• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

セッションのリプレイ

重要

セッションリプレイは 2024 年 5 月 8 日から課金対象となります。 詳細については、データ消費量を参照してください。

セッションリプレイは、Web アプリでユーザーのインタラクションを再生し、その他のテレメトリーデータをマッピングして、ユーザーの行動を理解するのに役立ちます。 セッションリプレイは、次のように、トラブルシューティングやエンドユーザー体験の向上に使用できます。

  • JavaScript エラーのトラブルシューティング: エラーが発生したときにユーザーが何をしていたかを確認して、エラーの原因をトラブルシューティングします。 たとえば、エンド ユーザーが e コマース トランザクションを完了しようとしてエラーを受け取った場合、セッション リプレイを使用して、エラーが発生する前にエンド ユーザーが実行した手順と入力したデータを確認できます。 これは、問題の根本原因を迅速に特定して修正するのに役立ちます。
  • ユーザー エクスペリエンスの向上: ユーザーのフラストレーションを引き起こしている Web アプリの領域を発見します。 たとえば、ユーザーがナビゲーションで迷ったり、何も行わないボタンをクリックしたりしていることがわかります。
  • 主要なユーザー ジャーニーの問題を特定する: パフォーマンスの問題を引き起こしている Web アプリの領域を特定します。 たとえば、セッション リプレイにより、 /cart/checkoutページでページ読み込み時間が長すぎることが判明した場合は、この重要なユーザー ジャーニーを修正することを優先します。

セッションリプレイの仕組み

ユーザーが Web ページを読み込むと、セッションリプレイはページの構造と視覚要素を表すドキュメント オブジェクト モデル ( DOM ) のスナップショットを取得します。 正確なスタイル情報を確保するために、Browseragent はCSSファイルにアクセスします。 エージェントはこれらのスタイルをリプレイ記録に直接統合し、再生中に外部 CSS ファイルを参照する必要がなくなります。 ユーザーがページを操作すると、Browseragent 内のライブラリがDOMに加えられた変更をキャプチャします。 キャプチャされたデータは New Relic のデータベースに安全に保存されます。

リプレイは最大で次の期間保存されます:

  • 4時間のユーザーセッション
  • 30分間の非活動

デフォルトでは、 browserイベント データは 8 日間保存されますが、実際のデータ保存期間はアカウントによって異なります。

セッションリプレイの詳細については、次のセクションを参照してください。

始めましょう

セッションリプレイを有効にする

  1. one.newrelic.com > All Capabilities > Browser

    に移動します。

  2. ブラウザ アプリを選択します。

  3. 左側のメニューで、

    Application settings

    をクリックします。

  4. アプリケーション設定ページで、

    Pro

    または

    Pro + SPA

    Browser Agent が選択されていることを確認します。 セッションリプレイはLite Browserエージェントではご利用いただけません。

  5. Session tracking

    Session replay

    設定をオンに切り替えます。

サンプリングレートを構成する

次のサンプルのサンプリング レート (0% ~ 100%) を設定します。

  • User sessions すべてのユーザー セッションのランダム サンプルを記録します。

  • Errored session すべてのエラーセッションのランダムサンプルを記録します。 エージェントはクライアント側で最大 30 秒間バッファリングし、エラーが発生した場合はセッションが記録されます。 エラーが発生しない場合、リプレイは収集されません。

    たとえば、セッション サンプリング レートを 50% に設定し、エラー サンプリング レートを 100% に設定すると、次のことが意味されます。

  • すべてのユーザー セッションの半分が記録されます。

  • 50% サンプルに含まれていない場合でも、エラーが発生したすべてのセッションが記録されます。

(オプション)プライバシー設定を構成する

デフォルトでは、すべてのユーザー入力はアスタリスクに置き換えられます。 デフォルトのプライバシーでリプレイがどのように表示されるかの例を次に示します。

この設定が適切であれば、次の手順に進みます。

キャプチャするコンテンツまたはユーザー入力をカスタマイズする必要がある場合は、コンテンツまたはユーザー入力の特定のクラスと属性をマスク、ブロック、または無視するオプションがあります。 プライバシー設定を変更する前に、必ずプライバシー チームに確認してください。

機密テキストをマスクする

機密テキストをマスクすることができます。つまり、テキストはアスタリスク(*)に置き換えられます。 たとえば、URL に表示されるユーザーのアカウント ID をマスクできます。

どの入力をマスクするかを指定するには、いくつかのオプションがあります。

  • Application settingsページで、独自の CSS セレクターを追加するか、マスキング ボックスをオンにします。 マスク セレクターを使用してもユーザー入力はマスクされないことに注意してください。ユーザー入力を非表示にする必要がある場合は、ブロック セレクターを使用することをお勧めします。

