• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

Azure Monitor 統合による Azure Time Series Insights サービス

New Relic の統合には、 Microsoft Azure Time Series Insights メトリクスおよびその他のデータを New Relic にレポートするための統合が含まれます。このドキュメントでは、統合を有効にする方法と、レポートされるデータについて説明します。

特徴

New Relic は、Azure Time Series Insights サービスのメトリック データを Azure Monitor から収集します。Azure Time Series Insights は、取り込まれ、クエリされるデータの量に基づいて、簡単にスケールアップまたはスケールダウンできます。これにより、データ量の急増に対処するために必要なリソースが確保されます。

New Relicを使うと、以下のことができます。

統合をアクティブ化する

標準の Azure Monitor 統合手順 に従って、New Relic インフラストラクチャの監視で Azure サービスを有効にします。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度を変更し、データをフィルタリングできます。

New Relic は、既定の ポーリング 間隔に従って、Azure Monitor 統合を通じて Azure Time Series Insight サービスにクエリを実行します。

データを見つけて使用する

統合データを調べるには、 one.newrelic.com/infra > Azure > (統合を選択)に移動します。

メトリックデータ

この統合では、以下の メトリックデータを収集します

Azure Time Series Insights メトリック

メトリック

説明

IngressReceivedBytes

すべてのイベント ソースから読み取られたバイト数。

IngressReceivedInvalidMessages

すべてのイベント ハブまたは IoT ハブ イベント ソースから読み取られた無効なメッセージの数。

IngressReceivedMessages

すべてのイベント ハブまたは IoT ハブ イベント ソースから読み取られたメッセージの数。

IngressReceivedMessagesCountLag

イベント ソース パーティション内の最後にキューに入れられたメッセージのシーケンス番号と、Ingress で処理されているメッセージのシーケンス番号の差。

IngressReceivedMessagesTimeLag

メッセージがイベント ソースのキューに入れられた時間と、Ingress で処理された時間との差。

IngressStoredBytes

正常に処理され、クエリに使用できるイベントの合計サイズ。

IngressStoredEvents

正常に処理され、クエリに使用できるフラット化されたイベントの数

WarmStorageMaxProperties

S1/S2 SKU の環境で許可される使用プロパティの最大数と、PAYG SKU のウォーム ストアで許可されるプロパティの最大数。

WarmStorageUsedProperties

S1/S2 SKU の環境で使用されるプロパティの数と、PAYG SKU の Warm Store で使用されるプロパティの数。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.