• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

Apache Traffic Serverの統合

当社の Apache Traffic Server 統合は、Apache Traffic Server のパフォーマンスを監視します。HTTP/HTTPS トラフィックは、いずれかまたは両方向に転送またはリバース プロキシされ、パフォーマンスとスケーラビリティの両方を提供します。

Apache Traffic Server を設定した後、Apache Traffic Server メトリクスのダッシュボードをインストールできます。

インフラストラクチャエージェントをインストールします

データを New Relic に取り込むには、インフラストラクチャ エージェントをインストールします。当社のインフラストラクチャ エージェントはデータを収集して取り込むので、アプリのパフォーマンスを追跡できます。NRI-Flex 統合をサポートするには、バージョンが 1.10.7 以降である必要があります。

インフラストラクチャ エージェントは、次の 2 つの方法でインストールできます。

Apache New Relic エージェントをインストールする

Apache 統合では、TCP 接続、DNS ルックアップ、HTTPS、SSL、サーバーとワーカーのステータスなどのネットワーク メトリックを収集します。統合をインストールするには、 ガイド付きインストールの手順に従ってください。別の方法で統合をインストールする必要がある場合は、 「Apache 監視統合」を参照してください。

メトリクスを公開する

インストールが成功したら、Apache Traffic Server が正常に起動する必要があります。そうすれば、ポート 8080your_ip で実行を開始する必要があります。メトリクス公開統計を構成する必要があります。

  1. plugin.config ファイルに移動します。

    bash
    $
    sudo nano /etc/trafficserver/plugin.config
  2. plugin.config ファイルに以下の行を追加します。

    stats_over_http.so
  3. メトリクスが以下の URL で公開されていることを確認してください。

    Apache Traffic Server のメトリクス: http://YOUR_IP:8080/_stats

Apache Traffic Server 用に NRI-Flex を構成する

Flex は New Relic インフラストラクチャ エージェントにバンドルされています。フレックス構成ファイルを作成するには、次の手順に従います。

  1. integrations.d ディレクトリに移動します。

    bash
    $
    cd /etc/newrelic-infra/integrations.d
  2. nri-flex-apache-traffic-server-config.ymlnri-flex-ats-cache-config.yml 、および nri-flex-ats-http-config.ymlという名前の 3 つのファイルを作成します。

event_type の値は、NRDB にメトリクスを保存するために使用されます。ファイルは次のようになります。

nri-flex-apache-traffic-server-config.yml

integrations:
- name: nri-flex
interval: 30s
config:
name: ApcheTrafficServerMetrics
apis:
- event_type: ATSSampleMetrics
url: http://YOUR_IP:8080/_stats
remove_keys:
- http
- cache

nri-flex-ats-cache-config.yml

integrations:
- name: nri-flex
interval: 30s
config:
name: ATSCacheMetrics
apis:
- event_type: ATSCacheSampleMetrics
url: http://YOUR_IP:8080/_stats
keep_keys:
- cache

nri-flex-ats-http-config.yml

integrations:
- name: nri-flex
interval: 30s
config:
name: ApcheTrafficServerMetrics
apis:
- event_type: ATSHttpSampleMetrics
url: http://YOUR_IP:8080/_stats
keep_keys:
- http

Apache Traffic Server ログを New Relic に転送する

ログ転送を 使用して、Apache Traffic Server ログを New Relic に転送できます。

Linux マシンでは、 logging.yml という名前のログ ファイルが次のパスに存在する必要があります。

bash
$
cd /etc/newrelic-infra/logging.d/

ログ ファイルを作成した後、次のスクリプトを logging.yml ファイルに追加します。

logs:
- name: manager
file: /var/log/trafficserver/manager.log
attributes:
logtype: ats_manager_logs
- name: diags
file: /var/log/trafficserver/diags.log
attributes:
logtype: ats_diags_logs

New Relic インフラストラクチャ エージェントを再起動します

データの読み取りを開始する前に、 インフラストラクチャ エージェントのドキュメント の手順に従ってインフラストラクチャ エージェントを再起動します。

bash
$
sudo systemctl restart newrelic-infra.service

数分以内に、Apache Traffic Server がメトリクスを one.newrelic.comに送信します。

データを検索する

Apache Traffic Server という名前の事前に構築されたダッシュボード テンプレートを選択して、Apache Traffic Server サーバーのメトリクスを監視できます。事前に構築されたダッシュボード テンプレートを使用するには、次の手順に従います。

  1. one.newrelic.comから、 + Add data [+ データの追加] ページに移動します。
  2. [ダッシュボード]をクリックします。
  3. 検索バーにApache Traffic Serverと入力します。
  4. Apache Traffic Server ダッシュボードが表示されます。それをクリックしてインストールします。

Apache Traffic Server ダッシュボードはカスタム ダッシュボードとみなされ、 Dashboards [ダッシュボード] UI に表示されます。ダッシュボードの使用と編集に関するドキュメントについては、 ダッシュボードのドキュメントを参照してください。

Apache Traffic Server からのキャッシュ ミスの合計をチェックする NRQL クエリを次に示します。

SELECT latest(global.proxy.process.cache_total_misses) AS 'cache misses' FROM ATSCacheSampleMetrics

次は何ですか?

NRQL クエリの作成とダッシュボードの生成の詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.