• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Azure Functionsのモニタリング統合

当社の インフラストラクチャモニタリング では、 Microsoft Azure Functions の統合を提供し、Azure Functions サービスから New Relic にデータを報告します。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、取得できるデータについて説明します。

機能

当社のAzure Functionsインテグレーションは、関数の実行数、送受信バイト数、HTTPエラー数など、Functionsサービスに関するメトリックデータをレポートします。また、サービスのステータスや構成に関するデータも収集します。

インフラストラクチャモニタリング でAzure Functionsのデータを監視し、アラートを出すことができます。また、 カスタムクエリやチャートダッシュボード を作成することができます。

統合を有効にする

この統合を有効にするには、標準的な手順に従って、 インフラストラクチャ・モニタリングのためのAzureサービスを有効にしてください。

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング Azure Functionsインテグレーションの情報です。

  • ポーリングの間隔。5分
  • 解像度は1データポイント/分

データの検索と使用

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com 、トップナビで Infrastructure をクリックし、次に Azure をクリックして、統合を探します。

データを照会して探索する AzureFunctionsAppSample イベントタイプ を使用することができます。インベントリ データは、 provider の値 AzureFunctionsApp を持ちます。

統合データの見つけ方と使い方については、 Understand and use data を参照してください。

メトリックデータ

Azure Functions 統合によって報告されたメトリクスを表示するには、 AzureFunctionsAppSample イベントタイプを照会します。各メトリックに関連するメタデータを使用して、 フィルタリングやファセット 報告されているデータを表示します。メトリクスの詳細情報については、 Azure supported metrics のドキュメントを参照してください。

メトリック

説明

メタデータ

averageMemoryWorkingSetBytes

メモリワーキングセットの平均カウント(バイト)。

インスタンス

functionExecutionCount

機能の実行回数。

インスタンス

functionExecutionUnits

ユニットでの機能実行

インスタンス

http5xx

HTTPサーバーエラーの総数 500~599

インスタンス

メモリワーキングセットバイト

ワーキングセットのメモリの総バイト数。

インスタンス

受信バイト

機能で受信した総バイト数

インスタンス

sentBytes

機能が送信した総バイト数

インスタンス

インベントリデータ

有効期限(EOL)の通知

2022年3月以降は、クラウド統合用のインベントリデータなど、いくつかの機能のサポートを終了します。この移行に向けて簡単に準備できる方法など、詳細については、 Explorers Hubの投稿 をご覧ください。

インベントリデータは、システムの状態や構成に関する情報です。インベントリデータの見つけ方と使い方の詳細は、 データの理解と利用 をご覧ください。

Azure Functionsインテグレーションは、このインベントリデータをレポートします。

  • alwaysOn
  • アベイラビリティステート
  • clientAffinityEnabled
  • clientCertEnabled
  • コンテナサイズ
  • コルセット
  • defaultDocuments
  • defaultHostName
  • detailedErrorLoggingEnabled
  • enabled
  • enabledHostNames
  • gatewaySiteName
  • ホスト名
  • HostNameBinding
  • hostNamesDisabled
  • HostNameSslStates
  • httpLoggingEnabled
  • isPremiumApp
  • lastModifiedTime
  • ロードバランシング
  • logsDirectorySizeLimit
  • managedPipelineMode
  • マイクロサービス
  • netFrameworkVersion
  • 労働者数
  • オペレーティングシステム
  • アウトバウンドIpAddresses
  • phpVersion
  • プラットフォームアーキテクチャ
  • remoteDebuggingEnabled
  • remoteDebuggingVersion
  • リポジトリサイト名
  • scmType
  • ステート
  • scmSiteAlsoStopped
  • ストレージアカウント
  • targetSwapSlot
  • トレーシングオプション
  • 使用状態

その他のシステムデータ

また、Azure Functionsインテグレーションは、サービスとその構成に関するこれらの 属性 を収集します。

  • アベイラビリティステート
  • defaultHostName
  • enabled
  • isPremiumApp
  • javaVersion
  • netFrameworkVersion
  • ノードバージョン
  • オペレーティングシステム
  • phpVersion
  • パイソンバージョン
  • プラットフォームアーキテクチャ
  • ステート
  • 使用状態
Copyright © 2022 New Relic Inc.