• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Oracle Databaseモニタリングの統合

当社のOracle Database 統合 は、デフォルトでは、データベース、テーブルスペース、およびメモリに関する主要なパフォーマンスメトリクスを収集します。設定をカスタマイズしてさらに多くのメトリクスを収集することで、データベースのパフォーマンスを詳細に把握することができます。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

当社のインテグレーションは、Oracle Databaseのバージョン11.2以降に対応しています。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

重要

ARM64アーキテクチャには対応していません。

インストールしてアクティブ化する

Oracle Databaseインテグレーションをインストールするには

  1. ファイル名nri-oracledbを使用して、統合をインストールするための指示に従います。

  2. ディレクトリを統合フォルダに変更します。

    bash
    $
    cd /etc/newrelic-infra/integrations.d
  3. サンプル構成ファイルをコピーします。

    bash
    $
    sudo cp oracledb-config.yml.sample oracledb-config.yml
  4. 構成設定の説明に従って、 oracledb-config.ymlファイルを編集します。

  5. インフラストラクチャエージェントを再起動します

その他の注意事項:

構成

Oracle DB Serverの有効化

Oracle データベースで次のステートメントを実行して、新しいユーザーを作成し、ユーザー権限を割り当てます。 USERNAME と同様のユーザー固有の値を置き換える必要があります。

  1. Oracle DB 12c以降を使用している場合は、 ALTER SESSIONを使用してデータベースにアクセスし、ユーザーとユーザープロパティを管理します。 Oracle DBのバージョンが12c未満の場合は、このクエリを実行しないでください。

    ALTER SESSION set "_Oracle_SCRIPT"=true;
  2. CREATE USERを使用して、データベースに新しいユーザーを追加します。 USER_PASSWORD新しいユーザーのパスワードに置き換えます。

    CREATE USER USERNAME IDENTIFIED BY "USER_PASSWORD";

    ヒント

    ユーザーメンテナンスに関する質問については、 Oracle documentation を参照するか、システムまたはデータベースの管理者にお問い合わせください。

  3. ユーザーにCONNECT権限を付与します。

    GRANT CONNECT TO USERNAME;
  4. 次のグローバルビューでユーザーにSELECT権限を付与します。

    • cdb_data_files
    • cdb_pdbs
    • cdb_users
    • gv_$sysmetric
    • gv_$pgastat
    • gv_$instance
    • gv_$filestat
    • gv_$parameter
    • sys.dba_data_files
    • gv_$session
    • gv_$sesstat
    • gv_$statname
    • gv_$rowcache
    • gv_$sga
    • gv_$sysstat
    • v_$database
    • gv_$librarycache
    • gv_$sqlarea
    • gv_$system_event
    • dba_tablespaces
    • gv_$session_wait
    • gv_$rollstat
    • v_$instance

    以下のSQL文は、1つのスクリプトにまとめて実行することも、個別に実行することもできます。

    GRANT SELECT ON cdb_data_files TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON cdb_pdbs TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON cdb_users TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$sysmetric TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$pgastat TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$instance TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$filestat TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$parameter TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON sys.dba_data_files TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON DBA_TABLESPACES TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON DBA_TABLESPACE_USAGE_METRICS TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$session TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$sesstat TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$statname TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$rowcache TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$sga TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$sysstat TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON v_$database TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$librarycache TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$sqlarea TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$system_event TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON dba_tablespaces TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$session_wait TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON gv_$rollstat TO USERNAME;
    GRANT SELECT ON v_$instance TO USERNAME;

統合を構成する

インストール方法に応じて、統合を構成する方法はいくつかあります。

  • Amazon ECSを介して有効になっている場合: ECSで実行されている監視サービスを参照してください。
  • ホストにインストールされている場合:統合のYAML構成ファイルoracledb-config.ymlの構成を編集します。

統合のYAML形式の構成では、必要なログイン資格情報を配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、セットアップと設定によって異なります。

構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなどのすべての統合に適用できる共通の設定があります。これらの一般的な設定についてすべて読むには、 構成フォーマットのドキュメントを参照してください。

