• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

Amazon Database Migration Service の統合

インフラストラクチャ エージェントを AWS Database Migration Serviceと統合し、そのメトリクス データを New Relic に送信できるようになりました。サービスを監視し、受信データをクエリし、ダッシュボードを構築してすべてを一目で観察します。

この統合を有効にするには、指示に従ってAWS サービスを New Relic に接続します。有効にすると、 one.newrelic.com > Metrics and eventsで統合のメトリクスを見つけて、 aws.dmsでフィルタリングできます。

メトリックデータ

この New Relic インフラストラクチャ統合は、次の Amazon Database Migration Service データを収集します。

インポートされたすべてのデータには、次の 1 つの共通のディメンションがあります。 ReplicationInstanceIdentifier

レプリケーションインスタンスメトリクスデータ

メトリック (最小、最大、平均、カウント、合計)

ユニット

説明

AvailableMemory

バイト

スワップなしで新しいアプリケーションを起動するために使用できるメモリ量の推定値。

CPUAllocated

パーセント

タスクに最大割り当てられた CPU の割合 (0 は制限なしを意味します)。

CPUUtilization

Count

インスタンスで現在使用されている、割り当てられた vCPU (仮想 CPU) の割合。

DiskQueueDepth

Count

ディスクへのアクセスを待機している未処理の読み取り/書き込み要求 (I/O) の数。

FreeStorageSpace

バイト

利用可能なストレージ容量。

FreeMemory

バイト

アプリケーション、ページ キャッシュ、およびカーネル独自のデータ構造で使用できる物理メモリの量。

FreeableMemory

バイト

利用可能なランダム アクセス メモリの量。

MemoryAllocated

MiB

タスクのメモリの最大割り当て (0 は制限がないことを意味します)。

WriteIOPS

カウント/秒

1 秒あたりのディスク書き込み I/O 操作の平均数。

ReadIOPS

カウント/秒

1 秒あたりのディスク読み取り I/O 操作の平均数。

WriteThroughput

バイト/秒

1 秒あたりのディスクからの平均書き込みバイト数。

ReadThroughput

バイト/秒

1秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

WriteLatency

ミリ秒

ディスク I/O (出力) 操作ごとにかかる平均時間。

ReadLatency

ミリ秒

ディスク I/O (入力) 操作ごとにかかる平均時間。

SwapUsage

バイト

レプリケーション インスタンスで使用されるスワップ スペースの量。

NetworkTransmitThroughput

バイト/秒

レプリケーション インスタンス上の送信 (送信) ネットワーク トラフィック。これには、モニタリングとレプリケーションに使用される顧客データベース トラフィックと AWS DMS トラフィックの両方が含まれます。

NetworkReceiveThroughput

バイト/秒

レプリケーション インスタンス上の受信 (受信) ネットワーク トラフィック。これには、モニタリングとレプリケーションに使用される顧客データベース トラフィックと AWS DMS トラフィックの両方が含まれます。

レプリケーション タスク メトリック データ

メトリック (最小、最大、平均、カウント、合計)

ユニット

説明

FullLoadThroughputBandwidthTarget

KB/秒

ターゲットの全ロードから送信される送信データ。

FullLoadThroughputRowsTarget

行数/秒

ターゲットのフルロードからの送信変更。

CDCIncomingChanges

Count

ターゲットへの適用を待機している、ある時点での変更イベントの合計数。

CDCChangesMemorySource

Count

メモリ内に蓄積され、ソースからのコミットを待機している行の量。

CDCChangesMemoryTarget

Count

メモリ内に蓄積され、ターゲットへのコミットを待機している行の量。

CDCChangesDiskSource

Count

ディスク上に蓄積され、ソースからのコミットを待機している行の量。

CDCChangesDiskTarget

Count

ディスク上に蓄積され、ターゲットへのコミットを待機している行の量。

CDCThroughputBandwidthTarget

KB/秒

ターゲットに送信される送信データ。

CDCThroughputRowsSource

行数/秒

受信タスクはソースから変更されます。

CDCThroughputRowsTarget

行数/秒

ターゲットの送信タスクが変更されます。

CDCLatencySource

ソースエンドポイントからキャプチャされた最後のイベントと AWS DMS インスタンスの現在のシステムタイムスタンプの間のギャップ。

CDCLatencyTarget

ターゲットでのコミットを待機している最初のイベントのタイムスタンプと AWS DMS インスタンスの現在のタイムスタンプとの間のギャップ。

MemoryUsage

メガバイト

制御グループ (cgroup) のmemory.usage_in_bytesタスクによって消費されます。

アラートの作成

セットアップできます変更があった場合に通知するため。 たとえば、重大なエラーまたは致命的なエラーを関係者に通知するアラートを設定できます。

アラートの作成について詳しくは、こちらをご覧ください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.