• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

Azure ネイティブ New Relic サービスの概要

チームが Azure を介してソフトウェアとクラウド サービスをデプロイする場合、 Azure ネイティブ New Relic サービスを使用すると 、Azure と New Relic の統合を管理し、インフラストラクチャ エージェントと .NET および Java を管理およびインストールできます。 エージェントは、すべて Azure ポータルから直接アクセスできます。

Azure ネイティブの New Relic サービスを使用すると、次のことが可能になります。

  • Azure 上に構築されたネイティブに統合されたサービスとして、New Relic を簡単にオンボードして使用できます。
  • New Relic を含め、Azure で使用するすべてのリソースに対して 1 つの請求書を取得します。
  • New Relic の Azure サブスクリプション アクティビティとリソース ログを自動的に監視します。
  • New Relic を使用して Azure メトリックを自動的に監視します。
  • 単一のエクスペリエンスを使用して、仮想マシンとアプリ サービスに New Relic エージェントをインストールおよびアンインストールします。

さらに、500 以上の統合のいずれかを使用して、必要な場合があるその他の Azure 関連以外の監視に New Relic を使用できます。

利用可能な New Relic 機能に関する注意事項

  • Enterprise エディション は現在利用できません。
  • このサービスには Data Plus オプションが付属していますが、すべての Data Plus 機能が利用できるわけではありません。たとえば、HIPAA および FedRAMP 準拠のデータはまだ利用できません。詳しくはデータプラスをご覧ください。

Azure 関連の機能と課金の詳細については、Azure Marketplaceを参照してください。

Azure のプライベート オファーも利用可能で、お客様にカスタム価格、契約条件を提供します。これに興味がある場合は、New Relic アカウント担当者にお問い合わせください。 Azure Marketplaceで New Relic Azure のプライベート オファーを表示できます。

Azure ネイティブの New Relic サービスを入手する

これを設定する方法についての短いビデオを次に示します。

詳細なドキュメントについては、 Microsoft Azure ドキュメント サイトを参照してください。このサービスのセットアップ方法の簡単な要約を次に示します。

  1. Azure Marketplace で、Azure Native New Relic Service をサブスクライブします。

  2. Azure ポータルで、New Relic リソースを作成します。

  3. [ Create a New Relic resource]を選択して新しい New Relic アカウントを作成するか、既存の New Relic リソースをリンクして既存のリソースにリンクすることができます。

  4. 表示されるプロンプトを完了し、 [確認と作成]を選択します。

  5. [リソース構成] タブで、サービスがメトリックとログを報告する方法を構成します。

  6. アプリ サービス に移動して、

    エージェント。 仮想マシン に移動して、インフラストラクチャ エージェントを有効にします。

  7. Azure Portal の [監視対象リソース] タブで、New Relic がデータを受信していることを確認します。緑色のチェックマークが付いたリソースは、New Relic にデータを送信しています。

セットアップの詳細については、 Microsoft Azure ドキュメント サイトを参照してください。

Azure Portal の [監視対象リソース] タブには、すべてのリソースと、それらのメトリックおよびログ レポートの状態が表示されます。

New Relicにログイン

New Relic リソースを作成し、Azure がそれにデータを送信していることを確認したら、New Relic に移動できます。

New Relic にログインするには:

  1. 新しいリソースの Azure の概要ページで、[ Login to New Relic account ] をクリックします。
  2. 新しいパスワードを作成する必要があります。これを行うには、[パスワードを忘れた] をクリックします。
  3. メールアドレスを入力してください。Azure アカウントに使用するものと同じである必要があります。

New Relic の次のステップ

New Relic を使用したら、次に何をすべきかについていくつかのアイデアを以下に示します。

価格の詳細

価格の詳細とその他の機能の説明については、Azure Marketplaceを参照してください。

統合内容

このサービスは 、Azure Monitor 統合に依存しています。

データセンターに関する注意事項

Azure Native New Relic Service は、データを Microsoft の Azure データ センターに直接保存します。現在、Azure ネイティブ サービスは、Azure の米国東部リージョンにすべてのデータを格納しています。

New Relic のログ パターン サービスは、Amazon Web Services でのみ動作します。New Relic ログ パターンを使用することにより、New Relic がお客様のデータをアマゾン ウェブ サービスに移動し、データを処理することに同意するものとします。これは、データを New Relic の Azure データ センターに保存するか、Amazon Web Services データ センターに保存するかにかかわらず適用されます。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.