重要

レガシー構成/定義ファイルをまだ使用している場合は、このドキュメントを参照してください。

Oracle DBに関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、Oracle DBインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。有効な設定のリストについては、このドキュメントの次のセクションで説明します。

Oracle DB インスタンスの設定

Oracle DBの統合では、Metrics(M)とInventory(I)の両方の情報を収集します。表の中で、 Applies To 列を使って、各コレクションで利用できる設定を確認します。

'' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' ''

設定

説明

デフォルト

に適用されます

サービス名

Oracleインスタンスのサービス名です。

該当なし

M / I

ホスト名

Oracle DBが稼働しているホスト名またはIP。

127.0.0.1

M / I

ポート

Oracle DB が待ち受けているポート。

1521

M / I

ユーザー名

Oracle DBサーバーにアクセスするためのユーザー名。

該当なし

M / I

パスワード

指定されたユーザーのパスワード。

該当なし

M / I

connection_string

tnsnames.oraにあるような完全な接続文字列。ホスト名、ポート、およびサービス名よりも優先されます。

該当なし

M / I

ORACLE_HOME

ORACLE_HOMEがある場所へのパス。このフィールドは必須です。

該当なし

M / I

TABLESPACES

収集するテーブル スペースの JSON 配列。省略した場合は、最大200個のテーブルスペースまでのすべてのテーブルスペースを収集します。

[]

M

IS_SYS_DBA

認証するユーザーがSysDBAの権限を持っているかどうかを示す。

false

M

IS_SYS_OPER

認証するユーザーがSysOperの権限を持っているかどうかを示す。

false

M

EXTENDED_METRICS

拡張メトリクスを収集するかどうかを示します。どの指標が拡張指標なのかは、以下の の表で確認してください。

false

M

SKIP_METRICS_GROUPS

収集されたメトリックは、データの取得に使用されたクエリに応じてグループ化されます。これらのメトリックグループはここに一覧表示され、JSON配列形式でグループの名前をSKIP_METRICS_GROUPSに追加することで、コレクションからスキップできます。デフォルトでは、グループはスキップされません。以下のを参照してください。

[]

M

ディセーブル・コネクション・プール

コネクションプーリングを無効にします。Oracle DBへの新しい接続を確立しようとするとエラーが発生する場合にのみ使用します。

false

M

max_open_connections

統合によって開かれる同時接続の最大数。

5

M

CUSTOM_METRICS_QUERY

カスタムメトリックを収集するためのSQLクエリ。以下のを参照してください。

該当なし

M

CUSTOM_METRICS_CONFIG

カスタムメトリックを収集するための1つ以上のSQLクエリを使用したYAML構成。以下のを参照してください。

false

M

METRICS

メトリックのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

在庫

インベントリのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

これらの設定の値は、いくつかの方法で定義できます。

  • 値を構成ファイルに直接追加します。これが最も一般的な方法です。
  • {{}}表記を使用して、環境変数の値を置き換えます。これには、インフラストラクチャエージェント1.14.0以降が必要です。詳細については、 インフラストラクチャエージェントのパススルー環境変数の詳細を参照してください。
  • 設定ファイルのプレーンテキストで公開されないように、シークレット管理を使用して、パスワードなどの賢明な情報を保護してください。詳細については、シークレット管理を参照してください。

ラベルとカスタム属性

メトリックをラベルで装飾することもできます。ラベルを使用すると、キーと値のペアの属性をメトリックに追加して、メトリックをクエリ、フィルタリング、またはグループ化できます。

デフォルトのサンプル構成ファイルにはラベルの例が含まれていますが、それらはオプションです。新しいものを削除、変更、または追加できます。

labels:
env: production
role: load_balancer

構成例

データを見つけて使用する

インフラストラクチャーで統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > インフラストラクチャー> サードパーティサービス にアクセスし、Oracle Database 統合リンクのいずれかを選択します。

Oracle Databaseのデータは、以下の イベントタイプに添付されています。:

