• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Windowsサービスの統合

公開プレビュー

この機能は現在公開プレビュー中であり、 0.3.0以降のバージョンにのみ適用されます2021年9月にリリースされました。詳細については、ExplorersHubの投稿を確認してください。

New RelicのWindowsサービス統合は、Microsoft Windowsホストで実行されているサービスに関するデータを収集し、それを当社のプラットフォームに送信します。各サービスの状態と開始モードを確認したり、サービスを実行しているホストを確認したり、サービスのアラートを設定したりできます。

私たちの統合は、 Windowsインフラストラクチャエージェントにバンドルされています。 New RelicでWindowsホストを監視している場合は、統合を有効にするだけで、Windowsサービスデータをプラットフォームに取り込むことができます。

重要な理由

Microsoft Windowsサービスは、UnixおよびLinuxのデーモンに相当するWindowsです。グラフィカルインターフェイスなしで開始、停止、一時停止、および再起動できる長時間実行可能ファイルです。 Windowsインフラストラクチャを監視するときは、有効になっているサービス、またはそれらの状態や状態を知ることが不可欠です。

Windowsサービスの統合により、次のことが可能になります。

  • すべてのWindowsサービス、それらの状態(実行中、停止中など)、開始モード(自動、手動など)、およびその他のサービスメタデータを確認します。
  • 特定のWindowsサービスを実行しているホストを確認します。
  • NewRelicを使用して監視しているWindowsサービスに基づいてアラートを設定します。
  • Windowsサービスを追跡するためのダッシュボードを作成します。

one.newrelic.com > Dashboards : Microsoft Windows サービス統合メトリックを使用して、サービスのテーブルを作成できます。

互換性と要件

私たちの統合は、NewRelicエージェントでサポートされているすべてのWindowsバージョンと互換性があります。

サポートされているホストにインフラストラクチャ監視エージェントをインストールするには、バージョン1.12.1以降が必要です。 x86Windowsバージョンはまだサポートされていません。

インストールしてアクティブ化する

Windowsサービス統合をインストールするには:

  1. ディレクトリを統合フォルダに変更します。

    cd C:\Program Files\New Relic\newrelic-infra\integrations.d\
  2. サンプル構成ファイルのコピー:

    copy winservices-config.yml.sample winservices-config.yml
  3. 構成設定の説明に従ってwinservices-config.ymlファイルを編集し、保存します。

統合を更新する

Windowsサービスの統合は、インフラストラクチャ監視エージェントにバンドルされています。統合を更新するには、エージェントを最新バージョンに更新します。

統合を構成する

統合を有効にするには、 winservices-config.ymlを編集して保存します。

  • exporter_bind_address:のコメントを外し、 exporter_bind_port:
  • 監視するサービスの名前を追加します include_matching_entities:

デフォルトでは、サービスは含まれていません。サービスを含めてフィルタリングするには、 include_matching_entities:を編集する必要があります。

また、構成オプションinventory_sourceは統合と互換性がありません。

Windowsサービス統合構成の例を次に示します。

アラートを設定する

NRQL条件を使用してWindowsサービスアラートを作成し、監視するサービスの状態変化に関する通知を受け取ることができます。 Windowsサービスデータを使用するアラート条件の2つの例を次に示します。

使い方

Windowsホストからデータを取得するために、Windowsサービス統合では、 Windows用のPrometheusエクスポーターの縮小バージョンを使用します。これにより、エージェント構成で指定されたポートでPrometheusメトリックが公開されます。統合により、これらのメトリックが収集され、エンティティに変換され、フィルタリングされてから、NewRelicに送信されます。

Windowsサービス統合は、WindowsPrometheusエクスポーターを使用してサービス機能データを収集します。次に、データを変換してフィルタリングしてから、NewRelicに送信します。

メトリックデータ

Windowsサービス統合は、次のデータを提供します。

メトリック

説明

windows_service_start_mode

サービスの開始モード。可能な値は次のとおりです。

  • boot
  • system
  • auto
  • manual
  • disabled

windows_service_state

サービスの状態。可能な値は次のとおりです。

  • stopped
  • start pending
  • stop pending
  • running
  • continue pending
  • pause pending
  • paused
  • unknown

メタデータ

Windowsサービス統合は、次のメタデータをNewRelicに送信します。

  • display_name:サービススナップインに表示されるサービスの名前。

  • service_name:サービスの一意の識別子。

  • process_id:サービスのプロセス識別子。

  • run_as:サービスを実行するアカウント名。サービスの種類に応じて、アカウント名の形式はDomainName\UsernameまたはUsername@DomainName (UPN)になります。値は、 Win32_ServiceクラスのStartName属性から取得されます。これはNULLの場合があります(この場合、ラベルは空の文字列として報告されます)。

    重要

    StartName属性がNULLの場合、サービスはLocalSystemアカウントでログオンします。カーネルまたはシステムレベルのドライブの場合、サービス名に基づいてI / Oシステムによって作成されたデフォルトのオブジェクト名(たとえば、 DWDOM\Adminで実行されます。

ソースコード

Windowsサービスの統合は、オープンソースソフトウェアです。つまり、ソースコードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。詳細については、 READMEを参照してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.