• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon CloudFrontのモニタリング統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams統合を有効にして、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスをモニターします。個別の統合は、もはや推奨されるオプションではありません。

New Relic infrastructure integrations には、Amazon CloudFront サービスのデータを New Relic に報告するための統合があります。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

特徴

Amazon CloudFront は、Web コンテンツの配信を高速化する Amazon Web サービスです。New Relic CloudFrontの統合により、エラー率、リクエスト数、アップロード/ダウンロードのバイト数など、New RelicでCloudFrontのデータを追跡することができます。CloudFrontの設定を追跡し、設定変更によるパフォーマンスへの影響を確認することができます。また、CloudFront統合データのカスタムクエリやカスタムチャートを作成することもできます。

統合をアクティブ化する

この統合を有効にするには、標準の手順に従ってAWSサービスをNewRelicに接続します。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

デフォルトのポーリング Amazon CloudFrontインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchのデータ間隔: 1分 、CloudFrontが部分的なデータを報告することがあるため、最大で1分の遅延があります。

Lambda@Edgeを使用してCloudFrontが配信するコンテンツをカスタマイズし、顧客に近いAWSのロケーションでLambda関数を実行する場合、Lambdaの実行ロケーションのメタデータを取得するために、 Collect Lambda@Edge data フィルターを有効にすることができます。

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > AWSに移動し、CloudFront 統合リンクの 1 つを選択します。

providerの値がCloudFrontDistributionの場合、LoadBalancerSample イベントタイプを使用してデータのクエリと調査を行えます。

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

以下のデータは、 CloudFront Web ディストリビューション のために収集されています。 RTMP ディストリビューション のデータはありません。

メトリック

説明

requests

すべてのHTTPメソッド、およびHTTPとHTTPSの両方のリクエストの数です。

bytesDownloaded

GETHEAD 、およびOPTIONS requestsの視聴者によってダウンロードされたバイト数。

bytesUploaded

POSTおよびPUTリクエストを使用してCloudFrontでオリジンにアップロードされたバイト数。

totalErrorRate

HTTPステータスコードが4xxまたは5xxであるすべてのリクエストの割合。

4xxErrorRate

HTTPステータスコードが4xxであるすべてのリクエストの割合。

5xxErrorRate

HTTPステータスコードが5xxであるすべてのリクエストの割合。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.