• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Azure Functionsのモニタリング統合

当社の インフラストラクチャモニタリング では、 Microsoft Azure Functions の統合を提供し、Azure Functions サービスから New Relic にデータを報告します。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、取得できるデータについて説明します。

機能

当社のAzure Functionsインテグレーションは、関数の実行数、送受信バイト数、HTTPエラー数など、Functionsサービスに関するメトリックデータをレポートします。また、サービスのステータスや構成に関するデータも収集します。

インフラストラクチャモニタリング でAzure Functionsのデータを監視し、アラートを出すことができます。また、 カスタムクエリやチャートダッシュボード を作成することができます。

統合をアクティブ化する

この統合を有効にするには、標準的な手順に従って、 インフラストラクチャ・モニタリングのためのAzureサービスを有効にしてください。

構成とポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング Azure Functionsインテグレーションの情報です。

  • ポーリングの間隔。5分
  • 解像度は1データポイント/分

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com 、トップナビで Infrastructure をクリックし、次に Azure をクリックして、統合を探します。

AzureFunctionsAppSampleイベントタイプを使用してデータをクエリおよび探索できます。

統合データの見つけ方と使い方については、 Understand and use data を参照してください。

メトリックデータ

Azure Functions統合によって報告されたメトリックを表示するには、 AzureFunctionsAppSampleイベントタイプをクエリします。各メトリックに関連付けられたメタデータを使用して、レポートされるデータをフィルタリングおよびファセット化します。メトリック情報の詳細については、 Azureでサポートされているメトリックのドキュメントを参照してください。

メトリック

説明

メタデータ

averageMemoryWorkingSetBytes

メモリワーキングセットの平均カウント(バイト)。

instance

functionExecutionCount

機能の実行回数。

instance

functionExecutionUnits

ユニットでの機能実行

instance

http5xx

HTTPサーバーエラーの総数 500~599

instance

memoryWorkingSetBytes

ワーキングセットのメモリの総バイト数。

instance

receivedBytes

機能で受信した総バイト数

instance

sentBytes

機能が送信した総バイト数

instance

その他のシステムデータ

また、Azure Functionsインテグレーションは、サービスとその構成に関するこれらの 属性 を収集します。

  • availabilityState
  • defaultHostName
  • enabled
  • isPremiumApp
  • javaVersion
  • netFrameworkVersion
  • nodeVersion
  • operatingSystem
  • phpVersion
  • pythonVersion
  • platformArchitecture
  • state
  • usageState
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.