• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

PowerDNSモニタリングの統合

公開プレビュー

この機能は現在公開プレビュー中であり、2021年10月にリリースされた0.0.5以降のバージョンにのみ適用されます。

当社のPowerDNS インテグレーション は、 PowerDNS からディメンションメトリクスを収集して送信します。この メトリクスデータ を事前に構築されたダッシュボードで表示したり、アラートポリシーを作成したり、カスタムクエリやチャートを作成したりすることができます。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

当社のインテグレーションは、PowerDNS RecursorおよびAuthoritative Serverと互換性があります。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

PowerDNS インフラストラクチャからデータを取得するために、PowerDNS 統合ではサードパーティの Prometheus エクスポータを使用します。これにより、構成で指定されたポートで Prometheus メトリクスが公開されます。この統合は、これらのメトリクスを収集し、エンティティに変換し、フィルタリングして、New Relic に送信します。

APIを有効にするには、ウェブサーバーとHTTP APIを有効にする必要があります。

pdns.confに以下の行を追加します。

api=yes
api-key=changeme

そして再起動すると、以下の例のように動き出すはずです。

curl -v -H 'X-API-Key: changeme' http://127.0.0.1:8081/api/v1/servers/localhost | jq .
curl -v -H 'X-API-Key: changeme' http://127.0.0.1:8081/api/v1

詳細については、 WebサーバとApiの有効化

インストールしてアクティブ化する

PowerDNSインテグレーションをインストールするには、セットアップを選択します。

このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

統合を構成する

統合を構成するには、統合のYAML構成ファイルpowerdns-config.ymlの構成を編集します。

YAML設定を使用して、必要なログイン認証情報を配置し、セットアップと設定に応じてデータの収集方法を設定します。

この統合はプロメテウスエクスポーターに基づいているため、 intervaltimeoutinventory_sourceなどの他の統合に適用できる設定はサポートされていません。

PowerDNSインスタンスの設定

次の構成オプションを使用できます。

設定

説明

デフォルト

パワーダウンしたURL

powerdnsサービスのAPI URL

該当なし

エクスポーター_ポート

スクラップエンドポイントを公開するポート。これが提供されない場合、エクスポーターを起動する際にランダムなポートが使用されます。

ランダムポート

scrape_timeout

スクレイプリクエストがタイムアウトするまでの時間

5s

api_key

PowerDNSサーバーへの接続に使用するAPIキー

該当なし

構成例

データを見つけて使用する

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

指標は、エンティティPOWERDNS_AUTHORITATIVEPOWERDNS_RECURSORの指標サンプルとイベントタイプに添付されます。トラブルシューティングの目的で、またはカスタムチャートとダッシュボードを作成するために、このデータをクエリできます。

メトリックデータ

POWERDNS_AUTHORITATIVEPOWERDNS_RECURSORの 2 つのエンティティが作成されます。

次のディメンションメトリックは、エクスポーターをスクレイピングしてキャプチャされ、エンティティPOWERDNS_AUTHORITATIVEにリンクされます。

名前

説明

ディメンション

powerdns_authoritative_uptime (count)

デーモンのアップタイムを秒単位で表したもの。

  • タイプ

powerdns_authoritative_packet_cache_size (gauge)

パケットキャッシュのエントリー数。

powerdns_authoritative_recursive_queries_total (count)

ステータス別の再帰的なクエリの合計数。

  • ステータス

powerdns_authoritative_remote_queries (count)

リモートサーバーのIPアドレスです。

  • リモート

powerdns_authoritative_security_status (gauge)

security-status.secpoll.powerdns.comに基づくPDNSサーバーのセキュリティステータス。

powerdns_authoritative_exceptions_total (count)

エラーごとの例外の合計数。

  • エラー

powerdns_authoritative_latency_average_seconds (gauge)

パケットがPowerDNS内で過ごす平均マイクロ秒数。

powerdns_authoritative_dnsupdate_queries_total (count)

ステータス別のDNS更新クエリの総件数。

  • ステータス

powerdns_authoritative_qsize (gauge)

