• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

Windows向けInfrastructureモニタリングエージェントをインストールする

New RelicのWindows用Infrastructureモニタリングエージェントを使用すると、サーバーを個別にモニターすることに加えて、サービス全体の動作を分析することもできます。Windowsエージェントはお使いのハードウェア、またはAmazon EC2やWindows Azureのようなクラウドシステムで実行できます。

Infrastructureモニタリングエージェントは、Windows ServerおよびWindows 10をサポートしています。Chefでインストールすることもできます。

ヒント

Infrastructureモニタリング、およびその他のオブザーバビリティプラットフォームを使用するには、New Relicファミリーに参加してください。サインアップして、わずか数秒で無料アカウントを作成できます。次に、毎月最大で100GBのデータを無料で取り込みます。期間無制限です。

ウィザードを使用してWindows ServerとWindows 10向けにインストールする

インストールする前に、要件を必ずご確認ください。Windows用infrastructureモニタリングエージェントをインストールするには、ランチャーを使用するか、本ドキュメント内の説明に従って基本インストールを実行します。

amazonlinux.png
Windows

まだNew Relicアカウントがない場合、または手順に手動で従う場合は、以下のステップごとの手順をご覧ください。

ステップごとの説明

Infrastructureモニタリングエージェントをインストールするには、PowerShellスクリプトを使用するか、ステップごとの説明に従います。

数分待ってから、Infrastructure UIでサーバーを確認します。数分待ってもデータが表示されない場合は、トラブルシューティングの手順に従ってください。

ヒント

バージョン1.4.0の時点で、Infrastructureモニタリングエージェントパッケージには、実行中エージェントのトラブルシューティングに役立つnewrelic-infra-ctlが含まれています。これをPATHに追加することを推奨します。

次のステップ

必須の設定オプションは、license_key設定だけです。これは、インストレーション手順の一環として作成されます。次の設定も可能です。

zipファイルを使用してインストール

カスタム設定シナリオでは、アシストまたは手動モードでzipファイルを使用して、infrastructureモニタリングエージェントをインストールできます。これは、デフォルトのインストール設定を環境に合わせる必要がある場合に、特に有用です。

注意

zipファイルを使用したinfrastructureモニタリングエージェントのインストールはサポートされていません。

エージェントの更新

最新バージョンにアップグレードするには、標準的な手順に従ってInfrastructureモニタリングエージェントをアップデートしてください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.