• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

Amazon 証明書マネージャーの統合

New Relic Infrastructureには、メトリクス データを New Relic に送信できるようにする AWS Certificate Manager の統合が含まれるようになりました。 このドキュメントでは、統合の機能、有効化方法、およびレポートに使用できるデータについて説明します。

特徴

統合を使用して、テレメトリーデータを収集し、 AWS Certificate Managerから New Relic に送信します。 サービスを監視し、受信データをクエリし、ダッシュボードを構築してすべてを一目で観察できます。

統合をアクティブ化する

この統合を有効にするには、 Amazon CloudWatch Metric Streams 統合ドキュメントの手順に従ってください。

データを見つけて使用する

統合のメトリクスを見つけるには:

  1. ** one.newrelic.com > All capabilitiesに移動します
  2. Metrics and events [メトリクスとイベントを]選択します
  3. フィルター条件 aws.certificatemanager

メトリックデータ

この統合は、次の Amazon Certificate Manager データを収集します。

証明書マネージャーのメトリクス データ

メトリック (最小、最大、平均、カウント、合計)

ユニット

説明

DaysToExpiry

count

証明書の有効期限が切れるまでの日数。 ACM は、証明書の有効期限が切れると、このメトリクスの公開を停止します。

インポートされたすべてのデータのディメンションはCertificateArnです。

アラートの作成

セットアップできます変更を通知するため。 たとえば、重大なエラーまたは致命的なエラーを関係者に通知するアラートを設定できます。

アラートの作成の詳細については、 「アラートの概要」ドキュメントを参照してください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.