• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

Azure Power BI 専用キャパシティ・モニタリングの統合

当社は、Azure Power BI Dedicatedのデータを当社のプラットフォームに報告するためのクラウド統合を提供しています。ここでは、統合を有効にする方法と、どのようなデータを収集するかを説明します。

統合機能の有効化

統合を有効にするには、標準的な手順に従って、 Azure サービスを有効にしてください。.

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

デフォルト ポーリング Azure Power BI Dedicated統合の情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > All capabilities > Infrastructure > Azure に移動し、統合を選択します。

データは、次のイベントタイプに添付されます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

容量

AzurePowerBIDedicatedCapacitySample

AzurePowerBIDedicatedCapacity

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、Azure Power BI DedicatedのデータをCapacityに収集します。

Power BI 専用の容量データ

メトリック

ユニット

説明

queryDurationMilliseconds

ミリ秒

最後のインターバルでのDAXクエリの時間

queryPoolJobQueueLength

Count

クエリスレッドプールのキューに入っているジョブの数。

qpuHighUtilizationMetric

Count

直前のQPU使用率が高い場合は1、そうでない場合は0

memoryMetricBytes

バイト

メモリ。範囲はA1が0~3GB、A2が0~5GB、A3が0~10GB、A4が0~25GB、A5が0~50GB、A6が0~100GBです。

memoryThrashingMetricPercent

パーセント

平均的なメモリースラッシング。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.