• /
  • ログイン

ダッシュボードの管理

New Relic Oneダッシュボードにアクセスし、チャートメニューから直接チャートを作成または管理し、ダッシュボードのレイアウトをカスタマイズし、表示モードを調整し、データのエクスポートを行います。

ダッシュボードをカスタマイズし、チャートを構築したら、データを詳しく知るための高度な視覚化機能とツールを使用して、データを関連付け分析します。

ダッシュボードのカスタマイズ

ダッシュボードは非常に柔軟な設定となっています。ダッシュボードのレイアウトをカスタマイズし、チャートのサイズを調整してデータの表示方法を最適化できます。

Dashboards_conf.png

ヒント

をクリックして、メタデータを表示しタグを管理モーダルにアクセスします。ここで、ダッシュボードのガイドやアカウントID、アプリIDを表示し、ダッシュボードに追加されたすべてのタグを管理できます。

ダッシュボードには、次の機能が含まれます:

ヒント

いつでも検索機能を使用して、New Relic One全体でデータを検索できます。

新規コンテンツをダッシュボードに追加する

複数の方法で、ダッシュボードに新規コンテンツを追加できます:

マークダウンエディタを使用して、カスタムコンテンツを追加する。

マークダウンエディタには、コンテンツを入力するマークダウンペインや、表示するプレビューペインが含まれます。マークダウン構文オプションの詳細については、Commonmarkのウェブサイトをご覧ください。

マークダウンウィジェットの楕円 アイコンをクリックし、編集をクリックして、既存のコンテンツを編集することもできます。

ページのあるダッシュボードを整理する

複数のページを使用して、さまざまな表示でダッシュボードを整理できます。ページをそのダッシュボードに追加すると、ダッシュボードUIの上部にあるタブを使用して、そのページにアクセスできます。

dashboards_pages.png

one.newrelic.com > Dashboards: ダッシュボードの上部にあるタブで表示された、複数のページのあるNew Relic Oneのダッシュボードの例は次のとおりです。ページをダッシュボードに追加し、既存のページをコピーし、ページタブを新たな位置にドラッグしてドロップできます。

この機能を使用して、関連するダッシュボード表示をグループ化できます。これは、特定のプロジェクトやチーム、主題に関連する多くのデータとチャートを集計する際に有用です。

たとえば、モバイルアプリチームは、国ごとにアプリのパフォーマンスに重点を置いたダッシュボードを構築できます。最初のダッシュボードのページを、すべての国のパフォーマンスの概要とし、その他のページで特定の国を取り上げることができます。

当社では、ダッシュボードをつなぐその他の機能を提供しています。

  • マークダウンテキストを含むウィジェットを作成して、特定のUIページやダッシュボードへのダイレクトリンクを追加します。
  • ファセットによるフィルタリングを使用して、自動的にその他のダッシュボードにリンクしフィルタリングを行うリンクを作成します。
  • ダッシュボード検索を使用して、似た名前のダッシュボードを検索します。この機能を活用して、チームやプロジェクトに固有の語句をダッシュボード名に追加できます。

New Relic Insightsでは、この機能はデータアプリと呼ばれていました。InsightsからNew Relic Oneの切り替えの詳細については、移行ガイドをご覧ください。

ページをダッシュボードに追加し編集する

ページをダッシュボードに追加、またはページを編集するには:

  1. 新規または既存のダッシュボードで、 アイコンを選択して編集モードで入力します。
  2. 新規ページを追加する:
    • ページを追加を選択して空白のページを追加します。
    • ダッシュボード名の隣にあるドロップダウンをクリックし、複製を選択して、既存のページのクローンを作成します。
  3. 編集モードの間、新規ページにウィジェットを追加し、ページタブを新たな場所にドラッグしてドロップしたり、その他のダッシュボード編集タスクを行えます。
  4. 終了したら、編集を完了を選択します。

チャートとマークダウンコンテンツを管理する

マークダウン要素から、右上隅にあるアクセスメニューにアクセスし、編集または削除を行います。チャートから、右上角のチャートアクションメニューにアクセスし、次のことを行います。

  • チャートを全画面に拡張する。
  • 画像として、またはリンクを付けてチャートを共有する
  • チャートをダッシュボードにコピーする。
  • クエリビルダーにアクセスし、チャートに関連したクエリを表示または編集する。
  • チャートを削除する。

重要

ダッシュボードに対する許可が読み取り専用の場合、チャートのクエリは編集できません。

詳細については、チャートの使い方をご覧ください。

フィルタリング機能を使用して、ディスプレイで情報を絞り込むことができます。この機能は、クエリ条件を視覚的に表すものです。

  • フィルターバーを使用して、表示する値や属性を選択し、チャートから残りの要素を削除する。
  • 高度なフィルターバーを開いてboolean演算子(=!=CONTAINSEXCLUDESなど)にアクセスし、データのフィルタリングのための複雑で組み合わされた条件を追加する。

フィルターを適用後、ダッシュボードには、選択した要素に関連するデータのみが表示されます。小さなカウンターは、1回にいくつのフィルターが適用されているかを表します。

デフォルト表示に戻るには、フィルターの横にある小さなXをクリックして削除します。

チャート凡例を使用してフィルターを適用する

凡例のついたチャートで凡例をクリックして、その系列のみを表示し、チャートから残りのものを削除します。これにより、分析するデータを隔離できます。

反対の動作では、CMD(Macの場合)またはCTRL(Windowsの場合)を使用します。選択した系列を削除し、残りを保存します。

ファセットを使用してダッシュボードにフィルターを適用する

チャートのNRQLクエリにFACET句が含まれる場合、ファセットのついた属性を使用して、現在のダッシュボードまたは別の関連するダッシュボードにフィルターを適用できます。詳細については、ファセットによりフィルターを適用するをご覧ください。

タイムピッカーを使用して時間設定を変更する

デフォルトでは、ダッシュボードの各チャートには、クエリビルダーで作成時に指定された期間のデータが表示されますが、タイムピッカーを使用して表示されるデータの時間範囲を変更し、すべてのチャートに同じ範囲を設定できます。これは、データを絞り込み特定の期間に何が発生したかを観察する必要がある場合、インシデントのトラブルシューティングの間に特に有用です。

更新率は、表示中の期間の長さにより異なります。将来と例については、チャートの更新間隔をご覧ください。

時間範囲を変更するには:

  • ドロップダウンメニューから、利用可能なオプション(直近30分から直近7日まで)を1つ選択します。
  • カスタムメニューを使用して、特定の開始および終了タイムスタンプで時間範囲をカスタマイズします。

重要

ダッシュボードでは、Insightsとは異なり、タイムゾーンはお使いのノートパソコンの時間とは関連していません。タイムピッカーのカスタムメニューから簡単にアクセスできるユーザー設定で、使用するタイムゾーンを設定できます。

データをエクスポートし共有する

社内外でダッシュボードとチャートデータをエクスポートし共有することは、非常に簡単です。

  • 右上のメニューバーにあるPDFとしてダッシュボードをエクスポートボタンを使用して、PDFファイルとしてダッシュボードをエクスポートできます。
  • チャートをPNG画像またはリンクとして共有することもできます。チャートメニューに移動し、画像として取得またはチャートリンクを取得オプションのいずれかを選択します。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.