  • OracleDatabaseSample
  • OracleTablespaceSample

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

メトリックデータ

Oracle Database統合は、以下のメトリック・データ属性を収集します。各メトリック名の前には、カテゴリインジケーターとピリオド( disk.memory.など)が付いています。

データベースメトリック

これらの属性は、 OracleDatabaseSampleイベントタイプを照会することで見つけることができます。

メトリック

説明

拡張

db.activeParallelSessions

アクティブなパラレルセッション。

db.activeSerialSessions

アクティブなシリアルセッション。

db.averageActiveSessions

平均アクティブセッション数

db.backgroundCheckpointsPerSecond

1秒あたりのチェックポイント数

db.backgroundCpuUsagePerSecond

1秒あたりのバックグラウンドCPU使用率。

db.backgroundTimePerSecond

1秒あたりのバックグラウンド時間

db.blockChangesPerSecond

1秒あたりのDBブロックの変更

db.blockChangesPerTransaction

トランザクションごとのDBブロックの変更

db.blockChangesPerUserCall

ユーザーコールごとのDBブロック変更

db.blockGetsPerSecond

1秒間に取得するDBブロック。

db.blockGetsPerTransaction

DBブロックは、トランザクションごとに取得します。

db.blockGetsPerUserCall

DBブロックは、ユーザーの呼び出しごとに取得します。

db.branchNodeSplitsPerSecond

ブランチノードの1秒あたりのスプリット数

db.branchNodeSplitsPerTransaction

ブランチノードは、トランザクションごとに分割されます。

db.consistentReadChangesPerSecond

1秒間に一貫した読み取り変化を実現。

db.consistentReadChangesPerTransaction

トランザクションごとの一貫した読み取り変更

db.consistentReadGetsPerSecond

1秒あたりの読み取り回数が安定しています。

db.consistentReadGetsPerTransaction

トランザクションごとの一貫したリードゲット。

db.cpuTimeRatio Database

CPU時間の比率です。

db.cpuUsagePerSecond

1秒あたりのCPU使用率。

db.cpuUsagePerTransaction

トランザクションごとのCPU使用率。

db.crBlocksCreatedPerSecond

1秒間に作成されるCRブロック。

db.crBlocksCreatedPerTransaction

トランザクションごとに作成されるCRブロック。

db.crUndoRecordsAppliedPerSecond

1秒間に適用されるCRのアンドゥ記録。

db.crUndoRecordsAppliedPerTransaction

CRのアンドゥレコードは、トランザクションごとに適用されます。

db.currentLogons

現在のログオン数

db.currentOpenCursors

現在のオープンカーソルのカウント

db.cursorCacheHitsPerAttempts

カーソルキャッシュのヒット率。

db.databaseCpuTimePerSecond

1秒あたりのデータベース時間

db.dbwrCheckpointsPerSecond

1秒あたりのDBWRチェックポイント

db.enqueueDeadlocksPerSecond

1秒あたりのエンキューのデッドロック数。

db.enqueueDeadlocksPerTransaction

デッドロックをトランザクションごとにエンキューする。

db.enqueueRequestsPerSecond

1秒あたりのエンキューリクエスト数。

db.enqueueRequestsPerTransaction

トランザクションごとにリクエストをエンキューします。

db.enqueueTimeoutsPerSecond

1秒あたりのエンキューのタイムアウト。

db.enqueueTimeoutsPerTransaction

トランザクションごとのエンキューのタイムアウト。

db.enqueueWaitsPerSecond

Enqueue waits per second.

