• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Azure Monitor 統合による Azure Device Provisioning サービス

New Relic の統合には、 Microsoft Azure Device Provisioning Service の メトリクスやその他のデータを New Relic にレポートするための統合が含まれています。このドキュメントでは、統合を有効にする方法と、レポートされるデータについて説明します。

特徴

New Relic は、Azure Device Provisioning Service のメトリック データを Azure Monitor から収集します。IoT Hub デバイス プロビジョニング サービス (DPS) は、人間の介入を必要とせずに、適切な IoT ハブへのゼロタッチでジャストインタイムのプロビジョニングを可能にする IoT ハブのヘルパー サービスで、顧客は安全かつスケーラブルな環境で数百万のデバイスをプロビジョニングできます。やり方。

New Relicを使うと、以下のことができます。

統合をアクティブ化する

標準の Azure Monitor 統合手順 に従って、New Relic インフラストラクチャの監視で Azure サービスを有効にします。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度を変更し、データをフィルタリングできます。

New Relic は、既定の ポーリング 間隔に従って、Azure Monitor 統合を通じて Azure Device Provisioning Service にクエリを実行します。

データを見つけて使用する

統合データを調べるには、 one.newrelic.com/infra > Azure > (統合を選択)に移動します。

メトリックデータ

この統合により、次の メトリック データが収集されます。

Azure Device Provisioning Service メトリック

メトリック

説明

AttestationAttempts

試行されたデバイス認証の数。

DeviceAssignments

IoT ハブに割り当てられたデバイスの数。

RegistrationAttempts

試行されたデバイス登録の数。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.