• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

AWS IAMモニタリングの統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams統合を有効にして、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスをモニターします。個別の統合は、もはや推奨されるオプションではありません。

New Relic のインフラストラクチャ統合 には、IAM データを New Relic にレポートするための AWS Identity and Access Management (IAM) 統合が含まれています。このドキュメントでは、この統合の機能、有効化の方法、報告できるデータについて説明しています。

特徴

Amazonの Identity and Access Management (IAM) では、ユーザーのAWSサービスやリソースへのアクセスを安全に制御することができます。IAMを使用すると、AWSユーザーとグループを作成・管理し、パーミッションを使用してAWSリソースへのアクセスを許可・拒否することができます。

New RelicのIAMモニタリング統合により、特定の時点でのポリシー、ユーザー、グループ、およびロールの状態をキャプチャできます。 IAMデータも分析に利用できます。

統合をアクティブ化する

この統合を有効にするには、標準の手順に従ってAWSサービスをNewRelicに接続します。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

デフォルトのポーリング AWS IAMインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分

データを見つけて使用する

この統合のデータを見つけるには、 one.newrelic.com > All capabilities > Infrastructure > AWS に移動し、IAM 統合リンクの 1 つを選択します。

IamAccountSummarySampleイベントタイプを使用してデータをクエリおよび探索できます。

メトリックデータ

IAM統合では、従来の意味でのパフォーマンスメトリクスを取得することはありません。しかし、この統合は、特定の時点でのIAMサービスポリシー、ユーザー、グループ、およびロールの状態を監視し、それを使用してこれらのカウントベースのメトリクスを作成します。

  • アカウントごとの証明書
  • アカウントごとのグループ
  • アカウントごとのMFAデバイス
  • アカウントごとの役割
  • アカウントあたりのユーザー数
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.