• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

Syntheticモニタリングを開始

Syntheticモニタリングは、ウェブサイト、重要なビジネストランザクション、およびAPIエンドポイントをモニターするための自動化されたスクリプト可能な一連のツールです。ユーザートラフィックのシミュレーションを行い、顧客が気付く前に重要なエンドポイントの障害やパフォーマンス低下を事前に検知し解決できます。

重要な理由

Syntheticモニタリングを使用して、以下のことができます。

  • エンドポイントの可用性とパフォーマンスを元のアプリケーションやインフラストラクチャとつなぎ、障害の状況を把握します。
  • 問題がネットワークやAWSの場所、サードパーティリソースの遅さ、バックエンドサービスやインフラストラクチャの健全性に起因するかどうかを簡単に診断します。​​​​​​​
  • Syntheticモニタリングを構築自動化およびCI/CDパイプラインに追加し、パフォーマンスを自動的に追跡し、各デプロイメントの機能をチェックする。
  • ログイン手順、検索およびその他の重要なビジネストランザクションをテストするリアルなSeleniumを搭載したスクリプト化ブラウザを使用して、モニターをさらに拡張します。
  • APIテストを使用してAPIエンドポイントをモニター

詳細テスト

Syntheticモニタリングの使用により、ウェブサイトまたはAPIエンドポイントをプロアクティブにモニターできます。これにより、コンテンツが確実に利用できるようになるだけでなく、完全な機能を確実に実現できます。Syntheticモニタリングブラウザは、コンテンツがどの場所でも常に最新のものであるようにするために、世界中の場所からサイトにSeleniumを搭載したリアルなGoogle Chromeブラウザを送るテストを行います。

スクリプト化ブラウザは、テスト機能を拡大し、一般的ではないユーザーフローまたはベータテストなどの複雑な手順もテストできます。たとえば、ニュースレターへのサインアップやアイテムのカートへの追加、または簡単なJavaScriptのような言語を使用した重要な情報の検索などをユーザーができているかを確認できます。APIエンドポイントに対しスクリプト化テストを実行可能にするAPIモニターでバックエンドテストも可能です。

機能拡張されたモニタリングとレポート作成

Syntheticモニタリングは各チェックの結果がメトリクスに集計されるため、パターンを確認したり、パフォーマンスが悪い原因を特定できます。また、Syntheticモニタリングはモニター結果を一つ一つ保存しているため、Webサイトの不具合がどこで生じているかを正確に確認できます。

ウェブサイトまたはAPIエンドポイントがアクセス不能になった場合、アラートで通知します。プライベートロケーションを作成することで、地理的範囲の拡大や内部Webサイトのモニターもできるようになります。

さらに詳しく見るために、モニター結果をクエリすることもできます。New Relicは、13ヶ月間モニター結果を保持しているため、使用に関して前年と比較することも可能です。

追加機能

Syntheticモニタリングには以下の機能が含まれます。

機能

説明

リアルブラウザ

シンプルブラウザスクリプト化ブラウザモニターを使用して、Syntheticモニタリングはホストが稼動しているかどうかをチェックするだけではありません。完全に仮想化されたリアルなGoogle Chromeブラウザ(Selenium搭載)で実際のページコンテンツを読み込み、ユーザーのアクションを正確に反映するテストを行います。

詳細な結果表示

Syntheticモニタリングは13ヶ月間、モニターの実行結果をすべて保存しているため、各チェックおよびすべてのチェックの詳細な内訳を表示できます。Webサイトのパフォーマンスと可用性のスナップショットを入手、また特定の問題を探し当てることが可能です。

ブラウザモニタリングによる比較チャート

New Relicの比較チャート機能を使用して、実際のユーザー(ブラウザモニタリング)のインタラクションとSyntheticモニター間の直接ページロードタイムを比較します。たとえば、ページの停止中に、傾向を対比して、問題がSyntheticモニタリングにも表示されているかどうか、またはその他の変数によって発生しているかどうかを確認できます。

詳細なスクリプト化モニタリング

スクリプト化ブラウザを使用して、ウェブサイトに対する複雑なテストケースを実行します。チェックアウトやログインなどの重要な処理が、常にスムーズに実行されていることを確認し、不具合時に比較できるように、ベースラインの作成ができます。Node.jsをベースにした組み込み型スクリプトIDEにより、ブラウザから離れることなく、素早くスクリプトを作成します。

グローバルなテスト範囲

ユーザーがいつでも、どこからでもウェブサイトにアクセスできるよう、世界中の場所からアクセスできることを確認します。Syntheticモニタリング静的IPアドレスを許可リストに追加することで、ファイアウォールの背後にあるサイトをモニターします。プライベートロケーションを使用すると、内部サイトのモニターや、地理的範囲が新しい場所まで広がります。

ポピュラーなアナリティクスプラットフォームとの互換性

Syntheticモニタリングは、Google Analyticsのようなポピュラーなアナリティクスサービス向けのスクリプトを特に除外します。これにより、毎月Webサイトのモニターチェックが数千に及んでも、アナリティクスツールによって確実に同じデータが受信され続けます。

デフォルトでブロックされているサービスのブロックを解除したり、他のサービスをブロックすることもできます。

REST API関数

Syntheticモニタリングには、以下の管理に使用できるREST APIが含まれています。

データ保護とプライバシー

Syntheticモニタリングからのデータはテストデータで、ウェブページまたはアプリケーションとの通常のインタラクションを表します。人間からの実際のデータであることは絶対にありません。よって、Syntheticモニタリングを使用して収集したデータは、個人データではありません。詳細については、Syntheticモニタリングセキュリティドキュメントを参照してください。

互換性および要件

Syntheticモニタリングには、対応ブラウザ以外のソフトウェアは必要ありません。

重要

SyntheticモニタリングパブリックミニオンIPアドレスを許可リストに追加することで、ファイアウォールの背後にあるサイトのモニターができます。

アクセス権限

デフォルトで、アカウントのすべてのユーザーは次ができます。

さらに細かく管理するために、オプション権限システムを有効化できます。許可システムを使用すると、ユーザーがSyntheticモニタリング内で表示および編集するためのアクセスレベルを管理できます(例:モニターやプライベートロケーション)。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成する
Copyright © 2020 New Relic Inc.