データベースの注意を待っているパケットの数。

powerdns_authoritative_response_rcodes (count)

rcodeの配布。

  • rcode

powerdns_authoritative_signature_cache_size (gauge)

シグネチャーキャッシュのエントリー数。

powerdns_authoritative_queries_unauth (count)

私たちが権威を持たないドメインへの問い合わせ。

  • レコード

powerdns_authoritative_answers_bytes_total (count)

プロトコルで送信されたアンサーバイトの合計数。

  • プロト

powerdns_authoritative_queries (count)

UDPクエリーの受信

  • レコード

powerdns_authoritative_exporter_json_parse_failures (count)

PowerDNSのJSON統計情報の解析中に発生したエラーの数。

powerdns_authoritative_deferred_cache_actions (count)

タイプ別メンテナンスのため、キャッシュアクションを延期。

  • タイプ

powerdns_authoritative_up (gauge)

PowerDNSの最後のスクレイピングに成功しました。

powerdns_authoritative_query_cache_lookup (count)

結果によるクエリキャッシュの検索。

  • 結果

powerdns_authoritative_key_cache_size (gauge)

キーキャッシュのエントリー数。

powerdns_authoritative_answers_total (count)

プロトコル別の総回答数

  • プロト

powerdns_authoritative_packet_cache_lookup (count)

結果によるパケットキャッシュの検索。

  • 結果

powerdns_authoritative_metadata_cache_size (gauge)

メタデータ・キャッシュのエントリ数。

powerdns_authoritative_queries_total (count)

プロトコル別のクエリの総数

  • プロト

powerdns_authoritative_cpu_utilisation (count)

ユーザー空間とカーネル空間で使われたCPUミリ秒数。

  • タイプ

powerdns_authoritative_dnssec (count)

DNSSECのカウンターです。

  • タイプ

powerdns_authoritative_response_sizes (count)

回答のサイズ分布

  • サイズ

powerdns_authoritative_exporter_total_scrapes (count)

現在のPowerDNSのスクレイプ総数

powerdns_authoritative_remote_queries_unauth (count)

リモートホストが、私たちが権威を持たないドメインに問い合わせをすること。

  • リモート

次のディメンションメトリックは、エクスポーターをスクレイピングしてキャプチャされ、エンティティPOWERDNS_RECURSORにリンクされます。

名前

説明

ディメンション

powerdns_recursor_incoming_queries_total (count)

ネットワーク別の受信クエリの総数

  • ネット

powerdns_recursor_outgoing_queries_total (count)

ネットワーク別の送信クエリの総数。

  • ネット

powerdns_recursor_cache_size (gauge)

キャッシュのエントリー数。

powerdns_recursor_cache_lookups_total (count)

結果別のキャッシュルックアップの合計数。

  • 結果

powerdns_recursor_exporter_json_parse_failures (count)

PowerDNSのJSON統計情報の解析中に発生したエラーの数。

powerdns_recursor_answers_rcodes_total (count)

回答コード別の総回答数

  • rcode

powerdns_recursor_exporter_total_scrapes (count)

現在のPowerDNSのスクレイプ総数

powerdns_recursor_concurrent_queries (gauge)

同時実行可能なクエリの数

powerdns_recursor_answers_rtime_total (count)

回答時間帯ごとにグループ化された回答の総数。

  • タイムスロット

powerdns_recursor_latency_average_seconds (gauge)

質問と回答の待ち時間の指数移動平均。

powerdns_recursor_exceptions_total (count)

エラーごとの例外の合計数。

  • エラー

powerdns_recursor_response_time_seconds_sum (count)

PowerDNS のリカーサー応答時間のヒストグラム(秒単位)。(sum metric)

powerdns_recursor_response_time_seconds_bucket (count)

PowerDNS のリカーサー応答時間のヒストグラム(秒)。(バケットメトリック)

powerdns_recursor_up (gauge)

PowerDNSの最後のスクレイピングに成功しました。

ソースコードを確認してください

この統合はオープン ソース ソフトウェアです。これは、そのソース コードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできることを意味します。

さらに、この統合では、コミュニティが作成したオープンソースのエクスポーターを活用しています。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.