• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Azure Database for MySQLモニタリング統合

New Relic の統合 には、 Microsoft Azure Database for MySQL メトリクスなどのデータを New Relic に報告するための統合があります。このドキュメントでは、統合を有効にする方法と、報告されるデータについて説明します。

特徴

New Relicは、Azure Database for MySQLサービスからデータベースデータを収集します。Azure Database for MySQLサービスは、完全に管理されたエンタープライズ対応のMySQL Communityデータベースをサービスとして提供します。このサービスでは、高可用性、弾力的なスケーリング、自動バックアップ、および静止時と移動時のデータ保護が提供されています。

New Relicを使うと、以下のことができます。

統合をアクティブ化する

標準的な手順に従い、New Relic Infrastructure で Azure サービスを有効化します。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

New Relic は、デフォルトの ポーリング の間隔に従って、Azure Database サービスに問い合わせを行いますが、これはインテグレーションによって異なります。Azure Database for MySQL の統合の場合。

  • ポーリングの間隔5分(推奨最大ポーリング頻度:1時間)
  • 解像度は1データポイント/分

データを見つけて使用する

統合データを調べるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > Azure > (統合を選択)に移動します。

単一のデータベースに関するデータは、プロバイダー値AzureMySqlServerAzureMySqlServerSampleイベントタイプに関連付けられます。

メトリックデータ

この統合では、以下の メトリックデータを収集します

データベースサンプルのメトリクス

メトリック

説明

activeConnections

アクティブな接続の数。

backupStorageUsedBytes

使用されたバックアップストレージ(バイト)。

connectionsFailed

接続に失敗した回数。

cpuPercent

CPUの使用率。

memoryPercent

使用されているメモリの割合。

networkEgressBytes

アクティブな接続におけるネットワークアウト(単位:バイト)。

networkIngressBytes

アクティブな接続のネットワークイン(単位:バイト)。

secondsBehindMaster

レプリケーション・ラグ(単位:秒)。

serverlogStorageLimitBytes

サーバーログの保存容量の上限(単位:バイト)。

serverlogStoragePercent

サーバーログストレージの使用率。

serverlogStorageUsageBytes

使用されているサーバーログのストレージ容量(単位:バイト)。

storageLimitBytes

利用可能なストレージの量をバイト単位で表します。

storagePercent

利用可能なストレージの使用率。

storageUsedBytes

使用されたストレージの量(バイト)。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.