• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon App Runner の統合

New Relic インフラストラクチャの統合には、アプリケーションと Amazon App Runner コンテナ データを New Relic オブザーバビリティ プラットフォームに報告するための統合が含まれます。このドキュメントでは、統合の機能、有効化する方法、およびレポートできるデータについて説明します。

特徴

統合を使用して、Amazon App Runner コンテナで実行されているアプリやサービスからテレメトリ データを収集して New Relic に送信します。サービスを監視し、受信データをクエリし、ダッシュボードを構築して、すべてを一目で確認します。

統合をアクティブ化する

この統合を有効にするには、標準の手順に従ってAWSサービスをNewRelicに接続します。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

AWS 統合のデフォルトのポーリング情報:

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchのデータ間隔:1分または5分

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには:

  • ログの場合: one.newrelic.com > Logs > Attributes > AWSに移動し、 logGroupおよび/またはlogStreamを選択します。
  • メトリクスの場合: one.newrelic.com > Metrics and eventsに移動し、次でフィルタリングします。 aws.apprunner

メトリックデータ

メトリック (最小、最大、平均)

ユニット

説明

2xxStatusResponses

カウント

サービスへの成功したリクエストの数

4xxStatusResponses

カウント

サービスへの失敗したリクエストの数

ActiveInstances

カウント

アクティブなインスタンスの数

CPUUtilization

パーセンテージ

インスタンスの CPU 読み込み

MemoryUtilization

パーセンテージ

インスタンスのメモリ使用率

RequestLatency

MS

リクエストにかかる時間

Requests

カウント

リクエストの総数

データの使用方法

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.