• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

HashiCorp領事館の監視統合

HashiCorp Consulのオンホスト統合により、インベントリとメトリックが収集され、Consul環境からNew Relicに送信されます。ここで、Consulデータセンター環境の状態を確認できます。データセンターレベルとエージェント/ノードレベルの両方でデータを収集します。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

私たちの統合は、HashiCorpConsul1.0以降と互換性があります。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

クイックスタート

領事館の環境をすばやく計測し、ガイド付きインストールでテレメトリデータを送信します。ガイド付きインストールでは、環境に合わせてカスタマイズされたCLIコマンドを作成し、NewRelicCLIとインフラストラクチャエージェントをダウンロードしてインストールします。

始める準備はできましたか?これらのボタンのいずれかをクリックして試してください。

ガイド付きインストール

ガイド付きインストールでは、インフラストラクチャエージェントを使用してHashiCorpConsul統合をセットアップします。それだけでなく、環境で実行されている他のアプリケーションとログソースを検出し、どのアプリケーションをインストルメントする必要があるかを推奨します。

ガイド付きインストールは、ほとんどのセットアップで機能します。ただし、ニーズに合わない場合は、領事館環境の監視を開始するために、以下の他の方法を見つけることができます。

インストールしてアクティブ化する

HashiCorp Consul統合をインストールするには、ご使用の環境の指示に従ってください。

''

その他の注意事項:

While you wait for your data to come in...

Did this doc help you install?

構成

統合を構成する

インストール方法に応じて、統合を構成する方法はいくつかあります。

統合のYAML形式の構成では、必要なログイン資格情報を配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、セットアップと設定によって異なります。

構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなどのすべての統合に適用できる共通の設定があります。これらの一般的な設定についてすべて読むには、 構成フォーマットのドキュメントを参照してください。

重要

従来の構成/定義ファイルをまだ使用している場合は、このドキュメントを参照してください。

領事に関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、Consulインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。有効な設定のリストについては、このドキュメントの次のセクションで説明します。

領事インスタンスの設定

領事館の統合により、メトリック( M )とインベントリ( I )の両方の情報が収集されます。表で、各コレクションで使用可能な設定の[適用先]列を使用します。

'' '' '' '' '' '' '' '' '' '' ''

設定

説明

デフォルト

に適用されます

ホスト名

Consulが実行されているホスト名またはIP。

ローカルホスト

M / I

ポート

領事が聞いている港。

8500

M / I

トークン

トークン認証が有効になっている場合はACLトークン。

該当なし

M / I

ENABLE_SSL

SSLを使用して接続します。

false

M / I

CA_BUNDLE_FILE

代替認証局バンドルファイル。

該当なし

M / I

CA_BUNDLE_DIR

代替認証局バンドルディレクトリ。

該当なし

M / I

TRUST_SERVER_CERTIFICATE

trueに設定すると、サーバー証明書はSSLに対して検証されません。

false

M / I

扇形に広がります

trueの場合、Consulクラスター内の他のすべてのノードからメトリックを収集しようとします。

true

M

CHECK_LEADERSHIP

領事サーバーのリーダーシップを確認してください。これは、クライアントモードの領事で無効にする必要があります。

true

M

タイムアウト

各領事クライアントの呼び出しのタイムアウト。

30代

M / I

METRICS

メトリックのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

在庫

インベントリのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

これらの設定の値は、いくつかの方法で定義できます。

  • 設定ファイルに直接値を追加します。これが最も一般的な方法です。
  • {{}}表記を使用して環境変数の値を置き換えます。これには、インフラストラクチャエージェントv1.14.0以降が必要です。詳細については、 こちらをご覧になるか、以下の例をご覧ください。
  • シークレット管理を使用します。これを使用して、構成ファイルにプレーンテキストで公開されるパスワードなどの機密情報を保護します。詳細については、シークレット管理を参照してください。

ラベル/カスタム属性

ラベルを使用して、メトリックをさらに装飾できます。ラベルを使用すると、キーと値のペアの属性をメトリックに追加できます。これを使用して、メトリックをクエリ、フィルタリング、またはグループ化できます。
デフォルトのサンプル構成ファイルには、ラベルの例が含まれています。ただし、必須ではないため、選択した新しいものを削除、変更、または追加できます。

