• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

F5モニタリングの統合

当社のF5 BIG-IP 統合 は、お客様のF5 BIG-IPインスタンスからインベントリとメトリクスを収集して当社のプラットフォームに送信し、主要なパフォーマンスメトリクスを集約して可視化することができます。データは、システム、アプリケーション、プール、プール・メンバー、仮想サーバ、ノードの各レベルで収集されます。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

当社の統合は、F5 BIG-IP 11.6以降と互換性があります。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

インストールしてアクティブ化する

F5 BIG-IPインテグレーションをインストールするには、セットアップを選択します。

その他の注意事項:

F5インスタンスの有効化

新しいF5 BIG-IPユーザを作成し、ユーザ権限を割り当てます。

  1. 最低でも Auditor レベルのアクセス権を持つユーザーアカウントを作成します。この方法については、F5 の公式ドキュメント を参照してください。
  2. ユーザーが作成されたら、ユーザーにiControl REST ユーザー権限を割り当てます。

ヒント

一部の システムサンプル メトリクスや システムインベントリ 構成データを収集するには、管理者レベルの権限が必要な場合があります。ユーザー権限レベルの詳細については、 F5 の公式ドキュメントであるユーザーロールのアクセス記述 を参照してください。

Did this doc help with your installation?

統合を構成する

インストール方法に応じて、統合を構成する方法はいくつかあります。

統合機能のYAML形式の設定では、必要なログイン認証情報を配置したり、データの収集方法を設定したりすることができます。変更するオプションは、あなたのセットアップと好みによって異なります。

構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなど、すべての統合に適用できる共通の設定があります。これらの一般的な設定の詳細については、構成プロパティのドキュメントのリストを参照してください。

従来の設定/定義ファイルをまだお使いの場合は、 on-host integrations standard configuration format をご覧ください。

F5に関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、F5インスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。

ヒント

バージョン 2.6.0 以降、統合は golang 1.18.0 を利用して構築されます。HTTP クライアントは、証明書を検証するために CommonName に依存しなくなりました。

サブジェクトの別名が存在しない場合に、X.509 証明書の CommonName フィールドをホスト名として扱うという非推奨の従来の動作は、デフォルトで無効になりました。この問題を解決するには、ユーザーはSubject Alternative Nameに依存する証明書を更新する必要があります。証明書が更新されていない間、 --tls_insecure_skip_verifyを true に設定して証明書の検証を無効にすることができます。

F5インスタンスの設定

F5の統合では、メトリクス(M)とインベントリ(I)の両方の情報を収集します。表の中で、 Applies To 列を使って、各コレクションで利用できる設定を確認します。

'' '' '' '' '' '' '' '' '' '' ''

設定

説明

デフォルト

に適用されます

ホスト名

F5が動作しているホスト名またはIP。

ローカルホスト

M / I

ポート

F5 APIが待ち受けているポート。

443

M / I

ユーザー名

F5 APIにアクセスするためのユーザー名です。

該当なし

M / I

パスワード

指定されたユーザーのパスワード。

該当なし

M / I

CA_BUNDLE_FILE

代替認証局バンドルファイル。

該当なし

M / I

CA_BUNDLE_DIR

代替認証局バンドルディレクトリ。

該当なし

M / I

タイムアウト

リクエストのタイムアウトを秒単位で指定します。

30

M / I

partition_filter

収集する BIG-IP パーティションの JSON 配列。こちらをご覧ください Metrics-only with partition filtering の例.

["共通"]

M

max_concurrent_requests

同時に実行されるリクエストの最大数。

10

M

TLS_INSECURE_SKIP_VERIFY

ホストから送信された証明書の検証をスキップします。

false

M / I

METRICS

メトリックのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

在庫

インベントリのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

これらの設定値は、好みや必要性に応じてさまざまな方法で定義することができます。

  • 設定ファイルに直接値を追加する。これが最も一般的な方法です。
  • {{}}表記を使用して、環境変数の値を置き換えます。これには、インフラストラクチャエージェントv1.14.0以降が必要です。 パススルーの使用の詳細を読むか、環境変数の置換例を参照してください。
  • 設定ファイルに平文で記載されているような、パスワードなどの機密情報を保護するには、secrets managementを使用します。詳しくは、 secrets management を使った方法をお読みください。

