• /
  • ログイン

Windows向けInfrastructureモニタリングエージェントをインストールする

New RelicのWindows用Infrastructureモニタリングエージェントを使用すると、サーバーを個別にモニターすることに加えて、サービス全体の動作を分析することもできます。Windowsエージェントはお使いのハードウェア、またはAmazon EC2やWindows Azureのようなクラウドシステムで実行でき、Windows ServerとWindows 10をサポートします。Chefでインストールすることもできます。インストールする前に、要件を必ずご確認ください。

New Relicアカウントをまだお持ちでない場合は、New Relicアカウントを新たに作成します。永久無料です。

ガイド付きインストールを使用してWindows ServerとWindows 10向けにインストールする

Windows用Infrastructureモニタリングエージェントをインストールするには、ガイド付きインストールを使用できます。EUにお住まいの場合は、ユーロガイド付きインストールをお試しください。

段階的な手順を使用してインストールする

ガイド付きインストールが機能しない場合は、PowerShellスクリプトを使用するか、段階的な手順に従います。

数分待ってから、Infrastructure UIでサーバーを確認します。数分待ってもデータが表示されない場合は、トラブルシューティングの手順に従ってください。

zipファイルを使用してインストール

カスタム設定シナリオでは、アシストまたは手動モードzipファイルを使用して、infrastructureモニタリングエージェントをインストールできます。これは、デフォルトのインストール設定を環境に合わせる必要がある場合に、特に有用です。

注意

zipファイルを使用したinfrastructureモニタリングエージェントのインストールはサポートされていません。

次のステップ

必須の設定オプションは、license_key設定だけです。これは、インストレーション手順の一環として作成されます。次の設定も可能です。

エージェントの更新

最新バージョンにアップグレードするには、標準的な手順に従ってInfrastructureモニタリングエージェントをアップデートしてください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.