• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ユーザー管理機能

ユーザー管理の分野では、機能とは、カスタムロールに追加できるようにしたNewRelicで実行できるきめ細かい機能です。これらの機能は、ビルド前の標準の役割にも関連付けられています。機能の例は次のとおりです。APMアプリの設定を表示したり、アラート条件を変更したり、データ保持設定を管理したりする機能。

ロールの機能を確認するには、ユーザー管理UIに移動して、特定のロールを表示します。このUIの場所は、ユーザーが使用しているユーザーモデルによって異なります。

機能とは何ですか?

完全な権限を持つNewRelicフルプラットフォームユーザー(たとえば、デフォルトの管理者グループにいる場合)は、プラットフォームのすべての機能を使用できます。New Relicでできることのいくつかは、ロール機能として利用できるようになりました。カスタムロールに追加したり、カスタムロールから削除したりできます。これらを使用して、デフォルトで使用可能な標準のロールを区別します。私たちが目に見えるようにして選択できるようにした機能は、組織が制御するのに役立つと思われる機能です。

多くの New Relic 機能が表示されず、選択可能ではありません。たとえば、任意のユーザーとしてアクセスでき、機能によって制限されないさまざまな UI ページがあります。別の例として、組織管理設定を持つグループのユーザーは、組織レベルの設定を構成できますが、その権限はカスタム ロールに追加することはできません。

役割機能に関するその他の重要なポイント:

  • 機能は変更される可能性があります。UIで公開する機能は、変更および再編成される可能性があります。このドキュメントの機能は、2022年6月に最後に更新されました。
  • 一部の機能は機能が重複しています。そのため、UIで一部の機能チェックボックスを選択すると、他のボックスが自動的にオンまたはオフになります。
  • 機能はデータのクエリに影響しません。ほとんどの機能は、New Relic UIおよびAPIエクスペリエンスに適用され、データのクエリには適用されません。たとえば、機能によってAPM UIへのアクセスが制限されている場合でも、そのアカウントにアクセスできる場合は、NewRelicでAPMデータをクエリできます。一部のプロジェクトまたはユーザーに対してより強固なデータ境界が必要な場合は、データをさまざまなアカウントにセグメント化して、それらの境界を作成できます。

ユーザー権限を制御する主な方法の詳細については、「 ユーザー管理の概念」を参照してください。

事前に構築された役割

事前に構築された役割には、さまざまな機能のグループがあります。事前に作成された役割がどのように機能するかは、使用しているユーザーモデルによって異なります。

機能の定義

これは、機能UIで使用できる機能のスクリーンショットです。これらは、New Relicで実行できるすべてのサブセットにすぎず、カスタムロールを有効または無効にするために役立つと思われる特定の機能を表しています。

これらの機能の詳細については、以下のカテゴリを選択してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.