ラベル/カスタム属性

また、ラベルを使ってメトリクスを装飾することもできます。また、ラベルを使ってメトリクスを装飾することもできます。ラベルを使うと、キーと値のペアの属性をメトリクスに追加することができ、それを使ってメトリクスのクエリ、フィルタリング、グループ化を行うことができます。

デフォルトのサンプル設定ファイルには、ラベルの例が含まれています。お好きなラベルを削除、変更、追加してください。

labels:
env: production
role: load_balancer

構成例

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > Third-party servicesに移動し、F5 BIG-IP 統合リンクのいずれかを選択します。

F5 BIG-IPのデータは、以下のイベントタイプに添付されます。

  • F5BigIpSystemSample
  • F5BigIpVirtualServerSample
  • F5BigIpPoolSample
  • F5BigIpPoolMemberSample
  • F5BigIpNodeSample

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

メトリックデータ

F5 BIG-IP統合は、次のメトリックデータ属性を収集します。一部のメトリック名には、 system.virtualserver.pool.などのカテゴリインジケーターとピリオドが接頭辞として付けられます。

システムサンプルのメトリクス

これらの属性は、 F5BigIpSystemSampleイベントタイプをクエリすることで見つけることができます。

メトリック

説明

system.cpuIdleTicksPerSecond

1秒間にCPUがアイドル状態であったCPUティックの量。収集するにはAdministratorレベルのユーザー権限が必要です。

system.cpuIdleUtilization

CPUがアイドル状態である時間の平均割合。

system.cpuInterruptRequestUtilization

CPUが割込み要求を処理している時間の平均割合。

system.cpuIOWaitUtilization

CPUがIOを待っている時間の平均割合。

system.cpuNiceLevelUtilization

CPUがナイスレベルのプロセスを処理している時間の平均割合。

system.cpuSoftInterruptRequestUtilization

CPUがソフト割り込み要求を処理している時間の平均割合。

system.cpuStolenUtilization

ハイパーバイザーによる再要求サイクルをCPUが処理している時間の平均割合。

system.cpuSystemTicksPerSecond

カーネルプロセスが1秒あたりに使用するCPUチックの量。収集するにはAdministratorレベルのユーザー権限が必要です。

system.cpuSystemUtilization

カーネルがCPUを使用している時間の平均割合。

system.cpuUserTicksPerSecond

ユーザープロセスが1秒間に使用したCPUティックの量。収集するにはAdministratorレベルのユーザー権限が必要です。

system.cpuUserUtilization

ユーザープロセスがCPUを使用している時間の平均割合。

system.memoryFreeInBytes

空きメモリの総量(単位:バイト)。

system.memoryTotalInBytes

メモリの総量(単位:バイト)。収集するには、Administratorレベルのユーザー権限が必要です。

system.memoryUsedInBytes

使用されたメモリの総量(単位:バイト)。収集するには、Administratorレベルのユーザー権限が必要です。

system.otherMemoryFreeInBytes

コントロールプレーンプロセス用に確保されたフリーメモリ(単位:バイト)。

system.otherMemoryTotalInBytes

コントロールプレーンプロセス用に確保された総メモリ(単位:バイト)。

system.otherMemoryUsedInBytes

コントロールプレーンプロセス用に確保された使用済みのメモリ(単位:バイト)。

system.swapFreeInBytes

スワップスペースの空き容量(単位:バイト)。

system.swapTotalInBytes

スワップ領域の合計(単位:バイト)。

system.swapUsedInBytes

使用されているスワップスペース(単位:バイト)。

system.tmmMemoryFreeInBytes

Traffic Management Microkernel(TMM)用に確保されている空きメモリ(単位:バイト)。

system.tmmMemoryTotalInBytes

Traffic Management Microkernel(TMM)のために予約された総メモリ(単位:バイト)。

system.tmmMemoryUsedInBytes

TMM(Traffic Management Microkernel)用に確保された使用済みのメモリ(単位:バイト)。

仮想サーバのサンプルメトリクス

これらの属性は、 F5BigIpVirtualServerSampleイベントタイプを照会することで見つけることができます。

メトリック

説明

