• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NrAuditEvent: アカウント監査ログのクエリ

New Relic を使用および管理するための追加のセキュリティ対策として、 NrAuditEventイベントを使用して、New Relic 組織の変更を示す監査ログを表示できます。

NrAuditEventとは何ですか?

NrAuditEventは、あなたとあなたのユーザーが New Relic 組織で行ういくつかの重要な種類の構成変更を記録するために作成されます。収集されたデータには、アカウントの変更の種類、変更を行ったアクター、実行されたアクションの人間が判読できる説明、および変更のタイムスタンプが含まれます。報告される情報には次のものが含まれます。

  • 追加または削除されたユーザー
  • ユーザー権限の変更
  • API経由でのアカウント変更
  • 合成モニターの変化
  • ダッシュボードの削除
  • ワークロードの設定変更

このイベントによって報告されるすべての属性を確認するには、 NrAuditEventを参照してください。

これらの種類の変更について通知を受けるには、アラートを使用できます。

使用上の注意と詳細 NrAuditEvent

すべての New Relic アカウントは、最大 13 か月のアカウント変更を照会できます。

New Relic の組織とアカウントがPartnership APIを使用して作成された場合、 NrAuditEventはアカウントの作成または編集に関する情報を返しません。

監査ログは、APM エージェントの監査モードの構成とは異なります。APM 監査モードは、アプリから送信されるすべてのデータに関する情報を記録します。

クエリの例

NRQLを使用してNrAuditEventをクエリする例を次に示します。

UI のクエリ ビルダーでは、一度に 1 つのアカウントしかクエリできないことに注意してください。適切な権限があれば、 NerdGraphでクロスアカウント クエリを実行できます。

一般的なアカウントの変更

特定のユーザーが行った変更

APIによる変更

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.