  • CSS クラスnr-maskまたは属性data-nr-maskを Web ページの HTML に追加します。 たとえば、アカウント ID が URL に表示されないようにするには、アカウント ID を含む<div>nr-maskを追加します。

    <div>Account ID: <span class="nr-mask">99881123</span></div>
    ```

    これらのオプションでは、アスタリスク (*) を使用してその要素内のすべてのテキストをマスクし、実際のテキストを隠しますが、入力された文字数は表示します。 ただし、アスタリスクは有効な数値ではないため、電話番号やクレジット カード番号などの番号タイプ固有のフィールドをマスキングすると、再生では空白のフィールドが生成されます。

    サイトのコンテンツをブロックする

    サイト上のコンテンツのセクション全体をブロックすることができます。この場合、そのセクションはセッションリプレイでは空のプレースホルダーとして表示されます。 たとえば、「会社概要」Web ページに画像があり、それをキャプチャする必要がない場合は、画像を含むクラスをブロックできます。

    特定のクラスまたは属性をブロックするには、いくつかのオプションがあります。

  • [アプリケーション設定] ページで、[*ブロック セレクター]フィールドに CSS セレクターを追加します。

  • CSS クラスnr-blockまたは属性data-nr-blockをウェブページの HTML に手動で追加します。 たとえば、セッションのリプレイから無関係なテキストや画像をブロックしたい場合は、 nr-block<div class>に追加します。

    <html>
    <head>
    <title>Sample image and text</title>
    </head>
    <body>
    <div class="image-text-container nr-block">
    <img src="https://example.com/image.png" alt="Image description" />
    </div>
    </body>
    </html>

    ユーザー入力を無視する

    ユーザー入力フィールドへの変更を無視することができます。つまり、入力フィールドはリプレイに引き続き表示されますが、値の変更は表示されません。 たとえば、電子メール アドレスとパスワードのフィールドを含むクラスを無視できます。

    入力を無視するには、入力フィールドのクラス名に CSS クラスnr-ignoreを追加します。 たとえば、請求ページの機密情報を無視したい場合は、 class="nr-ignore"<input type>に追加します。

    <div class="sensitive-information">
    <h2>Sensitive Information</h2>
    <p>
    Credit card number:
    <input type="number" class="nr-ignore" id="creditCardNumber" />
    </p>
    <p>
    Expiration date:
    <input type="number" class="nr-ignore" id="expirationDate" />
    </p>
    <p>CVV code: <input type="number" class="nr-ignore" id="cvvCode" /></p>
    </div>

(コピー/ペーストしてデプロイされたエージェントの場合) JavaScript スニペットを手動で更新します

コピー/ペースト方法を使用してブラウザー エージェントをデプロイした場合は、UI から再度コピー/ペーストする必要があります。 これは、セッション リプレイを有効にすると、JavaScript スニペットが更新されて新しい機能フラグが含まれるためです。

エージェント コードを更新するには:

  1. Application Settingsページに移動して、JavaScript スニペットをコピーします。

  2. コード内の古いスニペットがあった場所に貼り付けます。

  3. アプリをデプロイします。

New Relic でセッションのリプレイを表示する

セッションリプレイは次の 2 つの場所で見つかります。

  • Session replayページ:

    1. one.newrelic.com > All Capabilities > Browserに移動します。

    2. ブラウザ アプリを選択します。

    3. 左側のメニューで下にスクロールし、 Session replayをクリックします。

    4. 各リプレイをクリックしてセッションの詳細を表示します。

  • Errors inboxページ:

    1. 左側のbrowserメニューで、Errors をクリックします。

    2. エラーに添付されたリプレイを表示するには、 TriageページとGroup errorsページをクリックします。

トラブルシューティング

セッションリプレイを手動で記録する

必要に応じて、 APIメソッドを使用してセッションリプレイをプログラムで呼び出すことができます。 以下に使用例をいくつか示します。

  • ユーザーがインタラクション記録をオプトインできるようにします。 たとえば、「パフォーマンス分析のためにこのセッションを記録することを許可しますか?」というポップアップが表示された場合:

    1. ユーザーの同意を得たら、 NREM.startSessionReplayを呼び出して録音を開始します。
    2. セッションが完了するか同意が取り消されたら、 NREM.stopSessionReplayを使用してデータのキャプチャを停止します。
  • 特定の基準に基づいてセッションを記録します。 例えば:

    • 製品のチェックアウトフローなど、特定の URL 上のセッションのみの記録を開始します。
    • /billing/health-recordsなどの機密ページの記録を停止します。

