• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Apache Mesos インテグレーション

Apache Mesos クラスタをNew Relicとシームレスに統合して、パフォーマンス、健全性、リソース使用率を包括的に監視します。 マスターノードとスレーブノードを追跡し、タスクの実行を監視し、システムメトリックを確認します。

Apache Mesos インテグレーションをセットアップすると、Apache Mesos メトリックのダッシュボードが提供されます。

インフラストラクチャエージェントをインストールします

Apache Mesos インテグレーションを使用するには、同じホストにインフラストラクチャエージェントもインストールする必要があります。 インフラストラクチャエージェントはホスト自体を監視しますが、次の手順でインストールするインテグレーションは Apache Mesos 固有のデータを使用して監視を拡張します。

nri-flexでApache Mesosインテグレーションを有効にする

Apache Mesos インテグレーションをセットアップするには、次の手順に従います。

  1. Integration ディレクトリにnri-apache-mesos-config.ymlという名前のファイルを作成します。

    bash
    $
    touch /etc/newrelic-infra/integrations.d/nri-apache-mesos-config.yml
  2. エージェントが Apache Mesos データをキャプチャできるようにするには、次のスニペットをnri-apache-mesos-config.ymlファイルに追加します。

    integrations:
    - name: nri-flex
    interval: 30s
    config:
    name: apacheMesos
    apis:
    - event_type: apacheMesos
    url: http://<ip-address>:5050/metrics/snapshot

Apache Mesos ログを転送する

Apache Mesos ログを New Relic に転送するには、次の手順に従います。

  1. 次のパスにあるlogging.ymlという名前のログファイルを編集します。

    bash
    $
    cd /etc/newrelic-infra/logging.d
  2. 次のスニペットをlogging.ymlファイルに追加します。 必要に応じて、 file Apache Mesos ログ ファイル パスに置き換えます。

    logs:
    - name: apache-mesos.log
    file: /var/log/mesos/LOG_FILE_NAME
    attributes:
    logtype: apache_mesos_log

New Relic インフラストラクチャ エージェントを再起動します

インフラストラクチャを再起動します:

bash
$
sudo systemctl restart newrelic-infra.service

数分以内に、アプリケーションはメトリックをone.newrelic.comに送信し始めます。

データを検索する

事前に構築されたダッシュボード テンプレートを使用して、Apache Mesos アプリケーション メトリックを監視できます。 事前に構築されたダッシュボード テンプレートを使用するには、次の手順に従ってください。

  1. one.newrelic.comから、

    + Add data

    ページに移動します

  2. クリック

    Dashboards

  3. 検索バーに次のように入力します。 Apache Mesos

  4. Apache Mesos ダッシュボードが表示されます。 クリックしてインストールしてください

    Apache Mesos ダッシュボードはカスタムダッシュボードとみなされ、Dashboards UIで確認できます。 ダッシュボードの使用と編集に関するドキュメントについては、ダッシュボードのドキュメントをご覧ください。

    以下は、Apache Mesos マスターの稼働時間を表示するための NRQL クエリの例です。

    SELECT latest(`master/uptime_secs`) as 'Masters uptime (seconds)' FROM apacheMesos

次は何ですか?

NRQL クエリの作成とダッシュボードの生成の詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.