• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

AWS Lambda 拡張機能 Telemetry API の統合

New Relic AWS Lambda Telemetry 拡張機能を使用すると、ユーザーはテレメトリ データをラムダ関数から直接 New Relic に送信できます。トリガーをセットアップしたり、Amazon CloudWatch に接続したりする必要はありません。拡張機能をレイヤーとして追加し、New Relic ライセンス キーを環境変数として設定することで、ログ、イベント、メトリクス、およびトレースを送信します。

インストール

  1. AWS コンソールで [ Lambda] > [関数] に移動し、データを取り込む関数を選択します。
  2. [レイヤ] > [レイヤ**を追加] を**選択します。
  3. [レイヤーの選択] で、[ ARN オプションを指定してレイヤーを指定] を選択します。
  4. https://layers.newrelic-external.com/に移動します。リージョンで AwsLambdaExtension を検索して、最新のレイヤー バージョンの arn を見つけ、それを AWS コンソールの Arn フィールドに貼り付けます。
  5. Configurationに移動し、 Environment variablesを選択してKey: LICENSE_KEY Value: LICENSE_KEYを追加します。

セットアップが正しく行われたことを確認するには、コードセクションの [テスト] ボタンをクリックします。

データを検索する

New Relic でデータを見つけるには、https://one.newrelic.com/ > Browse data > 4 つのカテゴリから 1 つを選択します: Logs, Events, Metrics or Traces.

ログ:

ログは、特定の属性セットによってフィルタリングできます。左側のメニューで [属性] をクリックし、目的の属性を選択します。例えば:

SOURCE > api.logs
PLUGIN > TYPE > lambda extension
AWS > EXTENSION > AwsLambdaExtension

メトリクス:

拡張機能によって送信されるメトリックには、プレフィックスaws.telemetry.lambda_ext.が付きます。現在、6 つの AWS ラムダ メトリクスがあります。

'durationMs'
'billedDurationMs'
'initDurationMs'
'memorySizeMB'
'maxMemoryUsedMB'
'producedBytes'

イベント

この拡張機能によって送信されたイベントを確認するには、 [カスタム イベント]セクションでAwsLambdaExtensionを探します。現在、12 のイベント タイプがあります。

platform_initStart
platform_initRuntimeDone
platform_initReport
platform_start
platform_runtimeDone
platform_fault
platform_report
platform_extension
platform_telemetrySubscription
platform_logsDropped
function
extension

Dimensionsメニューでデータをさらにフィルタリングできます。

トレース

トレース データは [トレース] タブに表示されます。拡張機能によって送信されたトレースを表示するには、「AwsLambdaExtension」を検索します。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.