db.enqueueWaitsPerTransaction

トランザクションごとの待ち時間をエンキューします。

db.executionsPerSecond

1秒あたりの実行回数。

db.executionsPerTransaction

トランザクションごとの実行回数です。

db.executionsPerUserCall

ユーザーコールごとの実行回数

db.fullIndexScansPerSecond

1秒あたりのフルインデックススキャン数。

db.fullIndexScansPerTransaction

トランザクションごとにフルインデックススキャンを行います。

db.GcCrBlockRecievedPerSecond

GC CRブロックの1秒あたりの受信数。

db.GcCrBlockRecievedPerTransaction

トランザクションごとに受信したGC CRブロック。

db.GcCurrentBlockReceivedPerSecond

GC現在のブロック受信数/秒

db.GcCurrentBlockReceivedPerTransaction

トランザクションごとに受信したGC電流ブロック。

db.globalCacheAverageCrGetTime

グローバルキャッシュの平均CR取得時間。

db.globalCacheAverageCurrentGetTime

グローバルキャッシュの平均的な現在の取得時間。

db.hardParseCountPerSecond

1秒あたりのハードパーズ数。

db.hardParseCountPerTransaction

トランザクションごとのハードパーズ数。

db.hostCpuUsagePerSecond

ホストの1秒あたりのCPU使用率。

db.hostCpuUtilization

ホストのCPU使用率(パーセンテージ)。

db.leafNodeSplitsPerSecond

リーフノードの1秒間のスプリット数

db.leafNodeSplitsPerTransaction

リーフノードの分割は、トランザクションごとに行われます。

db.libraryCacheHitRatio

ライブラリのキャッシュヒット率。

db.libraryCacheMissRatio

ライブラリキャッシュのミス率。

db.logicalReadsPerSecond

ロジカル・リード・パー・セカンド

db.logicalReadsPerTransaction

トランザクションごとの論理的読み取り。

db.logonsPerSecond

ログオン/秒。

db.logonsPerTransaction

トランザクションあたりのログオン数

db.longTableScansPerSecond

1秒あたりの長いテーブルスキャン。

db.longTableScansPerTransaction

トランザクションごとの長いテーブルスキャン。

db.openCursorsPerSecond

1秒間に開くカーソル数

db.openCursorsPerTransaction

トランザクションごとのオープンカーソルです。

db.osLoad

現在のOSの負荷

db.parseFailureCountPerSecond

1秒あたりの解析失敗数。

db.parseFailureCountPerTransaction

トランザクションごとの解析失敗数。

db.pgaCacheHitPercentage

PGAキャッシュヒット率。

db.processLimitPercentage

プロセスリミットのパーセンテージです。

db.recursiveCallsPerSecond

1秒あたりの再帰呼び出し

db.recursiveCallsPerTransaction

トランザクションごとの再帰的な呼び出し。

db.redoWritesPerSecond

1秒あたりのREDOの書き込み数。

db.redoWritesPerTransaction

トランザクションごとのREDOの書き込み。

db.responseTimePerTransaction

トランザクションごとの応答時間。

db.rowCacheHitRatio

ロウキャッシュヒット率。

db.rowCacheMissRatio

ロウキャッシュのミス率。

db.rowsPerSort

ソートあたりの行数

db.sessionCount

セッション数

db.sessionLimitPercentage

セッションリミットのパーセンテージです。

db.sharedPoolFreePercentage

共用プール無料の割合。

db.softParseRatio

ソフトパーズの比率。

db.sortsPerUserCall

ユーザーの通話ごとの合計金額

db.sqlServiceResponseTime

SQLサービスの応答時間。

db.streamsPoolUsagePercentage

ストリームプールの使用率。

db.tableScansPerUserCall

ユーザーコールごとのテーブルスキャンの合計。

db.totalIndexScansPerSecond

