• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Azure SQL Managed Instancesのモニタリング統合

New Relic では、Microsoft Azure SQL Managed Instances のデータをレポートするための統合を提供しています。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

統合をアクティブ化する

統合を有効にするには、標準的な手順に従って、 New Relic で Azure サービスを有効にします。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

Azure SQL Managed Instancesインテグレーションのデフォルトのポーリング情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分

データの表示と使用

統合データを表示するには、 one.newrelic.com > All capabilities > Infrastructure > Azure に移動し、統合を選択します。

次のイベントタイプを使用して、データのクエリと探索を行うことができます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

実例

AzureSqlManagedInstanceSample

AzureSqlManagedInstance

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、インスタンスのAzure SQL Managed Instancesデータを収集します。

SQL Managed Instances インスタンスデータ

メトリック

ユニット

説明

avgCpuPercent

パーセント

平均的なCPUの割合

ioReadBytes

バイト

IOバイトリード

ioRequests

Count

IOリクエスト数

ioWrittenBytes

バイト

書き込まれたIOバイト

reservedStorage

Count

ストレージスペースの確保

storageSpaceUsed

Count

使用するストレージ容量

virtualCore

Count

バーチャルコア数

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.