• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Azure Monitoring 統合による Azure Storage Sync サービス

New Relic の統合には、 Microsoft Azure Storage Sync メトリクスおよびその他のデータを New Relic にレポートするための統合が含まれています。このドキュメントでは、統合を有効にする方法と、レポートされるデータについて説明します。

特徴

New Relic は、Storage Sync サービス用に Azure Monitor からメトリクス データを収集します。Azure Storage Sync により、オンプレミスの Windows サーバーと Azure Storage の間でデータの同期が可能になります。Azure Storage Sync を使用すると、ファイル サービスを Azure に一元化し、データをオンプレミスの Windows サーバーにキャッシュして、他のユーザーやアプリケーションが利用できるようにすることができます。

New Relicを使うと、以下のことができます。

統合をアクティブ化する

標準の Azure Monitor 統合手順 に従って、New Relic インフラストラクチャの監視で Azure サービスを有効にします。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度を変更し、データをフィルタリングできます。

New Relic は、デフォルトの ポーリング 間隔に従って Azure Storage Sync サービスをクエリします。

データを見つけて使用する

統合データを調べるには、 one.newrelic.com/infra > Azure > (統合を選択)に移動します。

メトリックデータ

この統合では、以下の メトリックデータを収集します

Azure Storage Sync メトリクス

メトリック

説明

ServerSyncSessionResult

サーバー エンドポイントがクラウド エンドポイントとの同期セッションを正常に完了するたびに、値 1 を記録するメトリック。

StorageSyncBatchTransferredFileBytes

同期セッションで転送された合計ファイル サイズ。

StorageSyncComputedCacheHitRate

キャッシュから提供されたバイトの割合。

StorageSyncRecallComputedSuccessRate

成功したすべてのリコールの割合。

StorageSyncRecalledNetworkBytesByApplication

アプリケーションによって呼び出されるデータのサイズ。

StorageSyncRecalledTotalNetworkBytes

リコールされたデータのサイズ。

StorageSyncRecallThroughputBytesPerSecond

データリコールスループットのサイズ。

StorageSyncServerHeartbeat

再署名されたサーバーがクラウド エンドポイントとのハートビートを正常に記録するたびに、値 1 をログに記録するメトリック。

StorageSyncSyncSessionAppliedFilesCount

同期されたファイルの数。

StorageSyncSyncSessionPerItemErrorsCount

同期に失敗したファイルの数。

StorageSyncTieringCacheSizeBytes

サーバー上にキャッシュされたデータのサイズ。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.