• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Azure Load Balancerのモニタリング統合

New Relic infrastructure monitoring は、 Microsoft Azure Load Balancer の統合を提供し、Azure Load Balancer サービスから New Relic にデータを報告します。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、取得可能なデータについて説明します。

機能

New RelicのAzure Load Balancer用インテグレーションは、ロードバランスセットで定義されたサービスのインスタンス間でトラフィックを分配するTCPおよびUDPロードバランサーに関するメトリックデータをレポートします。メトリクスデータには、仮想IPやダイナミックIPの可用性、処理されたバイト数やパケット数などが含まれます。また、サービスのステータスや構成に関するデータも収集します。

New Relicを使うと、以下のことができます。

要件

ロードバランサーのメトリクスは、Microsoft Load Balancer Standard SKUを使用している場合にのみ収集されます。

統合を有効にする

統合を有効にするには

  1. Microsoft Load Balancer Standard SKU を使用していることを確認してください。
  2. 標準的な手順に従い、New Relic Infrastructure で Azure サービスを有効化します。

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

New Relic は、デフォルトの ポーリング の間隔に従って、Azure Load Balancer サービスに問い合わせを行いますが、これはインテグレーションによって異なります。Azure Load Balancer 統合のポーリング頻度。

  • ポーリングの間隔。5分
  • 解像度1分

データの検索と使用

統合データを調べるにはone.newrelic.com > インフラストラクチャ> Azure> (統合を選択)

データを照会して探索する AzureLoadBalancerSample イベントタイプ, providerAzureLoadBalancer を使用することができます。

メトリックデータ

Azure Load Balancer の統合によって報告されたメトリクスを表示するには、 AzureLoadBalancerSample イベントタイプを照会します。各メトリックに関連するメタデータを使用して、 フィルタリングやファセット 報告されているデータを表示します。メトリックの詳細情報については、 Azure supported metrics のドキュメントを参照してください。

メトリック

説明

メタデータ

vipAvailability

ロードバランサーのデータパスの時間当たりの平均稼働率。

フロントエンドIPアドレス

フロントエンドポート

dipAvailability

ロードバランサーのヘルスプローブの時間当たりの平均ステータス。

フロントエンドIPアドレス

フロントエンドポート

バックエンドIPアドレス

バックエンドポート

プロトコルタイプ

バイトカウント

期間内に送信された総Byte数。

フロントエンドIPアドレス

フロントエンドポート

方向

パケットカウント

期間内に送信されたパケットの総数。

フロントエンドIPアドレス

フロントエンドポート

方向

シンカウント

時間内に送信されたSYNパケットの総数。

フロントエンドIPアドレス

フロントエンドポート

方向

snatConnectionCount

期間内に作成された新規SNAT接続(アウトバウンド接続)の総数。

フロントエンドIPアドレス

バックエンドIPアドレス

コネクションステート

割り当てられたSnatPorts

期間内に割り当てられたSNATポートの合計数。

フロントエンドIPアドレス

バックエンドIPアドレス

プロトコルタイプ

使用済みSnatPorts

期間内に使用されたSNATポートの合計数。

フロントエンドIPアドレス

バックエンドIPアドレス

プロトコルタイプ

インベントリデータ

有効期限(EOL)の通知

2022年3月以降は、クラウド統合用のインベントリデータなど、いくつかの機能のサポートを終了します。この移行に向けて簡単に準備できる方法など、詳細については、 Explorers Hubの投稿 をご覧ください。

この統合では、システムの状態や構成に関する以下の インベントリデータを収集します。

azure/loadbalancer [#inventory-load]

    • name

    • リージョン名

    • リソースグループ名

    • sku

    • 種類

azure/loadbalancer/backend-pool [#inventory-backend-pool]

    • name

    • リージョン名

    • リソースグループ名

    • virtualMachineIds

    • virtualMachineNames

azure/loadbalancer/frontend-ip [#inventory-frontend-ip]

    • ipAddress

    • ipAllocationMethod

    • isPublicIp

    • name

    • リージョン名

    • リソースグループ名

azure/loadbalancer/inbound-nat-rule [#inventory-inbound-nat]

    • バックエンドポート

    • フローティングIpEnabled

    • フロントエンドポート

    • name

    • プロトコル

    • リージョン名

    • リソースグループ名

    • timeOutInMinutes

azure/loadbalancer/probe [#inventory-probe]

    • intervalInSeconds

    • name

    • プロービング数

    • port

    • プロトコル

    • リージョン名

    • リソースグループ名

    • リクエストパス

azure/loadbalancer/rule [#inventory-rule]

    • バックエンドポート

    • フロントエンドポート

    • idleTimeoutInMinutes

    • isFloatingIp

    • name

    • プロトコル

    • リージョン名

    • リソースグループ名

Copyright © 2022 New Relic Inc.