• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Azure Monitor 統合による Azure Synapse Analytics サービス

New Relic の統合には、 Microsoft Azure Synapse Analytics メトリクスやその他のデータを New Relic にレポートするための統合が含まれます。このドキュメントでは、統合を有効にする方法と、レポートされるデータについて説明します。

特徴

Azure Synapse Analytics は、データ ウェアハウスとビッグ データ システム全体で洞察を得るまでの時間を短縮するエンタープライズ分析サービスです。エンタープライズ データ ウェアハウジングで使用される SQL テクノロジ、ビッグ データ用の Apache Spark テクノロジ、ログおよび時系列分析用の Azure Data Explorer の最高の機能が 1 つにまとめられています。

New Relicを使うと、以下のことができます。

統合をアクティブ化する

標準の Azure Monitor 統合手順 に従って、New Relic インフラストラクチャの監視で Azure サービスを有効にします。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度を変更し、データをフィルタリングできます。

New Relic は、既定の ポーリング 間隔に従って、Azure Monitor 統合を通じて Azure Synapse Analytics サービスにクエリを実行します。

データを見つけて使用する

統合データを調べるには、 one.newrelic.com/infra > Azure > (統合を選択)に移動します。

メトリックデータ

この統合により、次の メトリック データが収集されます。

Azure Synapse Analytics メトリック

メトリック

説明

BuiltinSqlPoolDataProcessedBytes

クエリによって処理されたデータの量。

BuiltinSqlPoolLoginAttempts

成功または失敗したログイン試行の数。

BuiltinSqlPoolRequestsEnded

成功、失敗、またはキャンセルされたリクエストの数。

IntegrationActivityRunsEnded

成功、失敗、またはキャンセルされた統合アクティビティの数。

IntegrationLinkConnectionEvents

開始、停止、失敗を含む Synapse Link 接続イベントの数。

IntegrationLinkProcessedChangedRows

Synapse Link によって処理される行数が変更されました。

IntegrationLinkProcessedDataVolume

Synapse Link によって処理されるデータ量 (バイト単位)。

IntegrationLinkProcessingLatencyInSeconds

Synapse Link のデータ処理遅延 (秒単位)。

IntegrationLinkTableEvents

スナップショット、削除、障害を含む Synapse Link テーブル イベントの数。

IntegrationPipelineRunsEnded

成功、失敗、またはキャンセルされた統合パイプライン実行の数。

IntegrationTriggerRunsEnded

成功、失敗、またはキャンセルされた統合トリガーの数。

SQLStreamingBackloggedInputEventSources

バックログされた入力イベント ソースの数。

SQLStreamingConversionErrors

予期された出力スキーマに変換できなかった出力イベントの数。このシナリオが発生したイベントをドロップするには、エラー ポリシーを「ドロップ」に変更できます。

SQLStreamingDeserializationError

逆シリアル化できなかった入力イベントの数。

SQLStreamingEarlyInputEvents

早期到着ポリシーに従って、アプリケーション時間が到着時間と比較して早いとみなされる入力イベントの数。

SQLStreamingInputEventBytes

ストリーミング ジョブによって受信されたデータの量 (バイト単位)。これは、イベントが入力ソースに送信されていることを検証するために使用できます。

SQLStreamingInputEvents

入力イベントの数。

SQLStreamingInputEventsSourcesPerSecond

1 秒あたりの入力イベント ソースの数。

SQLStreamingLateInputEvents

遅延到着ポリシーに従って、アプリケーション時間が到着時間に比べて遅いとみなされる入力イベントの数。

SQLStreamingOutOfOrderEvents

イベント ハブ入力アダプターによって受信されたイベント ハブ イベント (シリアル化されたメッセージ) のうち、イベント順序付けポリシーに基づいて、ドロップされたか、調整されたタイムスタンプが付与された、順序どおりに受信されなかったイベント ハブ イベントの数。

SQLStreamingOutputEvents

出力イベントの数。

SQLStreamingOutputWatermarkDelaySeconds

出力ウォーターマーク遅延 (秒単位)。

SQLStreamingResourceUtilization

リソース使用率をパーセンテージで表します。使用率が高いということは、ジョブが割り当てられたリソースの最大値に近い値を使用していることを示します。

SQLStreamingRuntimeErrors

クエリ処理に関連するエラーの合計数 (イベントの取り込み中または結果の出力中に見つかったエラーを除く)。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.