• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

PowerDNSモニタリングの統合

公開プレビュー

この機能は現在公開プレビュー中であり、2021年10月にリリースされた0.0.5以降のバージョンにのみ適用されます。

当社のPowerDNS インテグレーション は、 PowerDNS からディメンションメトリクスを収集して送信します。この メトリクスデータ を事前に構築されたダッシュボードで表示したり、アラートポリシーを作成したり、カスタムクエリやチャートを作成したりすることができます。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

当社のインテグレーションは、PowerDNS RecursorおよびAuthoritative Serverと互換性があります。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

このインテグレーションは、Prometheus エクスポーターを介して PowerDNS API をスクレイピングすることでデータを取得します。

APIを有効にするには、ウェブサーバーとHTTP APIを有効にする必要があります。

pdns.confに以下の行を追加します。

api=yes
api-key=changeme

そして再起動すると、以下の例のように動き出すはずです。

curl -v -H 'X-API-Key: changeme' http://127.0.0.1:8081/api/v1/servers/localhost | jq .
curl -v -H 'X-API-Key: changeme' http://127.0.0.1:8081/api/v1

詳細については、 WebサーバとApiの有効化

重要

ARM64アーキテクチャには対応していません。

インストールしてアクティブ化する

PowerDNSインテグレーションをインストールするには、セットアップを選択します。

統合を構成する

統合を構成するには、統合のYAML構成ファイルpowerdns-config.ymlの構成を編集します。

YAML設定を使用して、必要なログイン認証情報を配置し、セットアップと設定に応じてデータの収集方法を設定します。

この統合はプロメテウスエクスポーターに基づいているため、 intervaltimeoutinventory_sourceなどの他の統合に適用できる設定はサポートされていません。

PowerDNSインスタンスの設定

次の構成オプションを使用できます。

設定

説明

デフォルト

パワーダウンしたURL

powerdnsサービスのAPI URL

該当なし

エクスポーター_ポート

スクラップエンドポイントを公開するポート。これが提供されない場合、エクスポーターを起動する際にランダムなポートが使用されます。

ランダムポート

api_key

PowerDNSサーバーへの接続に使用するAPIキー

該当なし

構成例

データを見つけて使用する

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

指標は、エンティティPOWERDNS_AUTHORITATIVEPOWERDNS_RECURSORの指標サンプルとイベントタイプに添付されます。トラブルシューティングの目的で、またはカスタムチャートとダッシュボードを作成するために、このデータをクエリできます。

メトリックデータ

POWERDNS_AUTHORITATIVEPOWERDNS_RECURSORの 2 つのエンティティが作成されます。

次のディメンションメトリックは、エクスポーターをスクレイピングしてキャプチャされ、エンティティPOWERDNS_AUTHORITATIVEにリンクされます。

名前

説明

ディメンション

powerdns_authoritative_uptime (count)

デーモンのアップタイムを秒単位で表したもの。

  • タイプ

powerdns_authoritative_packet_cache_size (gauge)

パケットキャッシュのエントリー数。

powerdns_authoritative_recursive_queries_total (count)

ステータス別の再帰的なクエリの合計数。

  • ステータス

powerdns_authoritative_remote_queries (count)

リモートサーバーのIPアドレスです。

  • リモート

powerdns_authoritative_security_status (gauge)

security-status.secpoll.powerdns.comに基づくPDNSサーバーのセキュリティステータス。

powerdns_authoritative_exceptions_total (count)

エラーごとの例外の合計数。

  • エラー

powerdns_authoritative_latency_average_seconds (gauge)

パケットがPowerDNS内で過ごす平均マイクロ秒数。

powerdns_authoritative_dnsupdate_queries_total (count)

ステータス別のDNS更新クエリの総件数。

  • ステータス

powerdns_authoritative_qsize (gauge)

データベースの注意を待っているパケットの数。

powerdns_authoritative_response_rcodes (count)

rcodeの配布。

  • rcode

powerdns_authoritative_signature_cache_size (gauge)

