシデントが解決されたか
  • 互いに相関しているもの
  • 課題レベルに応じた様々なマイルストーン

問題ログの表示に興味がある場合は、問題ログボタンに切り替えるだけで、タイムスタンプと通知の詳細を表示できます。[もっと見る]をクリックして、完全な問題ログを表示することもできます。

さらに、タイムラインの上部にグレーのラインが表示されています。各インシデントへの変更を示す視覚的なタイムラインと比較すると、グレーのラインはイシューへの変更を表しています。

グレーのラインにマウスオーバーすると、イベントの詳細が表示されます。

最後に、インシデントにマウスオーバーすると、特定のインシデントの場所、タイミング、重要度などの情報が表示されます。

この図は、1月11日に入力された特定のインシデントを示しており、そのレベルは Critical となっています。

課題をテキスト形式で表示するには、右端の「 Switch to issue log view」をクリックします。

使用決定

ノイズをさらに減らしたり、インシデントの相関関係を改善したりするために、決定を変更またはカスタマイズできます。意思決定は、インシデントをグループ化する方法を決定します。

はじめに、 Decisions をご覧ください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.