• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページを参照してください。

問題を作成する

サボテンインテグレーション

Cacti を New Relic と統合すると、New Relic の統合プラットフォーム内で RRD データをユーザーフレンドリーなグラフィカルな形式で表示できるようになります。

Cacti インテグレーションをNew Relicでセットアップすると、ダッシュボードでデータを確認できます。

Cactiインテグレーションをセットアップする

Cacti インテグレーションをセットアップするには、次の手順を実行します。

インフラストラクチャエージェントをインストールします

Cacti インテグレーションを使用するには、まず同じホストにインフラストラクチャエージェントをインストールする必要があります。

Expose Cacti メトリクス

RRD データを CSV または JSON 形式で公開するには、以下の手順を実行します。

  1. RRDTool を使用して、Cacti の RRD ファイルからXML formatにデータをエクスポートします。
  2. XML データをCSV or JSON形式に変換します。

NRI-Flexを使用してCSV形式のメトリクスをキャプチャする

Flex はNew Relic Infrastructureにバンドルされています。 Cacti 用に NRI-Flex を設定し、flex 設定ファイルを作成する必要があります。 次の手順を実行します:

  1. /newrelic-infra/integrations.dパスにcacti-config.ymlという名前のファイルを作成します。

  2. 次の設定例でcacti-config.ymlを更新します。

    ---
    integrations:
    - name: nri-flex
    config:
    name: machineLoad
    apis:
    - name: machineLoad
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_load_1min_2.csv
    - name: memSwap
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_mem_swap_5.csv
    - name: proc
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_proc_1.csv
    - name: machineUser
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_users_3.csv
    - name: memBuffers
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_mem_buffers_4.csv
    - name: ApacheCpuLoad
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_apache_cpuload_6.csv
    - name: ApacheTotalHits
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_apache_total_hits_7.csv
    - name: ApacheTotalKbytes
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_apache_total_kbytes_8.csv
    - name: UserLogins
    file: /home/ubuntu/xmlToCsv/local_linux_machine_active_10.csv

Cacti ログを転送する

Cacti ログを New Relic に転送するには、次の手順に従います。

  1. 次のパスにあるlogging.ymlという名前のログファイルを編集します。

    bash
    $
    cd /etc/newrelic-infra/logging.d
  2. 次のスニペットをlogging.ymlファイルに追加します。 必要に応じて、 fileを Cacti ログファイル パスに置き換えます。

    logs:
    - name: cacti.log
    file: /var/www/html/cacti/log/LOG_FILE_NAME
    attributes:
    logtype: cacti_log

New Relic インフラストラクチャ エージェントを再起動します

インフラストラクチャを再起動します:

bash
$
sudo systemctl restart newrelic-infra.service

アプリケーションは数分以内にメトリックをone.newrelic.comに送信します。

データを検索する

事前に構築されたダッシュボード テンプレートを使用して、Cacti アプリケーション メトリックを監視できます。 事前に構築されたダッシュボード テンプレートを使用するには、次の手順に従ってください。

  1. one.newrelic.comから、

    + Integrations & Agents

    ページに移動します

  2. クリック

    Dashboards

  3. 検索バーに次のように入力します。 Cacti

  4. Cacti ダッシュボードが表示されます。 クリックしてインストールしてください

    Cacti ダッシュボードはカスタムダッシュボードとみなされ、Dashboards UIで見つけることができます。 ダッシュボードの使用と編集に関するドキュメントについては、ダッシュボードのドキュメントをご覧ください。

    以下は、ユーザー ログインの数を表示するための NRQL クエリの例です。

    SELECT latest(value) FROM UserLoginsSample FACET name

次は何ですか?

NRQL クエリの作成とダッシュボードの生成の詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.