• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ECSデータの理解と活用

New Relic のオンホスト ECS インテグレーション は、 Amazon ECS 環境のパフォーマンスデータをレポートし、表示します。ここでは、この統合によって報告されるデータを見つけ、理解し、使用する方法を説明します。

データを見る

ECS統合ダッシュボードを表示するには

  1. one.newrelic.comにアクセスし、 Explorerを選択します。
  2. 左側では、ECSクラスターを検索するか、検索バーにECSクラスターの名前を入力します。
  3. ダッシュボードを表示するには、ECSクラスタに対応するエンティティ名を選択します。

事前に作成されたダッシュボードに加えて、 クエリビルダー を使用して、独自のカスタムクエリやチャートを作成することもできます。このデータを照会する方法については、 Understand data を参照してください。

データのクエリ

この統合によって報告されたデータは、その ダッシュボード に表示され、 クエリ やカスタムチャートやダッシュボードの作成にも利用できます。

この統合は、属性clusterNameawsRegionecsLaunchType 、およびarnを持つEcsClusterSampleイベントを報告します。

その他、問い合わせ可能なデータの種類。

ECS クラスターから報告されるすべてのイベントには、属性ecsClusterNameecsLaunchType 、およびecsClusterArnが含まれます。

us-east-1で作成されたMyClusterNameという名前の ECS クラスター内の各 Docker イメージに関連付けられたコンテナーの数を返すNRQL クエリの例を次に示します。

SELECT uniqueCount(containerId)
FROM ContainerSample
WHERE awsRegion = 'us-east-1'
AND ecsClusterName = 'MyClusterName'
FACET imageName SINCE 1 HOUR AGO

カスタムクエリとチャートの作成について詳しくは、こちらをご覧ください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.