• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Infrastructureエージェントの設定

インフラストラクチャエージェントは、さまざまな方法で構成できます。デフォルトの方法は、 newrelic-infra.ymlファイルの構成変数を編集することです。

設定ファイルのテンプレートは、 Infrastructure config file template にあります。また、 環境変数 を設定してコンフィグファイルを上書きしたり、 コンフィグ管理ツール (AnsibleやPuppetなど)を使用することもできます。

インフラストラクチャエージェントと連携するオンホスト統合を設定するには、 特定の統合のドキュメント を参照してください。

インフラストラクチャー・エージェントを試してみませんか? New Relic のアカウントを作成してください 無料でご利用いただけます。クレジットカードは必要ありません。

設定方法と優先順位

インフラストラクチャエージェントを構成するためのデフォルトの方法は、 newrelic-infra.yml構成ファイルです。コンテナ化された環境に最適な環境変数を設定することで、構成ファイルをオーバーライドできます。

infrastructure config cascade (orders of precedence).png

環境変数は、設定ファイルを上書きします。設定ファイルは、エージェントのデフォルト値を上書きします。

各設定方法の詳細な説明は、以下のとおりです。

重要

構成設定の理解を深めるためには、各変数の詳細な説明を含む Infrastructure configuration settings を参照してください。

設定ファイルの構成

newrelic-infra.ymlを編集するときは、 YAML形式に準拠し、次のルールに従う必要があります。

  • 設定オプションのケーシングを変更しないでください。YAMLのキーは大文字と小文字を区別します。
  • インデントレベルを尊重する。すべてのインデントは同じような増分で、通常は2つのスペース文字を使用します。ファイルの同じスタンザ内のデータは、同じレベルのインデントを使用する必要があります。サブスタンザのインデントは、さらにスペース2文字分を追加してください( カスタム属性 および ネットワークインターフェースフィルタ の例を参照)。

newrelic-infra.ymlのテンプレートは、 インフラストラクチャエージェントリポジトリで利用できます。インフラストラクチャエージェントでファイルを使用する前に、バリデーターを使用して構文が正確であることを確認してください。

重要

設定を変更した後は、必ずエージェント またはウェブサーバーを再起動してください。

設定管理ツール

構成ファイルを動的に作成し、構成管理ツールでインフラストラクチャ・エージェントを管理するには、以下のドキュメントを参照してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.