• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Azure Redis Cacheモニタリングの統合

New Relic infrastructure monitoring は、 Microsoft Azure Redis Cache の統合を提供し、New Relic にデータを報告します。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、取得できるデータについて説明します。

機能

New RelicのAzure Redis Cache用インテグレーションは、接続しているクライアント数、使用されたGETおよびSETコマンドの数、1秒あたりの書き込み/読み取りバイト数など、Azure Redis Cacheサービスに関するメトリクスをレポートします。また、サービスのステータスや構成に関するインベントリーデータも収集します。

New Relic Infrastructure UI から、Azure Redis Cache のデータを監視したり、アラートを出したりすることができ、 カスタムクエリやチャートダッシュボード を作成することができます。

統合を有効にする

この統合を有効にするには、標準的な手順に従って、 New Relic で Azure サービスを有効にします。

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング Azure Functionsインテグレーションの情報です。

  • デフォルトのポーリング間隔。5分
  • 解像度は1データポイント/分

データの検索と使用

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure> Azure にアクセスし、Azure Redis Cache 統合を選択します。

データの問い合わせや探索には、 AzureRedisCacheSample イベントタイプ と、サービスにシャードが構成されている場合には、 AzureRedisCacheShardSample イベントタイプを使用することができます。[](/docs/insights/use-insights-ui/getting-started/introduction-new-relic-insights#event-type)

統合データの見つけ方と使い方については、 Understand and use data を参照してください。

メトリックデータ

Azure Redis Cache 統合によって報告されたメトリクスを表示するには、 AzureRedisCacheSample または AzureRedisCacheShardSample イベントタイプを照会します。各メトリックに関連するメタデータを使用して、 報告されているデータをフィルタリングおよびファセット します。メトリックの詳細情報については、 Azure supported metrics のドキュメントを参照してください。詳細については、 Azure Redis Cache documentation を参照してください。

メトリック

説明

メタデータ

キャッシュヒット

成功したキールックアップの数。

shardId

キャッシュミセス

失敗したキールックアップの数。

shardId

cacheReadBytesPerSecond

キャッシュから読み込んだデータの量(メガバイト/秒)。

shardId

cacheWriteBytesPerSecond

キャッシュに書き込まれたデータの量(メガバイト/秒)。

shardId

接続されたクライアント

キャッシュに対するクライアントの接続数。

shardId

evictedKeys

maxmemory の制限により、キャッシュから退避させられたアイテムの数。

shardId

期限切れキー

キャッシュから期限切れになったアイテムの数。

shardId

getCommands

キャッシュからの取得操作の回数。

shardId

オペレーションズパーセコンド

キャッシュサーバーで1秒あたりに処理されるコマンドの数。

shardId

プロセッサータイムパーセンテージ

Azure Redis CacheサーバーのCPU使用率をパーセンテージで表示します。

shardId

serverLoadPercent

Redisサーバーが処理に忙しく、メッセージをアイドル的に待っていないサイクルの割合。

shardId

setCommands

キャッシュに対するセット操作の回数。

shardId

totalCommandsProcessed

キャッシュで処理されたコマンドの総数。

shardId

トータルキーズ

指定された時間帯のキャッシュ内のキーの最大数。

shardId

usedMemoryBytes

キャッシュ内のキー/バリューペアに使用されるキャッシュメモリの量(単位:メガバイト)。

shardId

usedMemoryRssBytes

フラグメンテーションやメタデータを含む、使用されているキャッシュメモリの量をメガバイトで表したもの。

shardId

インベントリデータ

インベントリデータは、システムの状態や構成に関する情報です。この統合では、以下のデータがレポートされます。

azure/rediscache/cache

  • isPremium
  • provisioningState
  • ホスト名
  • port
  • sslPort
  • redisVersion
  • 非SSLポート
  • shardCount
  • サブネットID
  • staticIP
  • コンフィギュレーション
  • skuName
  • skuFamily
  • スキューキャパシティ
  • id
  • name
  • 種類
  • リージョン名
  • タグ

azure/rediscache/shard

一部のプレミアムRedis Cacheアカウントのみがシャードデータを生成します。そのデータがある場合は、標準の /cache のインベントリデータに加えて、 shardName が報告されます。

問題を作成する
Copyright © 2022 New Relic Inc.