手順については API ドキュメントを参照してください。

手動録画中にすべてのユーザー インタラクションを確実にキャプチャするには、アプリケーション設定でサンプリング レートを 0% に設定します。

Nerdgraphを使用してリプレイ設定を構成する

を使用する代わりに、 NerdGraphAPI を使用してセッションリプレイ設定を構成できます。UIこの方法は、複数のbrowserにサンプリング レートを適用するなど、一括変更が必要な場合に役立ちます。

デフォルト設定で新しいbrowserアプリケーションを作成するためのミューテーションと変数の例を次に示します。

突然変異

変数

mutation SessionReplayConfigUpdate(
$guid: EntityGuid!
$settings: AgentApplicationSettingsUpdateInput!
) {
agentApplicationSettingsUpdate(guid: $guid, settings: $settings) {
browserSettings {
sessionReplay {
blockSelector
errorSamplingRate
maskTextSelector
enabled
collectFonts
inlineImages
inlineStylesheet
samplingRate
maskAllInputs
maskInputOptions {
color
date
datetimeLocal
email
month
number
range
search
select
tel
text
textArea
time
url
week
}
}
}
errors {
field
errorClass
description
}
}
}
{
"sessionReplay": {
"enabled": true,
"collectFonts": true,
"blockSelector": ".private-fields",
"maskTextSelector": "*",
"inlineStylesheet": false,
"maskAllInputs": true,
"maskInputOptions": {
"color": true,
"date": true,
"textArea": true
},
"samplingRate": 9.99,
"errorSamplingRate": 1.11
}
}

データ消費

消費量を表示

2024 年 5 月 8 日まで、セッションリプレイ バイトが無料の間は、バイトが有料になった後の計画に役立てるために消費量を確認できます。

  1. Application Settingsに移動します。

  2. Session replayまでスクロールダウンします。

  3. Session sample sizeセクションで、 View your account's consumptionをクリックします。

    screenshot of application settings page

有料消費の計画

2024 年 5 月 8 日以降、セッションリプレイは他のbrowserバイトと同じ消費価格設定に従います。 生成されるバイトの量は、セッションの数、長さ、ユーザー アクティビティ レベル、およびサイトの DOM の複雑さによって異なります。

リプレイあたりのコストを予測する最も正確な方法は、短いテスト期間で機能を有効にして、実際の消費量を測定することです。 あるいは、リプレイ 1 回あたりの平均 5.3 MB を大まかな概算として使用することもできますが、実際のコストは大幅に異なる可能性があることに留意してください。 おおよそのコストを予測する簡単な式は次のとおりです: sessions x sampling_rate x gb_per_replay x cost_per_gb

  • 例: sessions: 1 million x sampling_rate: 5% x gb_per_replay: 0.0053 x cost_per_gb: $0.30 = $79.50 for 50,000 replays

消費量を制御するには、サンプリング レートを調整します

ユーザーのプライバシーとセキュリティに関する懸念

当社はデータのプライバシーを重視しているため、機密性の高い顧客情報の潜在的な共有を制限するように設計された強力なデフォルトのプライバシー設定を備えたセッションリプレイを構築しました。 これらの設定は、プライバシー要件に合わせてさらにカスタマイズできます

セッションリプレイではスクリーンショットやビデオは保存されません。 ユーザーエクスペリエンスを再現するために必要な重要な DOM 状態の変更のみを記録します。 その結果、保存されるデータの量が大幅に減少します。

セッションリプレイとアプリのパフォーマンス

セッションリプレイは、以下によりアプリのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えます。

  • 初期影響を最小限に抑える: セッションリプレイはページ全体の読み込み後に非同期で読み込まれるため、初期のページ読み込みパフォーマンス メトリクスに干渉しません。

  • DOM 変更追跡: ロードされると、セッションリプレイ モニター DOM の変更が圧縮ペイロードとして報告されます。 これらのペイロードのサイズは、DOM ツリーの複雑さと相関します。

  • パフォーマンスの最適化手法: DOM が大きい場合、ペイロード サイズも増加する可能性があります。 ただし、セッションリプレイはペイロード サイズを削減するために次のようなさまざまな手法を使用します。

    • GZIP圧縮

    • 重複の削減

    • 戦略的なペイロード収集: 完全な DOM がキャプチャされた場合にのみ大きな (圧縮された) ペイロードを送信します。これは通常、再生機能が最初にインポートされたときにのみ発生します。 その後は、ユーザーのアクションに関連する小さなペイロードのみが送信されます。 Browser Agent は、次のいずれかが発生した時点で収集を行います。

      • ペイロードは圧縮すると64KBを超える
      • 60秒経過
      • ページの可視性の変更(タブの変更、フォーカス、ナビゲーションなど)
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.