• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Nagiosモニタリング統合

Nagiosとの統合により、Nagiosインスタンスを実行しなくても、サービスチェックを直接使用できます。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

私たちの統合は、 NagiosプラグインAPIに準拠する既存のサービスと互換性があります。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

クイックスタート

Nagiosインスタンスをすばやく計測し、ガイド付きインストールでテレメトリデータを送信します。ガイド付きインストールでは、環境に合わせてカスタマイズされたCLIコマンドを作成し、NewRelicCLIとインフラストラクチャエージェントをダウンロードしてインストールします。

始める準備はできましたか?これらのボタンの1つをクリックして、試してみてください。

ガイド付きインストール

インストールしてアクティブ化する

Nagios統合をインストールするには:

その他の注意事項:

統合を構成する

統合のYAML形式の構成では、必要なログイン資格情報を配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、セットアップと設定によって異なります。

構成例については、 nagios-config.ymlおよびnagios-service-checks.ymlの例を参照してください。

構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなど、すべての統合で使用される共通の設定があります。これらの一般的な設定の詳細については、この構成プロパティのリストを参照してください。

Nagiosに関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、Nagiosインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。

Nagiosインスタンス設定

設定

説明

デフォルト

SERVICE_CHECKS_CONFIG

これは、統合によって実行されるサービスチェックの定義を含むyamlファイルを指します。必須。

該当なし

並行性

同時に実行されるサービスチェックの数。

1

OUTPUT_TABLE_NAME

サービスチェック結果が保存されるテーブルの名前。

NagiosServiceCheckSample

サービスは構成ファイルをチェックします

service_checks_config yamlファイルには、最上位の配列service_checksが含まれています。各サービスチェックには、 namecommandの両方が含まれている必要があります。

説明

name

命名規則は特定のものではなく、インフラストラクチャUIで簡単に認識できます。

command

コマンドは文字列の配列であり、最初の位置には実行可能ファイルへのパスが含まれ、残りの位置には実行可能ファイルへの引数が含まれます。

labels

キーのコレクション:NewRelicでサービスチェックを識別してグループ化するのに役立つ値ペア。

parse_output

NagiosプラグインAPI仕様に準拠するサービスチェックの出力を解析しようとします。デフォルト: false

これらの設定値は、いくつかの方法で定義できます。

  • 設定ファイルに直接値を追加します。
  • {{}}表記を使用して、環境変数の値を置き換えます。これには、インフラストラクチャエージェントv1.14.0以降が必要です。詳細はこちらをご覧ください
  • シークレット管理を使用して、パスワードなどの機密情報を保護し、構成ファイルでプレーンテキストで公開されないようにします。詳細については、シークレット管理を参照してください。

ラベル/カスタム属性

環境変数を使用して、ライセンスキーなどの構成設定を制御し、インフラストラクチャエージェントに渡すことができます。パススルー機能の使用方法については、インフラストラクチャエージェントの構成を参照してください。

ラベルを使用してメトリックを装飾することもできます。ラベルを使用すると、キーと値のペアの属性をメトリックに追加できます。これらのラベルを使用して、メトリックをクエリ、フィルタリング、またはグループ化できます。

デフォルトのサンプル構成ファイルには、ラベル付きの例が含まれています。選択した新しいものを削除、変更、または追加できます。

labels:
env: production
role: nagios

権限

設定不可能なコマンドは、インフラストラクチャエージェントによって実行されます。インフラストラクチャエージェント自体は、rootユーザーによって実行されます。統合を適切に実行するには、以下に示すように、yamlファイルの権限が適切に制限されていることを確認してください。

構成例

ファイル構成の例:

オンホスト統合構成の一般的な構造の詳細については、「 構成」を参照してください。

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com >インフラストラクチャ>サードパーティサービスにアクセスし、Nagios統合リンクの1つを選択します。

NagiosデータはNagiosServiceCheckSampleイベントタイプに添付されます。

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

メトリックデータ

Nagios統合は、次のメトリックデータ属性を収集します。

Nagiosサービスチェックのサンプルメトリック

これらの属性は、 NagiosServiceCheckSampleイベントタイプを照会することで見つけることができます。

メトリック

説明

serviceCheck.command

サービスチェックの実行に使用されるコマンド。

serviceCheck.error

サービスチェックの標準エラー(stderr)出力。

serviceCheck.longServiceOutput

Nagiosによって$LONGSERVICEOUTPUT$として解析されるメッセージの部分。parse_outputが設定されている場合にのみ有効になります。

serviceCheck.message

サービスチェックの標準出力(stdout)。

serviceCheck.name

実行されているサービスチェックの説明的な名前。

serviceCheck.serviceOutput

Nagiosによって$SERVICEOUTPUT$として解析されるメッセージの部分。parse_outputが設定されている場合にのみ有効になります。

serviceCheck.status

サービスチェックの戻りコード。オプション:

  • 0 =わかりました
  • 1 =警告
  • 2 =クリティカル
  • 3 = Unknown

*

サービスチェックによって定義および報告された追加のメトリック。parse_outputが設定されている場合にのみ有効になります。

トラブルシューティング

トラブルシューティングのヒント:

ソースコードを確認してください

この統合はオープンソースソフトウェアです。つまり、ソースコードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.