• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Azure Power BI 専用キャパシティ・モニタリングの統合

当社は、Azure Power BI Dedicatedのデータを当社のプラットフォームに報告するためのクラウド統合を提供しています。ここでは、統合を有効にする方法と、どのようなデータを収集するかを説明します。

統合機能の有効化

統合を有効にするには、標準的な手順に従って、 Azure サービスを有効にしてください。.

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

デフォルト ポーリング Azure Power BI Dedicated統合の情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > Azureに移動し、統合を選択します。

データは、次のイベントタイプに添付されます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

容量

AzurePowerBIDedicatedCapacitySample

AzurePowerBIDedicatedCapacity

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、Azure Power BI DedicatedのデータをCapacityに収集します。

Power BI 専用の容量データ

メトリック

ユニット

説明

queryDurationMilliseconds

ミリ秒

最後のインターバルでのDAXクエリの時間

queryPoolJobQueueLength

Count

クエリスレッドプールのキューに入っているジョブの数。

qpuHighUtilizationMetric

Count

直前のQPU使用率が高い場合は1、そうでない場合は0

memoryMetricBytes

バイト

メモリ。範囲はA1が0~3GB、A2が0~5GB、A3が0~10GB、A4が0~25GB、A5が0~50GB、A6が0~100GBです。

memoryThrashingMetricPercent

パーセント

平均的なメモリースラッシング。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.