1秒あたりの総インデックススキャン数。

db.totalIndexScansPerTransaction

トランザクションごとのインデックススキャンの合計。

db.totalParseCountPerSecond

1秒あたりの総解析数。

db.totalParseCountPerTransaction

トランザクションごとの総解析数。

db.totalTableScansPerSecond

1秒あたりのテーブルスキャンの合計。

db.totalTableScansPerTransaction

トランザクションごとのテーブルスキャンの合計。

db.TransactionsPerLogon

ログオン毎のトランザクション。

db.userCallsPerSecond

1秒あたりのユーザーコール数

db.userCallsPerTransaction

トランザクションごとのユーザーコール

db.userCallsRatio

ユーザーコール率

db.userCommitsPercentage

ユーザーがパーセンテージをコミットする。

db.userCommitsPerSecond

1秒あたりのユーザーコミット数

db.userLimitPercentage

ユーザー制限の割合。

db.userRollbacksPercentage

トランザクションごとのユーザーロールバック

db.userRollbacksPerSecond

1秒あたりのユーザーロールバック数

db.userRollbackUndoRecordsAppliedPerSecond

1秒あたりに適用されるユーザーロールバックのアンドゥ記録。

db.userRollbackUndoRecordsAppliedPerTransaction

トランザクションごとに適用されるユーザーロールバックのアンドゥレコード。

db.waitTimeRatio

データベースの待ち時間の比率。

disk.blocksRead

ブロックリードの数

disk.blocksWritten

ブロックライトの数

disk.logicalReadsPerUserCall

ユーザーコールごとのロジカルリード

disk.physicalLobsReadsPerSecond

フィジカルは1秒間にダイレクトロブを読む。

disk.physicalLobsWritesPerSecond

フィジカルは1秒間にダイレクトロブを書き込みます。

disk.physicalReadBytesPerSecond

フィジカルリードの総バイト数/秒。

disk.physicalReadIoRequestsPerSecond

フィジカルリードの総I/Oリクエスト数/秒。

disk.physicalReadsPerSecond

フィジカル・リード・ダイレクト・パー・セカンド

disk.physicalWriteBytesPerSecond

物理的な書き込みの総バイト数/秒。

disk.physicalWriteIoRequestsPerSecond

1秒あたりの物理的な書き込みI/Oリクエスト。

disk.physicalWritesPerSecond

1秒あたりの物理的な書き込み数

disk.physicalWriteTotalIoRequestsPerSecond

フィジカルライトの総I/Oリクエスト数/秒。

disk.reads

物理的な読み取りの総数。

disk.readTimeInMilliseconds

ファイル読み込み時間の量。

disk.sortPerSecond

1秒あたりのディスクソート数。

disk.sortPerTransaction

トランザクションごとのディスクソート

disk.tempSpaceUsedInBytes

使われているテンポススペース

disk.writes

物理的な書込みの総数。

disk.writeTimeInMilliseconds

ファイルの書き込み時間の量。

lockedAccounts

account_statusOPEN }ではないアカウントの数。

longRunningQueries

長時間稼働するクエリの数(> 60s)

memory.bufferCacheHitRatio

バッファキャッシュヒット率。

memory.globalCacheBlocksCorrupted

グローバルキャッシュブロックが破損している。

memory.globalCacheBlocksLost

グローバルキャッシュブロックが失われる。

memory.pgaAllocatedInBytes

インスタンスに割り当てられているPGAメモリの現在の量。

memory.pgaFreeableInBytes

オートマチックモードで実行されるワークエリアの最大サイズ。

memory.pgaFreeableInBytes

全プロセスのPGAメモリのうち、オペレーティング・システムに解放して戻すことができたバイト数。

memory.pgaInUseInBytes

ワークエリアで現在消費されているPGAメモリの量を示す。この数値は、PGAメモリの他の消費者(PL/SQLやJavaなど)がどれだけのメモリを消費しているかを判断するために使用することができます。

