• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

AWS Direct Connectモニタリング統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams integration を有効にすると、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスを監視することができます。個別の統合はもはや推奨されるオプションではありません。

New Relic では、 AWS Direct Connect のデータをレポートするための統合を提供しています。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

統合を有効にする

このインテグレーションを有効にするには、標準手順に従い、AWSサービスをNew Relicに接続します

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング AWS Direct Connectインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchのデータ間隔:1分

データの検索と使用

統合データを探すには、 one.newrelic.com > Infrastructure> AWS にアクセスし、統合を選択します。

次のイベントタイプを使用して、データのクエリと探索を行うことができます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

接続方法

AwsDirectConnectConnectionSample

AwsDirectConnectConnection

データの利用方法については、 統合データの理解と利用 を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、ConnectionのAWS Direct Connectデータを収集します。

ダイレクトコネクト 接続データ

メトリック

ユニット

説明

コネクションステート

Count

接続の状態。 0 はDOWN、 1 はUPを示す。

connectionBpsEgress

BitsPerSecond

AWS側の接続からのアウトバウンドデータのビットレートです。報告される数値は、指定された期間(デフォルトでは5分、最小で1分)の集計値です。

接続BpsIngress

BitsPerSecond

AWS側の接続への受信データのビットレートです。報告される数値は、指定された期間(デフォルトでは5分、最小で1分)の集計値です。

connectionPpsEgress

CountPerSecond

AWS側の接続からのアウトバウンドデータのパケットレートです。報告される数値は、指定された期間(デフォルトでは5分、最小で1分)の集計値です。

コネクションPpsIngress

CountPerSecond

AWS側の接続先への受信データのパケットレートです。報告される数値は、指定された期間(デフォルトでは5分、最小で1分)の集計値です。

connectionCRCErrorCount

Count

AWSデバイスで受信したデータについて、巡回冗長検査(CRC)エラーが観測された回数。この指標は、デバイスがリセットされたときにのみリセットされるため、長期間にわたって同じ値を維持する可能性があるカウンタです。この値が増加しない場合は、エラーが発生していないことになります。

connectionLightLevelTx

Count

接続のAWS側からのエグレス(送信)トラフィックに対するファイバー接続の健全性を示します。この指標は、10Gbpsのポート速度を持つ接続でのみ利用可能です。

コネクションライトレベルRx

Count

接続のAWS側へのイングレス(受信)トラフィックに対するファイバー接続の健全性を示します。この指標は、ポート速度が10Gbpsの接続でのみ利用可能です。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.