シグネチャーキャッシュのエントリー数。

powerdns_authoritative_queries_unauth (count)

私たちが権威を持たないドメインへの問い合わせ。

  • レコード

powerdns_authoritative_answers_bytes_total (count)

プロトコルで送信されたアンサーバイトの合計数。

  • プロト

powerdns_authoritative_queries (count)

UDPクエリーの受信

  • レコード

powerdns_authoritative_exporter_json_parse_failures (count)

PowerDNSのJSON統計情報の解析中に発生したエラーの数。

powerdns_authoritative_deferred_cache_actions (count)

タイプ別メンテナンスのため、キャッシュアクションを延期。

  • タイプ

powerdns_authoritative_up (gauge)

PowerDNSの最後のスクレイピングに成功しました。

powerdns_authoritative_query_cache_lookup (count)

結果によるクエリキャッシュの検索。

  • 結果

powerdns_authoritative_key_cache_size (gauge)

キーキャッシュのエントリー数。

powerdns_authoritative_answers_total (count)

プロトコル別の総回答数

  • プロト

powerdns_authoritative_packet_cache_lookup (count)

結果によるパケットキャッシュの検索。

  • 結果

powerdns_authoritative_metadata_cache_size (gauge)

メタデータ・キャッシュのエントリ数。

powerdns_authoritative_queries_total (count)

プロトコル別のクエリの総数

  • プロト

powerdns_authoritative_cpu_utilisation (count)

ユーザー空間とカーネル空間で使われたCPUミリ秒数。

  • タイプ

powerdns_authoritative_dnssec (count)

DNSSECのカウンターです。

  • タイプ

powerdns_authoritative_response_sizes (count)

回答のサイズ分布

  • サイズ

powerdns_authoritative_exporter_total_scrapes (count)

現在のPowerDNSのスクレイプ総数

powerdns_authoritative_remote_queries_unauth (count)

リモートホストが、私たちが権威を持たないドメインに問い合わせをすること。

  • リモート

次のディメンションメトリックは、エクスポーターをスクレイピングしてキャプチャされ、エンティティPOWERDNS_RECURSORにリンクされます。

名前

説明

ディメンション

powerdns_recursor_incoming_queries_total (count)

ネットワーク別の受信クエリの総数

  • ネット

powerdns_recursor_outgoing_queries_total (count)

ネットワーク別の送信クエリの総数。

  • ネット

powerdns_recursor_cache_size (gauge)

キャッシュのエントリー数。

powerdns_recursor_cache_lookups_total (count)

結果別のキャッシュルックアップの合計数。

  • 結果

powerdns_recursor_exporter_json_parse_failures (count)

PowerDNSのJSON統計情報の解析中に発生したエラーの数。

powerdns_recursor_answers_rcodes_total (count)

回答コード別の総回答数

  • rcode

powerdns_recursor_exporter_total_scrapes (count)

現在のPowerDNSのスクレイプ総数

powerdns_recursor_concurrent_queries (gauge)

同時実行可能なクエリの数

powerdns_recursor_answers_rtime_total (count)

回答時間帯ごとにグループ化された回答の総数。

  • タイムスロット

powerdns_recursor_latency_average_seconds (gauge)

質問と回答の待ち時間の指数移動平均。

powerdns_recursor_exceptions_total (count)

エラーごとの例外の合計数。

  • エラー

powerdns_recursor_response_time_seconds_sum (count)

PowerDNS のリカーサー応答時間のヒストグラム(秒単位)。(sum metric)

powerdns_recursor_response_time_seconds_bucket (count)

PowerDNS のリカーサー応答時間のヒストグラム(秒)。(バケットメトリック)

powerdns_recursor_up (gauge)

PowerDNSの最後のスクレイピングに成功しました。

ソースコードを確認してください

このインテグレーションは、オープンソース・ソフトウェアです。つまり、 そのソースコードを閲覧して 改良点を送ったり、自分でフォークを作って構築することができます。

さらに、この統合では、コミュニティが作成したオープンソースのエクスポーターを活用しています。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.