virtualserver.avaibilityState

BIG-IPが定義した可用性。オプションを使用します。

  • 0 = Offline
  • 1 = Unknown
  • 2 = Online

virtualserver.clientsideConnectionsPerSecond

オブジェクトのクライアント側を介して作成された接続の1秒あたりの割合。

virtualserver.cmpEnabled

CMP(Cluster Multiprocessing)が有効であるかどうかを示します。

virtualserver.cmpEnableMode

クラスタマルチプロセッシング(CMP)モードのインジケータを表示します。オプションです。

  • CMP無効= nonedisable 、またはsingle
  • CMPが有効= enableまたはall

virtualserver.connections

BIG-IPからの現在の接続数です。

virtualserver.csMaxConnDur

オブジェクトのクライアント側からの最大接続時間。

virtualserver.csMinConnDur

オブジェクトのクライアント側からの最小接続時間。

virtualserver.enabled

現在の有効な状態です。オプションです。

  • 0 = Disabled
  • 1 = Enabled

virtualserver.ephemeralBytesInPerSecond

1秒あたりのエフェメラルポートからの総流入バイト数。

virtualserver.ephemeralBytesOutPerSecond

1秒あたりのエフェメラルポートからの総出力バイト数。

virtualserver.ephemeralConnectionsPerSecond

1秒あたりのエフェメラルポートを介した接続作成の割合。

virtualserver.ephemeralCurrentConnections

エフェメラルポートを介した現在の接続数です。

virtualserver.ephemeralEvictedConnectionsPerSecond

1秒あたりにエフェメラルポートを介してエヴィジットされるコネクションの数。

virtualserver.ephemeralMaxConnections

エフェメラルポートを介した最大接続数。

virtualserver.ephemeralPacketsReceivedPerSecond

1秒間にエフェメラルポートを経由して入ってきたパケットの数。

virtualserver.ephemeralPacketsSentPerSecond

1秒間にエフェメラルポートから出力されるパケットの数です。

virtualserver.ephemeralSlowKilledPerSecond

1秒間にエフェメラルポートを介してキルされる低速接続の数です。

virtualserver.evictedConnsPerSecond

1秒あたりに退避されるコネクションの割合です。

virtualserver.inDataInBytes

BIG-IP仮想サーバから受信したデータの量をバイト単位で示します。

virtualserver.outDataInBytes

BIG-IP仮想サーバに送信されたデータの量をバイト単位で示します。

virtualserver.packetsReceived

BIG-IP仮想サーバから受信したパケットの数。

virtualserver.packetsSent

BIG-IP仮想サーバに送信されたパケットの数です。

virtualserver.requests

BIG-IPへの最後の収集間隔でのリクエスト数です。

virtualserver.slowKilledPerSecond

オブジェクトのクライアント側で殺された1秒あたりの低速接続の数です。

virtualserver.statusReason

現在の状態を説明するもの。

virtualserver.usageRatio

仮想サーバーの使用率。

プールサンプルのメトリクス

これらの属性は、 F5BigIpPoolSampleイベントタイプを照会することで見つけることができます。

メトリック

説明

pool.activeMembers

アクティブなプールメンバーの数です。

pool.availabilityState

現在の可用性の状態。オプション

  • 0 = Offline
  • 1 = Unknown
  • 2 = Online

pool.connections

現在の接続数です。

pool.connqAgeEdm

キューエイジの指数関数的減衰の最大値。

pool.connqAgeEma

キューの年齢指数移動平均。

pool.connqAgeHead

現在のキューエイジヘッド。

pool.connqAgeMax

キューエイジオールタイムの最大値です。

pool.connqAllAgeEdm

プールメンバーのキューの年齢の合計は、指数関数的に減衰していきます。

pool.connqAllAgeEma

プールメンバーのキューエイジの指数移動平均値の合計です。

pool.connqAllAgeHead

プールメンバーのキューエイジヘッドの合計です。

pool.connqAllAgeMax

プールメンバーのキューエイジの全時間最大値の合計です。

pool.connqAllDepth

プールメンバーの深さの合計です。

pool.connqDepth

キューの深さです。

pool.currentConnections