memory.redoAllocationHitRatio

リドゥーアロケーションのヒット率

memory.redoGeneratedBytesPerSecond

1秒あたりのREDO生成バイト数。

memory.redoGeneratedBytesPerTransaction

トランザクションごとのRedo生成バイト。

memory.sortsRatio

メモリのソート率。

network.ioMegabytesPerSecond

I/O megabytes per second。

network.ioRequestsPerSecond

1秒あたりのI/Oリクエスト数。

network.trafficBytePerSecond

1秒あたりのネットワークトラフィック量。

query.physicalLobsReadsPerTransaction

トランザクションごとの物理的な読み取りのダイレクトロブ。

query.physicalLobsWritesPerTransaction

トランザクションごとに物理的な書き込みを行うダイレクトロブ。

query.physicalReadsPerTransaction

トランザクションごとに物理的な読み取りを行う。

query.physicalReadsPerTransaction

トランザクションごとの物理的な読み取り。

query.physicalWritesPerTransaction

トランザクションごとに直接物理的な書き込みを行います。

query.physicalWritesPerTransaction

トランザクションごとの物理的な書込み。

query.transactionsPerSecond

1秒あたりのユーザートランザクション数。

redoLog.logFileSwitch

REDOログファイルのスイッチイベントの数。

redoLog.logFileSwitchArchivingNeeded

アーカイブが必要なREDOログファイルのスイッチイベントの数。

redoLog.logFileSwitchCheckpointIncomplete

不完全なREDOログファイルのスイッチイベントのチェックポイントの数。

redoLog.waits

REDOログの待ち時間の数。

rollbackSegments.gets

ロールバックセグメントの取得数

rollbackSegments.ratioWait

ロールバックセグメントの待ち時間の比率。

rollbackSegments.waits

ロールバックセグメントの待ち時間の数

sga.bufferBusyWaits

SGAバッファのビジー・ウェイティングの回数。

sga.fixedSizeInBytes

SGAの固定サイズ。

sga.freeBufferInspected

SGAフリーバッファの検査数。

sga.freeBufferWaits

SGAのフリーバッファの待ち時間の数。

sga.hitRatio

SGAのヒット率。

sga.logBufferAllocationRetriesRatio

SGAのログバッファへの割り当ての再試行率。

sga.logBufferRedoAllocationRetries

SGAログバッファのREDO割り当て比率。

sga.logBufferRedoEntries

SGAログバッファ内のRedoエントリの数。

sga.logBufferSpaceWaits

バッファスペースは、SGAのログバッファを待ちます。

sga.redoBuffersInBytes

SGAのRedoバッファ(単位:バイト)。

sga.sharedPoolDictCacheMissRatio

SGA共有プール辞書(dict)キャッシュのミス率。

sga.sharedPoolLibraryCacheHitRatio

SGA共有プールライブラリキャッシュのヒット率。

sga.sharedPoolLibraryCacheReloadRatio

SGA共有プールライブラリキャッシュのリロード率。

sga.sharedPoolLibraryCacheShareableMemoryPerStatementInBytes

ステートメントごとのSGAキャッシュ可能メモリ(単位:バイト)。

sga.sharedPoolLibraryCacheShareableMemoryPerUserInBytes

ユーザーごとのSGAキャッシュ可能メモリ(単位:バイト)。

sga.ugaTotalMemoryInBytes

UGA(User Global Area)の総メモリ量。

sorts.diskInBytes

ディスクの使用量をバイト単位でソートします。

sorts.memoryInBytes

メモリ使用量をバイト単位でソートします。

テーブルスペース・メトリクス

Oracle Database統合は、以下の表領域メトリックを収集します。これらの属性は、 OracleTablespaceSampleイベントタイプを照会することで見つけることができます。

メトリック

説明

拡張

tablespace.isOffline

テーブルスペースのオフライン状態を表すブール値。

tablespace.offlinePDBDatafiles

オフラインになっているPDBデータファイルの数です。

tablespace.offlineCDBDatafiles

オフラインになっているCDBデータファイルの数です。

tablespace.pdbDatafilesNonWrite

書き換え不可能な状態のPDBデータファイルの数です。

tablespace.spaceConsumedInBytes

テーブルスペースの使用量(バイト)。

tablespace.spaceReservedInBytes

予約されたテーブルスペースの合計(バイト)。

tablespace.spaceUsedPercentage

テーブルスペースの総量に対する使用量の割合。

在庫データ

Oracle Database の統合では、Oracle Database の構成パラメータを取得します。このデータは、 インベントリページconfig/oracledb ソースの下にあります。インベントリデータの詳細については、 Understand integration data を参照してください。

この統合では、以下のOracle Databaseの設定パラメータのデータを取得します。

トラブルシューティング

トラブルシューティングのヒント:

ソースコードを確認してください

このインテグレーションはオープンソース・ソフトウェアです。つまり、 そのソースコードを閲覧して 改良を送ったり、独自のフォークを作成して構築することができます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。