labels:
env: production
role: load_balancer

構成例

データを見つけて使用する

このサービスからのデータは、 統合ダッシュボードに報告されます。

メトリックは、これらのイベントタイプに関連付けられています。

  • ConsulDatacenterSample
  • ConsulAgentSample

トラブルシューティングの目的で、またはカスタムチャートとダッシュボードを作成するために、このデータをクエリできます。

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

メトリックデータ

HashiCorp Consul統合は、次のメトリックデータ属性を収集します。

データセンターのサンプルメトリクスを領事

これらの属性は、 ConsulDatacenterSampleイベントタイプに関連付けられています。

メトリック

説明

consul.catalog.nodes_critical

登録されているノードのうち、サービスステータスがcriticalのノードの数。

consul.catalog.nodes_passing

登録されているノードのうち、サービスステータスがpassingのノードの数。

consul.catalog.nodes_up

ノードの数。

consul.catalog.nodes_warning

登録されているノードのうち、サービスステータスがwarningのノードの数。

consul.catalog.total_nodes

領事クラスターに登録されているノードの数。

consul.memberlist.msg.suspect

ゴシッププロトコル中にプローブしているときに、エージェントが別のエージェントを失敗したと疑う回数。

consul.raft.apply

発生したラフトトランザクションの数。

consul.raft.commitTime.avg

リーダーのいかだログに新しいエントリをコミットするのにかかる平均時間。

consul.raft.commitTime.count

raft.commitTimeのサンプル数。

consul.raft.commitTime.max

リーダーのいかだログに新しいエントリをコミットするのにかかる最大時間。

consul.raft.commitTime.median

リーダーのいかだログに新しいエントリをコミットするのにかかる時間の中央値。

consul.raft.leader.dispatchLog.avg

リーダーがログエントリをディスクに書き込むのにかかる平均時間。

consul.raft.leader.dispatchLog.count

raft.leader.dispatchLogのサンプル数。

consul.raft.leader.dispatchLog.max

リーダーがログエントリをディスクに書き込むのにかかる最大時間。

consul.raft.leader.dispatchLog.median

リーダーがログエントリをディスクに書き込むのにかかる時間の中央値。

consul.raft.leader.lastContact.avg

リーダーがフォロワーとのリースを最後に確認できてからの平均経過時間。

consul.raft.leader.lastContact.count

raft.leader.lastContactのサンプル数。

consul.raft.leader.lastContact.max

リーダーがフォロワーとのリースを最後に確認できてからの最大経過時間。

consul.raft.leader.lastContact.median

リーダーがフォロワーとのリースを最後に確認できてから経過した時間の中央値。

consul.raft.state.candidate

開始されたリーダー選挙の数。

consul.raft.state.leader

完了したリーダー選挙の数。

consul.serf.member.flap

エージェントがデッドとマークされてからすぐに回復する回数。

領事代理人のサンプル指標

これらの属性は、 ConsulAgentSampleイベントタイプに関連付けられています。

メトリック

説明

agent.aclCacheHit

ACLキャッシュがヒットします。

agent.aclCacheMiss

ACLキャッシュがありません。

agent.kvStores

kvs.applyのサンプル数。

agent.kvStoresAvgInMilliseconds

KVストアの更新を完了するのにかかる平均時間。

agent.kvStoresMaxInMilliseconds

KVストアの更新を完了するのにかかる最大時間。

agent.kvStoresMedianInMilliseconds

KVストアの更新を完了するのにかかる時間の中央値。

agent.peers

ピアセット内のピアの数。

agent.staleQueries

許可された失効しきい値内で提供されたクエリ。

agent.txnAvgInMilliseconds

トランザクション操作の適用にかかる平均時間。

agent.txnMaxInMilliseconds

トランザクション操作の適用にかかる最大時間。

agent.txnMedianInMilliseconds

トランザクション操作の適用にかかる時間の中央値。

agent.txns

txn.applyのサンプル数。

client.rpcFailed

失敗したRPC要求の測定。

client.rpcLoad

エージェントがConsulサーバーにロードしている量の測定。

client.rpcRateLimited

レートが制限されるRPCリクエストの測定。

net.agent.maxLatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードまでの最大遅延。

net.agent.medianLatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードまでの遅延の中央値。

net.agent.minLatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードまでの最小遅延。

net.agent.p25LatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードへのP25遅延。

net.agent.p75LatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードへのP75遅延。

net.agent.p90LatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードへのP90遅延。

net.agent.p95LatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードへのP95遅延。

net.agent.p99LatencyInMilliseconds

このノードから他のすべてのノードへのP99レイテンシ。

runtime.allocations

割り当てられたヒープオブジェクトの累積数。

runtime.allocationsInBytes

領事プロセスによって割り当てられた現在のバイト。

runtime.frees

解放されたヒープオブジェクトの累積数。

runtime.gcCycles

完了したGCサイクルの数。

runtime.gcPauseInMilliseconds

領事が開始してから、GCの累積ナノ秒は世界を停止します。

runtime.goroutines

実行中のgoルーチンの数。

runtime.heapObjects

ヒープに割り当てられたオブジェクトの数

runtime.virtualAddressSpaceInBytes

goランタイムによって予約された仮想アドレス空間の合計サイズ。

在庫データ

HashiCorp Consul統合は、ConsulAgentノードの構成パラメーターと現在の設定をキャプチャします。/v1/agent/self RESTAPIエンドポイントの結果を収集します。その応答から{ Config }セクションとDebugConfigセクションを引き出します。

ヒント

ConfigおよびDebugConfig内のネストされたセクションは収集されません。

データは、 config/consulソースの下の[ インベントリ]ページで入手できます。インベントリデータの詳細については、 統合データについてを参照してください。

ソースコードを確認してください

この統合はオープン ソース ソフトウェアです。つまり、ソース コードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.