現在の接続状況です。

pool.enabled

現在の有効な状態、ユーザー定義が可能です。オプションです。

  • 0 = Disabled
  • 1 = Enabled

pool.inDataInBytes

BIG-IPプールから受信したデータの量をバイト単位で示しています。

pool.minActiveMembers

プールの最小アクティブメンバー。

pool.outDataInBytes

BIG-IPプールに送信されたデータの量をバイト単位で示します。

pool.packetsReceived

BIG-IPプールから受信したパケットの数です。

pool.packetsSent

BIG-IPプールに送信されたパケットの数です。

pool.requests

プールへのリクエストの総数です。

pool.statusReason

全体的な健康上の理由を説明するテキストのプロパティ。

プールメンバーのサンプルメトリクス

これらの属性は、 F5BigIpPoolMemberSampleイベントタイプを照会することで見つけることができます。

メトリック

説明

member.availabilityState

BIG-IPシステムからの現在の可用性。オプション

  • 0 = Offline
  • 1 = Unknown
  • 2 = Online

member.connections

現在の接続状況です。

member.enabled

親プールに対するプールメンバーの有効状態。オプション

  • 0 = Disabled
  • 1 = Enabled

member.inDataInBytes

BIG-IPプールメンバーから受信したデータ量をバイト単位で示しています。

member.monitorStatus

モニターの状態を表示します。オプションです。

  • 0 = Down
  • 1 = Unchecked
  • 2 = Any other status

member.outDataInBytes

BIG-IPプール・メンバーに送信されたデータの量をバイト単位で示します。

member.packetsReceived

BIG-IPプールメンバーから受信したパケットの数。

member.packetsSent

BIG-IPプールメンバーに送信されたパケットの数。

member.requests

最後の収集間隔における現在のリクエスト数。

member.sessions

現在のセッション数です。

member.sessionStatus

現在のセッションの健康状態です。オプションです。

  • 0 = Disabled
  • 1 = Enabled

member.state

現在の状態です。オプションです。

  • 0 = Down
  • 1 = Up

member.statusReason

現在の状態を説明します。

ノードサンプルメトリクス

これらの属性は、 F5BigIpNodeSampleイベントタイプを照会することで見つけることができます。

メトリック

説明

node.availabilityState

ノードに対する現在のBIG-IPの可用性の状態。オプション。

  • 0 = Offline
  • 1 = Unknown
  • 2 = Online

node.connections

BIG-IPからのネットワーク接続の現在の数。

node.connectionsPerSecond

1秒間に行われる接続数。

node.enabled

現在のBIG-IPの有効状態です。オプション

  • 0 = Disabled

  • 1 = Enabled

    ,

node.inDataInBytes

BIG-IPノードから受信したデータの量をバイト単位で示します。

node.monitorStatus

現在のヘルスモニターのルールの状態です。オプションです。

  • 0 = Down
  • 1 = Unchecked
  • 2 = Any other status

node.outDataInBytes

BIG-IPノードに送信されたデータの量をバイト単位で表します。

node.packetsReceived

BIG-IPノードから受信したパケットの数。

node.packetsSent

BIG-IPノードに送信されたパケットの数。

node.requests

BIG-IPからの最後のコレクションにおける現在のリクエスト数。

node.sessions

現在のセッション数です。

node.sessionStatus

セッションの現在の状態です。オプションです。

  • 0 = Disabled
  • 1 = Enabled

node.statusReason

現在のステータスに対するBIG-IPの理由を示しています。

在庫データ

また、F5 BIG-IP の統合では、システム、アプリケーション、プール、プール・メンバー、仮想サーバ、およびノード・レベルでの設定データを収集します。

このデータは、Infrastructure Inventoryページconfig/f5 ソースの下にあります。インベントリデータについては、 Understand integration data を参照してください。

この統合は、以下のF5 BIG-IP設定パラメータのデータを取得します。

ソースコードを確認してください

この統合はオープン ソース ソフトウェアです。つまり、ソース コードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.