• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページを参照してください。

問題を作成する

Aerospike プラットフォームの統合

Aerospike 統合は、Aerospike データ プラットフォームのパフォーマンスを監視し、アプリケーションの問題を診断してコードを最適化するのに役立ちます。Aerospike との統合により、最も重要な Aerospike アプリの指標を備えた事前構築済みのダッシュボードが提供されます。

New Relic との統合を設定したら、すぐにこのようなダッシュボードでデータを確認できます。

インフラストラクチャエージェントをインストールします

Aerospike インテグレーションを使用するには、まず同じホストにインフラストラクチャエージェントをインストールする必要があります。 インフラストラクチャエージェントはホスト自体を監視し、次のステップでインストールするインテグレーションは Aerospike 固有のデータを使用して監視を拡張します。

Aerospikeインテグレーションをインストールする

  1. nri-aerospike をインストールするには、次のコマンドを使用します。

    bash
    $
    sudo apt-get install nri-aerospike
  2. nri-aerospikeが正常にインストールされたことを確認するには:

    • Exporter

      /var/db/newrelic-infra/newrelic-integrations/binディレクトリにインストールされていることを確認しています。

    • /etc/newrelic-infra/integrations.dディレクトリ内の設定ファイルを確認しています

統合を構成します。

  1. サンプル設定ファイルの名前をaerospike-config.yml.sampleからaerospike-config.ymlに変更します:

    bash
    $
    sudo cp aerospike-config.yml.sample aerospike-config.yml
  2. 必要に応じて設定ファイルを編集します。 以下は設定ファイルの基本的な例です。

    integrations:
    - name: nri-aerospike
    config:
    # API URL of the aerospike service
    aerospike_db_host: localhost
    aerospike_db_port: 3000
    # Port to expose scrape endpoint on, If this is not provided a random port will be used to launch the exporter
    exporter_port: 9145
    # Cluster name is used on the aerospike.prometheus.json.template -
    # all the metrics captured by nri-prometheus will be categorized under this cluster name
    aerospike_cluster_name: YOUR_DESIRED_CLUSTER_NAME
    scrape_timeout: 5s
    label_type: development
    label_source: aerospike
    exporter_files_path: /tmp

    nri-aerospikeを正常に構成すると、 http://localhost:9145/metricsのモニター Aerospike メトリックのリストが表示されます。

データを検索する

Aerospike ダッシュボードを取得するには:

  1. one.newrelic.comから、

    Add data

    ページに移動します。

  2. Dashboards

    をクリックします。

  3. 検索バーにAerospikeと入力します。

  4. Aerospike ダッシュボードが表示されます。それをクリックしてインストールします。

    Aerospike ダッシュボードはカスタム ダッシュボードとみなされ、Dashboards UIに表示されます。 ダッシュボードの使用と編集に関するドキュメントについては、ダッシュボードのドキュメントを参照してください。

    この統合により、 インフラストラクチャ エージェントの形式でデータがレポートされます。

    名前空間で空きメモリ容量の割合をチェックする NRQL クエリの例を次に示します。

    FROM Metric
    SELECT latest (aerospike_namespace_memory_free_pct)

次は何ですか?

データのクエリとカスタム ダッシュボードの作成について詳しくは、次のドキュメントをご覧ください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.